久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 28日

なんてことない日々之雑記vol.192

道玄斎です、こんにちは。
何か、妙に疲れちゃって、昨日はゲームをやる気力が湧きませんでした。
つい先ほどまで昼寝っしちゃったり、どうも疲れが溜まっているようです。季節の変わり目は体調を崩す事が多いので、是非、皆様もお気を付け下さい。



■ウインドウサイズについて考える。

横になりつつノベルゲームのウインドウについて考えていました。
大体、現行のノベルゲームは商業・同人・フリーのものも含めて640x480、800x600とかが多いと思われます。稀にデフォルトでフルスクリーンのものとかもあったりするけれども、私自身はフルスクリーンは何となく好きでなく、他の方の話を伺っても、今ひとつ……という状況のようです。

中には、こうしたウインドウサイズの“標準”に拘らずに、もう少しデザイン的な要素を入れて、横に少し細長くしているような、そういう表現を採っている方もいらっしゃいます。私は、ちょっと細長いタイプ、アリだと思うのですけれども、思ったよりは普及していないような……。

細長いウインドウのメリットって、いくつかあると思うのですが、思いつくまま書いてみると、


・イラストを(背景を含め)魅せる事が出来る。

・テキストの折り返しを少なくする事が可能(設定によるけど)。

・上記により、映画的な効果が狙える。


なんて事はひとまず言えそうです。
けれども、裏返して考えてみると、そのデメリットも、


・イラストや背景の作成(発注)、或いは素材の選定が大変になる。ウェブ上にある多くの資産が使えない。

・テキストの見せ方に工夫やセンスが要る。

・下手をすると、上記事項が失敗して何か目も当てられないようなものになってしまうかもw


とかね。
他にもあんまり特徴的過ぎるサイズを選ぶと、画面の大きさとかによっては、意図した表示にならないとか、そういう事もありそう。文字の大きさとかさ。

とはいえ、新しいノベルゲームの表現としてウインドウサイズの問題はもっと取り上げられても良い気はします。いくつか、私もここで取り上げたりして、こういうウインドウサイズに拘りを魅せるサークルさんを知ってはいますが、意外な程そういうスタイルが追随される事はないようです。
でも、私が見る限り、魅力的な表現に十分なり得ていると思うんだわ。多少、作業上の困難があったとしても、こうした表現を採択する価値は十分にあると思うのです。こりゃ、どういう事なんだろう? なんて事を考えていたら、眠く無くなっちゃって、気がついたらこうやってキーボードを叩いているってわけだ。

色々足りない頭を酷使して、考えてみた結果、一つの推測が可能になった。つまり、

「慣れてないものは普及しない」

という事なんじゃないだろうか、と。
私達が目にするノベルゲームの殆どが先に挙げた“標準的”なウインドウサイズを選択している。そこに来て、ちょいと変わったデザインセンスを持ったウインドウが出てきても、「をっ、ちょっと変わってるじゃん!」と思うかもしれないけれども、「このウインドウサイズ、パクってみよう!」という行動には結びつかない。

基本的に私達が普段見る「画面」って、大抵、ノベルゲームのウインドウサイズの比率に近いんじゃないかしら? 代表的なものはテレビかな。新宿東口アルタの電光テレビとかもね。携帯電話の画面だって、縦長だけれども90度傾けてみれば、お馴染みの比率になるんじゃない? 
勿論、パソコンの画面だってそうだよね。私はパソコンの画面が19インチワイドモニターでちょいと横長な感じなんだけれども、大体、普段目にするタイプのモニターの縦横の比率って、普通のモニターかワイドモニターのパソコンのそれを、縮小したような、そんな二種類に大まかに分けられるんじゃないかしら。

で、多分、“標準的”なゲームのウインドウサイズって、その比率に或る程度合わせて作ってあるような気もしてきます。だから640×480と800×600の二種類があるんじゃないかな、というのが私の推測。間違ってるかもしんないけど。
ともあれ、私の推測に拠れば、既存の「映像・画像を見る為のウインドウサイズ」に私達の目や感覚は教育されちゃってるんじゃないかと、そういう事です。実際にノベルゲームって、女の子が出てきて、みたいな所があって、それってテレビで見るアニメとかに近い表現なんですよね。

けれども、だからといって新しいグーな表現を切り捨てちゃうのも勿体ない気がします。
もっとちょっと変わった縦横比率を持った作品が増えれば、その真価が認められるんじゃないかな、と思うわけです。これって、ちょっとhtmlの表現とも似てるような気がします。

昔は、ウェブページでデザインをするって云ったら、先ずテーブルを作成する事だったんですね。
勿論、良識のあるユーザーはそんな事はしなかったけれども、大手の企業でさへもこうしたテーブルレイアウトを使用していた事があります。
大体、どういう事をやってたのかってーと、テーブルで細かくマス目を切って、その中に画像を埋め込んだり、テキスト表示領域を作ったりと、そういう事をしていました。で、中には「透明の画像」を作って、spacer.gifなんて名前を付けて、そのマス目にハメ込んでレイアウトの一部にしたりね。
んが、今は、みんなスタイルシートを使って、htmlとレイアウトを分離させて上手くレイアウトをしているわけです。で、私の記憶が確かなら、初めてcssがw3cに認められたのが1996年とかだったハズ。実に今から13年も前の事になります。

だけれども、実際にここまでcssを使ったレイアウトが盛んになってきたのって、割と最近の事なわけで、みんな慣れているテーブルレイアウトを使ってたし、それに慣れていたんじゃないかと思います。かく言う私もテーブルレイアウト凄く好きでしたし、「こりゃ、凄い発明だぜ……」なんて思ってましたからw
こりゃ、余談というか蛇足だけれども、何年も前に管理していたサイトがあって、色んな事情があって管理が出来なくなって人の譲渡したわけですが、先日、ふと気になって見てみたら、どっかのベンチャー企業が買い取ってたみたいです。安値でも自分自身で売っておけば良かったなぁ、なんて。そこはレイアウトとか全然考える必要の無いページだったんですけれども、平行して作っていたサイトなんかでは、「ザ・テーブルレイアウト」みたいな感じでした。

ま、そろそろ長くなったから纏めに入ると、良いものであっても一般に浸透していくってのは、結構時間が掛かったりするもんなんだよね、という。特にゲームなんてアーティスティックな部分もかなりあるものですから
、絶対解ってのもないわけで。
だから、従来的なウインドウサイズ以外のウインドウに、美的な魅力や表現の可能性を感じたら、ガンガンやってみたらいいんじゃないかしら、と。そういう人たちが居ないと、その表現が一般に広がっていくって事もないわけで。

これは又、ウインドウサイズの問題とも外れちゃうんだけれども、文字表示の問題とかもね、まだまだ工夫の余地ってあるように思います。
流石に、ツール類を使えねぇんじゃしょうもねーだろう、と思って、最近、こっそりNScripterでデモゲームみたいのを作ったりしているんですが、そういう可能性をまだまだ感じたりする今日この頃です。


それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2009-03-28 17:31 | 日々之雑記


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>