2009年 02月 02日

フリーサウンドノベルレビュー 番外編 『潮風の向こう』

b0110969_194292.jpg

道玄斎です、こんばんは。
先ほど、自分の普段良く見る情報サイトを洗い直していたら、何となく気になる作品があったので、落としてみました。短い作品でしたので、又しても番外編でご紹介。
というわけで、「軒坂」さんの『潮風の向こう』です。
作者様がサイトを閉じられた、との事ですので、ベクターのリンクを張っておきます。


そんなわけで、今回は百合作品。
百合といっても、別にそこまでハードなものではないと私は感じましたが、如何でしょうか?
登場人物は、ちょっぴり姉御肌的な沙規ちゃんと、おっとり美人(?)の英莉ちゃん。
この二人が、お互いの親戚の住んでいる町に電車で行く。そんななにげない休日を描いた作品です。

で、本作のオイシイ所は、何と言っても、舞台設定とその雰囲気です。
砂浜を歩いたりする場面が出てくるのですが、背景画像がバッチリあっていて、何だかとてもグッと来ました。
一番美味しいのは、やはり帰りの電車のシーンでしょう。事実、そこが本作のラストというか、クライマックスになっております。
人気の無い電車。その中に二人寄り添う少女がいて、窓の外には夕日が海に映えている。こういうシーン、凄く好きなんですよね。ここはね、やっぱり男の子と女の子の二人でも駄目で、女の子同士だからいいんですよw
このラストの雰囲気はとっても良かったです。

ちょっぴり気になったのは、文章の読みやすさ/分かりやすさの部分。
勿論、上記で説明した以外にも、二人にまつわる色々な過去の話だったりが、挿入されているのですが、少し文章が読みにくいかなぁ、と。ストーリーが追っていけないという事はないんですけれどもね。
これは、仕方のない点なんですが、立ち絵が素材絵なんですよね。多分、同じ素材を見た事のある人は多いハズ。可愛いイラストですから、それだけ多くの人に利用されているわけです。んが、やっぱりオリジナルの立ち絵が付いているなり、或いは立ち絵無しでも良かったんじゃないかな、とも思いました。

ちなみに選択肢があってハッピーエンドかノーマルエンドに分岐します。
とはいえ、全体で15分もあれば読めてしまうので、選択肢の複雑さに泣かされるような事は無いハズ。
百合な作品がお好きな人は是非、プレイしてみて下さい。


それでは、また。

※やっぱりどうでもいい追記

何かGimpがヴァージョンアップする度に使いにくくなる……w
[PR]

by s-kuzumi | 2009-02-02 01:09 | サウンドノベル | Comments(3)
Commented by s-kuzumi at 2009-02-12 21:44
>>非公開でコメントを下さった方

えっと、これだったら問題なく出来ると思いますよ?
今、私ももう一回試してみたのですが、大丈夫でした。時間帯などによってうまく出来なかったのかもしれませんね。
もう一度ためしてみてください。
Commented at 2009-02-25 21:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by s-kuzumi at 2009-02-26 00:23
>>Kさん

あー、いやいやどうかお気になさらず。
ダウンロード出来て良かったですね!


<< なんてことない日々之雑記vol...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>