2008年 12月 31日

みそかみそよはわがもとに ~気がついたら大晦日だった~

道玄斎です、こんばんは。

風邪が治ったと思ったら、もう大晦日でした。
意外と長く伏せっていたもんです。まるまる四日くらいでしょうか? 殆ど食べ物を口にしていません。ポカリが主食(?)という生活でした。

不思議な事に、このくらいだったら、食べ物を食べないくらいの方が何だか体調がいいんですよねぇ……。あっ、もしかしてお酒を抜いているからかもしれない……。けれども、そんなに大量に呑んでいるわけでもないしなぁ……。

で、年賀状の方は無事に出しました。
前回の記事を書いてから、数時間ガシガシ書いて、次の日の朝に無事に投函する事に成功。去年の年賀状やらを引っ張り出してきて作業したり、住所録を持ってきてあれこれやったわけで、机周りが案の定また馬鹿みたいに汚くなってしまいましたが。



■一年のまとめ。アクセス解析から見る傾向。

ってなわけで、あんまりネタがないので、アクセス解析をネタにしてみようかしら、と思います。
と言っても、どっから誰がアクセスしたとかは面白い話ではないので、「検索ワード」で、少なくとも、このブログでどんな作品が人気だったのか、というのをちらりと。

年間を通して人気だったのは、あの私が「現代の経国美談」と呼んだ、あの作品。
丁度、一年前くらいにリリースされた作品でしたが、一年間、コンスタントに検索ワードの上位(一位~三位くらい)に位置していました。正直、コアな人気はありそうでも、あんまり一般受けはしないかなぁ? と感じていただけに(というのも、割とデリケートな問題を扱った作品だったからです)ちょっと吃驚しています。

続いては、ここ数ヶ月の間、トップをウロウロしていた、例のヤンデレの作品。
どうもヤンデレ系の作品は人気が高いようで、「幼妻に包丁で刺されちゃうゲーム」もかなり上位にいつもランクインしていました。

次に挙げるのはノベルゲームと関係がなさそうでありながら、実は密接に関係があるというw
いや、あの、私の大好きな声優さんのお名前ですw 商業作品などで活躍されていらっしゃる方ですね。彼女の情報を目当てにこのブログにたどり着いた人は、さぞがっかりした事でしょうw

ま、大体、こんな所でしょうかね。
あんまり数を上げすぎても疲れちゃうし。

何となく、なんですけれども、やっぱり尺が或る程度長い作品って、人気があるように思えます。私自身は最近、短編がとっても好きなのですけれども。
私も毎日毎日アクセス解析を見ているわけじゃないのですが、たまに見ると、面白いですよね。「何でこんなキーワードでここにたどり着くんだ……?」というようなものがあったりしてw



■そんな訳で来年の展望

正直、今、まだ体調が万全ではないので、「来年、どうすっかな」と考えてみても、何となくダウナーな感じにw 
ただ、まぁ、アレですね、もうちょっとのんびり更新、のんびり管理が出来るように上手く色々出来たらいいなぁ、とは考えています。何だかんだで、結構沢山フリーのノベルゲームを紹介した(そして遊んだ)ような気もするし、それが良い事なのかどうか分からないけれども、2009年は少し護りに入るというか、保守していくような、そういう方向にシフトしようかしら、と。


この歳になると、将来の事を考えると憂鬱になってきますw 「死んだら、俺は無縁仏か……」とかさw 死んで全てが処分されてしまっても流石に困るので、家宝の類は美術館、博物館か何かに寄贈しちゃおうかな、なんてかなり本気で考えています。
少なくとも、そうすれば、私が死んでも名前は残る……かもw

正直、修道院か何かに一生涯籠もるような、そういう生活に憧れがなくもないわけで、そんな方向も模索しつつ来年も何とか生きていければうれしく。修道院にネットが繋がっていればベストなんだけども、って全然俗っぽいですなw



■一つの歴史の終わり。そして新たな歴史の始まり。

と、大層な小見出しをつけておいてなんですけれども、実はラノベの話です。
『マリア様がみてる』で、ついに祐巳ちゃんと祥子様編が終了してしまいました。ここまでくるのに全部で30巻以上の時間が費やされているわけで、何だか相当しんみりとしてしまいました。
ラストは予想していたよりも湿っぽくならず、スッキリと終わって、却ってグーな感じがしましたが、お読みになられた方は如何だったでしょうか? 

ただ、ここまで長くなっちゃうと、或る意味『サザエさん』的というか、定番のお約束みたいなものが随所随所に出てきてしまっているわけで。
ただ、元々このシリーズは確か乃梨子視点のお話の短編がそもそもの発端だったわけで、或る意味で、正しい位置に戻ったのかな、という気もしないでもない。
相も変わらず、このシリーズは続くみたいですし、まだ祐巳ちゃんもちょこちょこと出てくるでせう。祐巳ちゃんも晴れて紅薔薇さまになってしまいましたね。ただねぇ、こう、私としては志摩子さんをですね、もっとこうフィーチャーして欲しいわけですよ。あたしゃ昔から白薔薇属性なので、聖様―志摩子―乃梨子の三羽がらすが一番好き。
何しろ、携帯電話のメールブロックっていうんですか? あの後ろから覗かれないようにするヤツ。あれも、私は別に覗かれて困るようなメールをやりとりしたりしているわけでは全然ないのに、「白薔薇メールブロック」を使いたいが為にわざわざ使っているというw

や、ただね、そんなに悪いデザインじゃないのよ? うっすらと白い透明なフィルムだけれども、真ん中にリリアンの紋章がついていて、その下に「La vierge Marie vous regarde」と書いてあるだけのシンプルなモノ。フランス語が分かる方は既にお分かりでしょう。そう「マリア様がみてる」と書いてあるわけですw 「La vierge Marie」がマリア様、「vous」は目的語で「あなた達」とか二人称複数を表していて、「regarde」は動詞で「見る」です。
英語と違って、フランス語は目的語が動詞の先に来たりします。I love youを表す、「Je T'aime」もjeが「I」に相当し、T'は本来Tuなんですけれども、省略形になっています。これは「You」。で、aimeは「love」。こういう順番になるわけですな。

で、まぁ見た感じ割と上品なデザインですから、誰もラノベ発祥のアイテムだとは気がつかないw 今も売ってるのかしら? 中々素敵な一品ですので興味のある方はどうぞ。



というわけで、今年もボチボチお終いです。
それでは、良いお年をお迎え下さいまし。
[PR]

by s-kuzumi | 2008-12-31 03:14 | 日々之雑記 | Comments(2)
Commented by TAKER at 2008-12-31 17:38 x
ごきげんよう、TAKERです。
今年もお世話になりました。

マリみて終わってしまいましたね。
途中、3人の送辞のところでグッと来るかと思いましたが、あの展開は予想外でしたw
それでも長いシリーズだったので、なんだかんだで感無量でしたね。
私としては、冊数にして10冊以上にも及ぶ長いツン期を経て、デレ期?に入った瞳子の活躍が少なめだったのはちょっと残念でしたw
そのあたりは、今後の展開に期待することにします。

白薔薇メールブロックはなかなか良さそうですね。
私も今度探してみることにします。

それでは、道玄斎さんもよいお年を。
Commented by s-kuzumi at 2009-01-01 11:10
>>TAKERさん

ごきげんよう。
そして明けましておめでとう御座います。

いやぁ、終わっちゃいましたねぇ。
振り返って見ると、イマイチ祥子様と祐巳ちゃんはイチャイチャしていなかったようにも思えたりしてw もっと百合な雰囲気を!!

瞳子のデレにも超期待しているのですけれども、中々彼女に焦点は当たりません……。乃梨子絡みでデレはあっても、お姉様(祐巳ちゃん)に対してのデレが欲しい所……。

ちなみにメールブロックは、確か「アニメイト」で売ってましたw 一応紅薔薇ヴァージョン、黄薔薇ヴァージョン、白薔薇ヴァージョンと三種類あるのでお好みでだうぞ。


<< 謹賀新年      なんてことない日々之雑記vol... >>