2008年 12月 29日

なんてことない日々之雑記vol.162 ~今頃年賀状~

道玄斎です、こんばんは。

本当なら、二日くらい前に書いて、投函しておきたかった年賀状、急遽風邪にて寝込んでしまった為、今頃必死に書いていますw
幸い、100枚とか書く必要はないので、ちょっと無理して頑張れば何とか何とか。それに大抵、皆さん都内にお住まいですから、明日朝一番で出してもきっと元旦には届くでせう。

けれども、色々と問題が……。
というのは、年賀葉書だけは実はとっくに購入済みなんですよね。
で、出来れば、イラストとかがごちゃごちゃしていて、直筆で書く欄が少ない方が私としては嬉しいので、適当に販売している人に「イラストとかが大きくて余白の少ないヤツを10セット」とか、そういう買い方をしています。

去年まではそれでバッチリだったんです。
けれども、今回はちょっとマズい事に。
いや、その……余白なんですけれども、レイアウトの都合上、文字を入れる部分を「横書き」にしなければいけない感じなんですよ……。で、私は横書きが大の苦手。文字を書くときは縦書きじゃないと、どうにも格好が付かないという。元々の悪筆に加えて、縦書きオンリーな人間なので、「これは困ったぞ……」と。

けれども、無理矢理、イラストに被さるようにして縦書きで試しに書いてみました。
まぁ、別にイラストに文字が掛かったってさしたる問題はなかろう、という訳です。
けれども、来年はどうやら丑年らしくて、イラストも丑=牛です。牛ってのは白に黒の斑紋が入ってるわけで、文字がその斑紋に掛かってしまうと読めなくなってしまうのでした……。

更に牛が一頭書いてあるだけなら、そいつを抜かして文字を続けていけば良いのですが、悲しい哉、この葉書、牛以外にも、白黒のネコとダルメシアンもどきの犬みたいなヤツも印刷されているというあり得ない図柄w しかも牛の上に犬(らしきもの)、その上にネコ(らしきもの)、更にその上にもう何だか訳の分からない物体が載っているw
つまり、縦長に、黒の斑紋が並んでしまっているんですねぇ……。本格的に墨とか磨って、筆で書けば或る程度は格好が付きそうですけれども、残念ながら私は万年筆派です。色は真っ黒ではないのが救いですけれども、ブルーブラックですから、黒の上に重ねて書くとやっぱり、ちょっとねぇ……。

しかも、こうやって書いてる時に限って、インクが切れるわけですよ。
で、カートリッジ式ならガチッと新しいカートリッジを入れてやればすぐに使えますが、ワタクシの使っている万年筆は、吸い上げ式なので、インク瓶にペン先を浸して、ペンの後ろ側を捻ってインクを注入してやって、更に余分なインクを落として、一旦ペン先を綺麗に拭いてと手間が掛かります。
普段使っている分には、そういう手間暇って、結構楽しいのですけれども、こういう時間に追われている状況だと何だかイライラするw

万年筆自体は、分不相応な良いものを使っています。
モンブランのマイスターシュテュック146というヤツです。インクの詰め替えであれこれ面倒はあるのですが、やっぱり抜群に書き心地が良いですねぇ。セーラーとか色々なメーカーのものも使っていたのですけれども、どうにも書き心地が悪くって、結局、ここ数年こればっかり使っています。

そうそう、実は、侮れないのが、文房具屋さんとかで300円とかで売っているミニ万年筆ってのがありまして、下手するとリラックマとかのイラストシールが貼ってあったりするんですけれども、あれも何故か書き心地が良いというw いい感じに線が滑らかに書けるっていうんでしょうか? 自分の筆圧とか、持ち癖とか、そういうのに合ってるみたい。
そもそも、万年筆の筆先って、使っていくうちに自分用にカスタマイズされていくものなんですけれども、ミニ万年筆は最初っから使い心地が良好という不思議な品。難点は、ミニ万年筆ですからどうしても短くて、少し握りにくかったりする点ですかね。
けれども、中々のモノなので、文房具屋さんで見かけた際は是非おためし下さい。

さて……残りの年賀状、書いてきますか……。
それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2008-12-29 00:51 | 日々之雑記


<< みそかみそよはわがもとに ~気...      なんてことない日々之雑記vol... >>