久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 07日

フリーサウンドノベルレビュー 『夏色恋模様~スイカはお好きですか~』

b0110969_1619294.jpg

今日の副題 「スイカにまつわるエトセトラ」

ジャンル:スイカクイズアドベンチャー(?)
プレイ時間:全て合わせて30分程度。
その他:選択肢、というかクイズがある。負けるとそれ専用のエンドに。
システム:吉里吉里/KAG

制作年:2008/7/27
容量(圧縮時):8.59MB




道玄斎です、こんにちは。
今日もフォルダを漁っていたら、丁度昨年の夏にお勧め頂いたまま放置していたゲームを発見してしまいました。私の「未プレイフォルダ」も結構沢山入っていて、たまにどんなのが入っているのか目を通してやらないと、半年くらい放置してしまう事もあるわけで……。
というわけで、今回は「Dream」さんと「Planetarium」さんの合作、『夏色恋模様~スイカはお好きですか~』です。
良かった点

・スイカについて詳しくなれるw

・シュール系のギャグが好きな人にはお勧め出来る。


気になった点

・ラストまでプレイすると、主人公にちょっとイラっとくるw

ストーリーは、「Planetarium」さんのサイトの方から引用しておきましょう。
夏休みを利用し、父方の実家がある石動村に遊びに来た主人公。
いつも通り、田舎の夏を満喫する筈だったのに
今年はどこか違っていた。

とある不思議な青年との出会いが
主人公を数奇な運命へと導いていく…。

それは一夏の不思議な恋模様

と、こんな感じ。
タイトルと相俟って、何だか割と本気の恋愛ストーリーの気配があるのですけれども、本作は実は半分以上ギャグ成分で出来ていますw

主人公の名前自体が、デフォルトで「小野妹子」。性別は女性、現役女子高生です。
史実の小野妹子は男です。こっちは遣隋使をやってました。

上記のストーリーは、本質部分を隠したものであるので、ストーリーを補足していく形でいつものように解説を。つまり、小野妹子ちゃんはスイカが好きな女子高生。ある夏の事、石動村に帰省しスイカ畑に行ってみると、スイカのお化けというか、スイカの変質者みたいなヤツがいて、クイズを出してきて……。
という感じですね。

何故クイズを出してくるのか? という問題は、ラストに関係があるので伏せておきます。
ちなみにスクリーンショットには、スイカの変質者と、何故か出てくる天狗が写っていますw
で、本作の大部分を占めるのが、クイズです。
スイカの変質者とのクイズ。これがまた難しいんだ……。合計で18問くらいを全問正解しなければいけないのです。クイズの途中でセーブをしても、最初からやり直しになってしまう為、ズルは出来ませんでした……。
ただ、六問ごとに少しストーリーパートを挟むので、その隙にセーブをする事で多少は楽に。

クイズの内容は、んもう、全部スイカ絡み。
普通の一般的なクイズだったら、結構自信はあるんだけれども、ここまでスイカに特化したクイズだと、全然分かりませんでした。或る程度推測出来るものなんかはあれど、「知らなきゃお手上げ」型の問題もかなりあって、合計で四回くらいかな? ミスをしてやり直しをするハメに。

けれども、プレイし終わった今となっては、結構スイカに詳しくなってしまった気が……w
クイズを解けば解く程、スイカが有益な食べ物である事、刷り込まれてしまうw そりゃ、私だって子供の頃はスイカ、好きでしたよ? だけれども歳を取ってからは、なんかあんまり好きじゃなくてねぇ……。ほら、どうしたって手にスイカの汁がついてベタベタするじゃない? 私、割と神経質な方なので、手がベタベタになるのが耐え難く、スイカを食べると途中途中で何度も席を立って、手を洗いに行くという。
んで、そんな面倒な食べ物だったら最初から喰わねぇよ、とここ数年、スイカは食べていなかったのですが、今年は健康の為にも、少し食べてみようかしら……?

一応、このスイカ男とのクイズ、そしてやりとりが本作の本筋にあたるものだと推測されます。
クイズを全問正解すると、グッドエンドというかハッピーエンドというか、そういうエンドに到達し、一枚絵が追加されるという仕組み。
ただ、あれだけ、スイカの変質者を嫌っていたのに、あのラストの手のひらを返したような妹子の態度、何だか釈然としないというか、女はおっかねぇ、女は油断ならねぇ、というかw

選択肢も一箇所あって、そこでルートが実は分岐します。
分岐するルートは、本筋ではないと思われるのですが、一枚絵で爆笑してしまいました。
ちょっとシュールで、じわっじわっと笑いの回路を刺激してくるイラスト。
投げやりとはちょっと違う、良い感じに力の抜けたシュール系のギャグが、連発されて全体的にそれ系のギャグが好きな人には楽しめる作品となっているのでは?


そうそう、ちょっと文字が小さいので、気になる人はパッチを適用しておくと良いでせう。
季節が見事に外れてしまったのですが、短くて中々楽しいギャグ作品でした。ストックしておいて、スイカの季節にプレイする、というのもアリだと思いますよ。

というわけで、今日はこのへんで。
それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2009-03-07 16:19 | サウンドノベル | Comments(0)


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>