久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 14日

フリーサウンドノベルレビュー 番外編 『dizzy』

b0110969_16152573.jpg

道玄斎です、こんにちは。
今日はお休みなので、第二弾を。先ほどまで、ちょっと長文の作品をプレイしていたので、今回は短めの番外編を。こういう、ちょっと癒し系の作品もいいですよね。
というわけで今回は、「elecトリック」さんの『dizzy』です。

ちなみにたまに云っておかないと忘れちゃうから、云っておきますけれども、番外編は普段取り上げるような小一時間以上の作品とは違って、あっさり10分とか15分とかそのくらいで終わってしまう作品をご紹介する、というもの。んでもって、短い作品ですから「良かった点」「気になった点」を挙げるのも野暮ってなもんで、そういうのも付けていません。OKでしょうか?


で、久々の一日二作品プレイ。
ちょっと長目のものをプレイした後は、さっぱりと短い作品を、そして短い作品を読んだ後は長い作品を読みたくなりませんか? 私が天の邪鬼なだけかもしれませんけれども。
先ほどまでプレイしていた伝奇モノは、人死にが出たり、割と重たいテーマも内包していたので、今回は割とライトで楽しい作品を持ってきました。

イラストも少し淡い塗り方で、可愛らしさが出ていましたね。
タイトルのdizzyってのは、まぶしいって意味だったかな? 試しに今、検索で「dizzy sunlight」とか打ってみたら、ちゃんと出てきたから恐らく合っているハズ。ちょいと意味が怪しい英単語があった場合、想定出来る文章とかを適当に作って検索してみると、意味がはっきりしたりします。一々辞書を引く手間が省けて便利な時もありますよ。
それは兎も角、タイトルと作品の中身がどう繋がるのか? っていえば、何となく分かりづらかったような……。多分、グッドエンドで見ることの出来る景色と関係があるのかな? とは思いました。

というのも、本作は、一人の女の子が幽霊が出ると評判の屋敷に、単独で乗り込んでみた所、普通に可愛らしい二人の幽霊が居た、というわけで、幽霊と「まぶしさ」みたいなものって一見すると相反する要素があるんですけれども、本作に出てくる幽霊は、ちょっと可愛らしくてファニーな感じ。
純粋というか純真みたいのを突き詰めていったら、少しアレな雰囲気を持ってしまったようなパルティーちゃん。そして、中途半端な狼男ことロダさんの二人が、幽霊の正体です。

遊び方(?)としては、選択肢に答えつつ(結構、多め)、彼らと友情を育んでいく、というタイプで、幽霊が出てきますけれどもホラー的な要素は一切無し。
大体、10分あれば一つのルートを最後まで見ることが出来るさっぱり設計。このくらいならYuuki! Novelでもそこまで苦にならないですね。どうやらルートは、バッドエンド、ノーマルエンド二つにグッドエンド二つ、そしてオマケエンドの計六つある模様。

何度かプレイすると分かりますが、大凡パルティールートとロダルートに大別出来ます。
それぞれにノーマルエンドとグッドエンドが一つづつあるってイメージですね。で、バッドエンド以外のルートをどれでも一つクリアーするとオマケモードが現れる仕組み。
勿論、Yuuki! Novelですから、クリアしたデータからロードして始めないとオマケモードは出てきません。その点だけ注意が必要ですね。

本当に10分の作品ですから、大事件が起こった! とか、はたまたラブラブ展開が! とかそこまで大仰なストーリーではなくて、もうちょっとあっさりとして、それでいてどこか楽しく、そして優しげなストーリーとなっています。
こういうのもアリですよねぇ。たまに無性にこの手の、「短いけれども、ちょっと優しい」タイプの作品、プレイしたくなります。短い作品ですから、ちょっとした息抜きに如何でしょうか?


それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2009-03-14 16:17 | サウンドノベル


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>