久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 16日

フリーサウンドノベル関係の雑記 箸休めvol.28

道玄斎です、こんばんは。
今日もレビューは無し。いや、何本かプレイしたのですが、あまりピンと来るものが無かったり、或いは強烈に難しすぎて全てのエンドが回収出来ない、なんて状況なので、今日も今日とてお茶を濁します。



■うれしい続編化

いや、日々之雑記を何とか回避しようと思って、頑張って今日は箸休めにしてみたわけですが、ちゃんとネタの方も考えてあります。

一月くらい前でしたか、「mystic night」さんの『黄昏を見つめて』という作品をプレイ致しました。丁度、私がやたらめったら「ムーンブルクの王女」に熱を上げていた時期です。や、今もそれは熾火のように……w
あっ、ちょっと脱線しますけど、その後の調査してみた所、ドラクエⅡの世界は、ローレシアは滅亡し、ムーンブルクの王女も誰かと結婚して(ローレシアとは結ばれなかった? だとしたら良かった!)、どっかに行ってしまいやっぱりムーンブルクも滅亡。サマルトリアだけが残ったんだそうな……。やっぱりサマルトリアの王子、あのタイプがしぶとく生き残るのでしょうか……w

それは兎も角、ちょっとファンタジックな作品がゆかしく、且つシンプルだけれども妙に気になる作品という事で『黄昏を見つめて』という作品を取り上げて、烏滸がましくも「続編が見たいぜ」とか書いたわけです。
そしたら、何と、シリーズ化された模様。別に私が「続編を」と云ったからではないのでしょうけれども、これは嬉しい。全四章の予定になり、現在第二章までプレイ出来るようです。
私も一応ダウンロードしてあるのですが、二章の分は未プレイ。

こうしたノベルゲームをメインでプレイしていると、先祖返りじゃないけれども、たまにシンプルな作品をプレイしたくなります。或る意味でベタな部分や洗練されていない部分はあるのかもしれない。だけれども、まっすぐに作られたそんな作品を無性にプレイしたくなったり。
特に、ファンタジックな作品だったり、或いは直球の恋愛モノだったり、なんですが、まさにそういう私のノベルゲームバイオリズムの死角を突いて出てきたのが『黄昏を見つめて』という作品でした。

色々、作品について思う所はあったのですが、一番気になったのは「彼らの旅を完結させて欲しい」という事でした。元々、短編一本として小説としてリリースされた作品だったのですが、そこにはまだまだ美味しい「ノリシロ」があるように感じていました。きっと第四章までリリースされ、完結した際には、私のお気に入りのファンタジック作品になるのではないかと思っています。

そういや、ファンタジックって云っても、結構レンジが広いですよね。『ヒトナツの夢』(どうやら続編を制作されているようですよ?)なんかもファンタジックだし、『黄昏を見つめて』みたいな直球のファンタジー世界(けれども中華風)もファンタジック。
超自然的な要素や、現実とは違う世界を描いたら、それはもうみんなファンタジックって事でいいのかしらね。あー、けど、そしたらホラーとかもファンタジック?w 

何はともあれ、普通に引き込まれるモノを持っていると思うので『黄昏を見つめて』是非プレイしてみて下さいな。



昨日~今日に掛けて、何本か作品をプレイしていたのですが、ピンと来るものが無かった、というのは冒頭でお伝えした通り。だけれども、丁度今の自分の気分に合っていそうな、シンプルな恋愛モノを発見したので、明日にでもレビューを書けたらいいなぁ、なんて思っています。


それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2009-04-16 21:28 | 日々之雑記


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      なんてことない日々之雑記vol... >>