「ほっ」と。キャンペーン
2009年 01月 18日

フリーサウンドノベルレビュー 『さとりのよる』

b0110969_15534428.jpg

今日の副題 「後半からの盛り上がりが良い感じ」

ジャンル:微怪異微恋愛風味ノベル(?)
プレイ時間:30分程度
その他:選択肢なし、一本道。
システム:ADVRUN

制作年:2009/1/2(?)
容量(圧縮時):17.3MB




道玄斎です、こんにちは。
今日もご紹介して頂いた作品です。さっくりとプレイ出来る短編集です。
序盤とラストではかなり雰囲気が違いますので、是非最後までプレイしてみて下さい。
というわけで、今回は「Fortune Bell」さんの『さとりのよる』です。
良かった点

・後半からラストへの盛り上がりが良い。

・男の子が微妙にヘタれ。だけれども可愛げがあり好感が持てる。


気になった点

・序盤で少しダレてしまうかも。

ストーリーはサイトの方から引用……しようと思ったのですが一文で済んでしまいましたので、普通に(ブロッククオートを使わず)表示しておきます。

「少年少女の身に起きた、温泉旅館での不思議な出来事」

という事ですね。


ストーリーを補足しつつ、いつものようにやっていきましょう。
まず、主人公の男の子とヒロインである蒼香はいとこ同士。それぞれの両親も仲が良く、二人の中学卒業を記念して、家族ぐるみで温泉旅館にやってきます。
んで、酒乱というか酒豪というか、酒が入ると駄目人間になる親達を余所に、主人公裕太と蒼香の身に起きた不思議な事件が焦点化されていくという。

で、タイトルを見ればお分かりのように「サトリ」です。
有名な話ですよね。吹雪の夜だかに、山小屋か何かに逃げ込むと、自分と同じ顔をしたヤツがいて、しかもこちらの心を読んでいる。そいつが一般的な伝承の妖怪(?)サトリ。
けれども、薪を火にくべた所、薪がはぜてニセモノの顔に当たって、サトリは退散する、というのが良くある話。
その本物のサトリよろしく、本作では蒼香が何と二人になってしまいます。
で、どっちが本物なんだ? 裕太が見破ろうとする、その過程が描かれることに。

何せ、顔形は勿論の事、心が読めるという超能力のお陰で、質問をしたりしても一向に正体が分からない。私も色々「正体を見破る為の質問」を考えてみたのですが、やっぱり良いアイデアは思いつきませんでした。
結局、本作では、裕太の質問やらアクションやらはあまり解決の役には立たず、蒼香の起こしたアクションによって本物が明らかに。
結構、序盤は、ドラえもんのネタとか、あれこれあれこれ書いてあるものの、この蒼香のアクション以降が本作の本当にオイシイ所。って、かなりラストに近くなってからなんですけれども。

そういえば、本作はエンジンがちょっと変わったモノを使用していますね。
とはいへ、普通にセーブ・ロードは出来ますし、バックログなども問題なく使用出来ます。一つ、注意するとすれば、セーブ時に、普通は空きスロットをシングルクリックしてやればOKな所を、ダブルクリックしてやらないといけない、という辺りでしょうか。


先にも述べましたように、後半から盛り上がりが出てきて、ちょっとこう、いい感じになってきます。その時の裕太と蒼香の会話とか、その絶妙な初々しさがとっても好物でした。特に裕太ですね。敢えて言ってしまえば、ちょっと優柔不断なヘタれなんですけれども、何だか妙に可愛げがあって、好印象。
男の子ってそういうもんよね、っていうw その辺りの描写が微笑ましく、ニヤニヤしてしまいました。

ラストのオチに関しては意見が分かれるかもしれませんね。
ちゃんと、オチがついてどういう事だったのか分かるわけです。敢えて分からないまま終了しても良かったと思いますが、エンドロールの後に、オチがちゃんと載っています。
私もこういう落とし方は、結構好きですね。ラストの一文は何だか凄く綺麗に纏まった気がしますし。

短い作品ですから、こんな所でしょうか?
少し、前半がダラダラしているかもしれないのですが、是非、後半のニヤニヤゾーンまでプレイしてみて下さい。ちょっと暖かくて良いお話でしたよ。


それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2009-01-18 15:53 | サウンドノベル | Comments(0)


<< なんてことない日々之雑記vol...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>