久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 13日

なんてことない日々之雑記vol.205

道玄斎です、こんばんは。
今日も何とか早寝をして、良い習慣を持続させたい所ですが、果たしてどうなる事やら……。



■実はゲームやってます。

残念ながら作る方ではなくて、プレイする方です。
そろそろ、キャラの初期設定くらいは固めておきたいのですが、ちょいと燃料というか、そういうものも必要なので、色々めぼしい作品を探してきてはプレイしていたのでした。

で、さっきまでプレイしていたのは、選択肢のあるミステリー風味のもの。
エンドは三つある事は確実なのですが、どうしても二つしか見れないという……。
んー、難しい……。選択肢の数がそんなに多いわけでもないし、選択肢がドンドン分岐していったりもしない。なのに何故か最後の所謂「トゥルーエンド」的なものが見られない。

ちょっと邪道な方法で以て調べてみたら、変数が……。
もしかしたら……もしかしたらプログラムミスかもしれません……。

確かに、ちょっと選択肢を選んだ時の挙動が可笑しかったりしたので(未読なのに、既読として扱われる)、スクリプトの間違いというか、そこらへんのミスなのではないかと……。

正直、自分で作るとしても、その辺りが面倒ですね……。
あっ、いや別に選択肢付きのものを作ろうとしているわけではないのですが。
やっぱり、こういうスクリプトを書いていく時の基本は、適宜コメントアウトして、何をやっているのか、をキチンと簡潔に書いておく、という事なんでしょう。

ゲーム制作までの道のりはまだまだ遠い……。



■すっごい美人

今日は、ちょっと珍しい事にすっごい美人の方とお話をしたりしました。
いや、他愛ない、ちょっとした事務的な会話+αくらいのもんです。以前から「すっげぇ美人!」と思っていたのですが、別段三次元で積極的になる事にあまり意義を見いだせないので(もう、いい加減凝りている……)、特にどうこうというのは無いんですな。ただ単に「良いもの見させて貰いました」的な。

ただ、注意が必要なのは、私の「美人」というのは世間一般の感覚からかなりズレているようで……w 蓼食う虫もなんとやらと云いますし、あんまり自分の好みにケチを付けられるのは好きではないのですが、結構ね、「お前、オカシイんじゃねーの?」って良く言われますw

そうは云っても、一般的な感覚もちゃんと持ってるつもりなんですよ?
けれども、三次元で(というか、この云い方が既にダメだ……w)の好みは、所謂「少数派」に属するよーです……。

それに、いくら見目麗しくても、やっぱり大切なのは中身ですよ。
優しさとか思いやりとか、真面目さとかさ。
「我こそは!」と思う方は是非、メールアドレス宛に……って何を書いているんでしょう……w 今日はちょっとテンションがオカシイですね……。


そんなこんなで、何とか今日も生きています。
ぼちぼち忙しくなってきましたが、ゲームは制作の方も、そしてプレイの方も細く長く続けていきたいですね。

それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2009-05-13 00:33 | 日々之雑記 | Comments(2)
Commented by akino at 2009-05-13 20:04 x
こんばんは~

やっぱり、テストプレイは重要なんですね。
記事にあるようなミスも、せめて一回でも流しでプレイしていれば、発見できたはずですし。
いくらアマチュアだからって、そこら辺のことまで放棄されるとなんですね。

顔のはなし。
「整ってる(美しい)」と思う顔と「好き」な顔が違うのは誰にでもあることだとは思いますけど、そうじゃなくて、はじめっから「美人」と思う顔がアレってことですか?
そういえば、前にも好きな顔はオアシズの片方さんって言ってましたね。ということは……
Commented by s-kuzumi at 2009-05-13 21:35
>>akinoさん

こんばんは。
テストプレイはやっぱり必要だと思いました……。
最低限、自分で全ルート確認する事は必須かもしれませんね。特に選択肢分岐をする作品だと。
理想を云えば、やはり公開前に、複数の人にざっとプレイしてフィードバックを貰って、そこを修正して、とやっていくのが一番でしょうね。
ただ、何か作ってる時って割とテンションが上がっていて「おっしゃ! 出来たぜ!」的に、バババッと公開しちゃったりすると思うんですよw 


オアシズの片方って誰だよ? と思って調べてみたら光浦さんですな。あの系統、割と好きなんですよねぇ……。欲を言えばもう少し骨張ってなくて、ふっくらしているとより理想に近い……。
勿論、はじめっから「美人」と(私が)感じる顔が、一般人にとっては「アレ」な感じ、という事ですw 自分自身、人の顔についてあれこれ言えるような顔ではないのですけれどもね……。


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>