久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 14日

なんてことある日々之雑記vol.9

道玄斎です、おはようございます。
今日は珍しく朝から、そして「なんてことある」方の日々之雑記で御座います。
何か、前回書いた時もロクでもない記録だったわけですが(幸い、それは杞憂でしたが)、今回もまたちょっとアレな感じの記録w



■泣いて目が覚める。

今日は午後から忙しく、午前中はのんびりと。
んで、昨晩は夜更かしして色々とやっており(いや、全然大した事はやってません……)、結局眠ったのは、午前四時半くらいかな? 
で、ちょっと寝付けなさそうだったので、

「一杯呑んで寝るか……」

と思い、軽く一杯お酒を頂いて眠りました。


何が良くなかったのか、全く以て分からないのですが、相当鮮明な夢を見てしまいました。
しかも、封印したハズの記憶が……。

昔、我が国では誰かの事を夢に見る、というのは「相手が自分を思ってくれているから」だと考えていました。
恐らく、そんな事は天地がひっくり返っても無いハズですが、私は今朝、そんな夢を見てしまったわけです。



----------------------------


何故か、私は文庫本を一冊、右の手に持っていました。
本は読むためにあるものですから、当然のようにそれを読みます。
けれども、そこは自室でもなければ図書館でもない。

敢えて云えば、学校、それも中学校や高校に近い建物のような、そんな建物の中に居て、本を読んでいました。内容はどうやらライトノベルの類です。

舞台や本といった小道具はそのまま、場面だけが変わります。
気がつくと、私は右手の薬指に指輪をはめていて、それが少し指にあっていないのか、左手の親指と中指で指輪をつまみ、上手く指を節を抜けられるように、ほんの少しだけ上下に揺らしながら、つけたり外したりを繰り返していました。
多分、手持ちぶさたというか、退屈を感じた時に女性が髪の毛をいじるのと同じような理由で、指輪をつけたり外したりをしていたようです。

指の節を、金属の輪が微かな抵抗とともに出入りするその感覚が、妙に心地よくて何度も何度も、指輪をつけては外します。

気がつくと、何故かあの人がいました。
お互い微妙な気まずさを感じながらも、会話をします。
何を話していたのか、覚えていませんが、言い争いになりました。

覚えているのは、
「彼女は親身になって怒ってくれている」ということ。
「私は、それをわかっていながら、意地を張って抵抗している」ということ。
そして、
「たとえ、言い争いであったとしても、彼女と話すことが出来て嬉しい」という私の感情だけです。

彼女は私に対して、今まで見たことのないような激しい調子で批難します。
私も彼女に対して、今まで使ったことのないような言葉でやり返します。

向こうは、私を心配してくれている。
それは十分分かっていました。
だけれども、私はそれでも譲れない一線があって、それを聞き入れることが出来ませんでした。
多分、客観的にみれば間違っているのは私のほうです。
それでも、抵抗したのは、もしかしたら彼女の語った内容に反発を覚えていたわけではなく、抵抗することで、より長く彼女と話したかったのかもしれません。

うっすらと覚えているかぎりでは、言い合いの焦点となっている事がらは、どうやら、私と彼女の問題と無関係ではないようでした。
いや、彼女はきっとそんなことは考えて怒っているのではないはずです。しかし、それは私からみると、どこかもう何年も前の、私と彼女の問題にどこか通じる何かがあったようなのです。何かを「いう」か「いわない」かで揉めていた気がします。もちろん、「いわない」と主張しているのが私です。

その後、私は、彼女から逃げるようにしてその場から移動します。
逃げるようにといいながらも、ちゃんと追ってきてくれることを期待して。

そこは、細い、人ひとりがやっと立てるくらいの、壁から張りだした装飾的な段差です。なんでそんなものが、学校のような施設にあるのか、今考えると全く意味がわかりません。

彼女はやっぱり追ってきてくれました。
そして半分つかみ合いに近いような、そんな状態になりました。
あいかわらず、私は右手薬指につけた指輪をつけたり外したりしています。

そんな時、人ひとりしか立てないような場所にもかかわらず、変な欧米系のおっさんがそこを通ってきました。腹が少し出ていてなかなかしっかりとした体格の持ち主でした。
ただ単に、そこを通るだけならば、何も問題はなかったのですが、そのおっさんは私と彼女の横を通り抜ける時、彼女に不届きなことをしたのです。

頭にきた私は、即座にそのおっさんを段差の下に突き落として、自らも飛び降りその後を追いました。
ジャンプする瞬間、実は地面とその段差との高低差がかなりあった事は覚えています。
地面に降りると、おっさんは割と屈強なタイプですから、突き落とされたのもなんのその、平然としており、突き落とした張本人であるところの私に向かってきました。

中学生くらいまでは荒事も随分やってきましたが、基本的にそうしたことがなく収まれば一番いい、と思っているものですから、怒りに燃える目でこっちにやってきたときも、「どうするんだよ……」とかなり不安になりました。若いときならいざしらず、今の私は気力体力ともに低下する一方ですから。
掴みかかってくるおっさんの攻撃をかわし、彼の急所に蹴りを入れることが出来たのは、きっとそれが夢の中だからでしょう。現実だったらそんなに上手くはいきません。
うずくまるおっさんの首根っこを捕まえて、何故かそばにあった井戸のようなものが掘ってあり、おっさんをその井戸のようなものの中にたたき込みました。
溺れ死にはしませんが、自力では登ってくることが出来ない、そんな井戸なのです。

そして、私は彼女のもとに向かい、

「ね? 俺だってやれば出来るのよ」

と。
しばらく顔を見合わせて、どちらからともなく笑いだして。
覚えていないのが悔やまれるのですが、どうもおっさんを退治したことと、私が彼女から責められていた事がらは、かなり近いレベルで繋がっていたようです。
何を責められていたのか、何で私は反発していたのか。今、考えてもそこに何かしらの「意味」が見えそうになると、するりとそれは消えてなくなってしまうので、よく分かりません。

ひとしきり笑いあった後、恥ずかしいことに私は、

「君の為だったら、このくらいはいつでも出来るよ」

なんてことを云っていたようです。
本当に微かに首をかしげて、彼女は微笑んでくれました。

その後、二人して、その学校のような施設の敷地から抜けることに。
不思議なのですが、そこから一歩出ると、辺りはデパートの中のようになっていました。
デパートには、正門のようなメインのエントランスがあり、その建物を挟んでちょうど裏側のあたりに、サブの入り口があったりします。
その裏口のような場所、そこに気がつけば私と彼女はいたのでした。

彼女の方が私より二歩ほど先に進んでいて、私は彼女の綺麗に切りそろえられた黒髪を見ながら歩いています。例によって指輪をつけたり外したりしながら。
その時、くるり、と彼女が振り返って、

「まえにもらった指輪、今日は髪飾りにしてみました」

と、綺麗な黒髪を掻き上げると確かに、髪飾りに指輪と思しきものがついている。
それに、指輪をあげたことがあるのは事実だけれど、そんな指輪じゃなかったよ。

そのまま、デパートのエントランスのような建物をぬけて、雑踏に出る。
向かって左に歩道橋のようなものが見える。右はずっと奥へと続く道になっており、恐らくその先には駅かなにかがあるようで、行き交う人々で溢れていました。
何となく、イメージとしては東急東横線渋谷駅を降りて、目の前にバスターミナルが見える位置、そんな風景に少し似ていた。

大きな違いは、背の高い建物がなく、とても気持ちのいい青い空が広がっていること。
渋谷のようなある意味で猥雑な香りがしない、ということ。

当然のように私は、彼女と右の道に進み、一緒に帰ろうと思っていたのですが、どうも彼女の様子が不審でした。そわそわしているというか。

「どうしたの?」

と聞くまでもなく、

「ちょっとこれから、ここの二階にいって五階、六階に用があって……」

と向こうから云ってきたのでした。
ここ、とは今出てきたデパートのようです。

「え? 何か買うの?」

と聞いたところ、

「もろもろの事情があって……」

と答えます。

「一緒に行っちゃダメ?」

結構しつこく食い下がる私。

「もろもろの事情があって……」

と、同じ言葉で拒絶されました。
けれども、そこまで云われて更に食い下がるのは、やはりいいことではない、と思ったようで、

「ん、了解」

私は短く答えて、彼女と別れました。

私は駅に、彼女はデパートの方へ、それぞれ別れていったのですが、私は彼女の姿が見えなくなるまで、見送ろうかな、と思って振り返ってみると、辺りをキョロキョロと見回す彼女の姿がありました。
それだけならまだしも、デパートの中に入ったとおもいきや、すぐに出てきてまたキョロキョロ。今度は別の道に進んだとおもうと、また戻ってきてキョロキョロ。

どうみても何か変な感じがしました。

「これは……ちょっと後をつけた方がいいんじゃないか……?」

そんな風に思い、振り返ったままの不自然な姿勢をもとに戻し、彼女を探してみると、今度はデパートではなく、人通りの多い雑踏を進んでいるようでした。
私は、ちょっとした後ろめたさを感じながらも、彼女の綺麗な黒髪と、身にまとっている黒いコートを目印に、彼女を捜そうとして、はたと気がつきました。

実は何を気がついたのか、それは不明です。
しかし、夢の中の私は何かに気がついたようです。
そして、それはどうやら、私にとって好ましいことではなかったようで、思わず呆然としてしまいました。



----------------------------


という所で目が覚めた訳ですが、息が荒くなっていて動悸が激しい。
オマケにどうも眠りながら、泣いていたようです。頬の辺りが冷たく濡れていました。

「あぁ、変な夢を見たなぁ……」

と思って起き上がると、眠ってからせいぜい2時間くらいしか経っていませんでした。
体がズッシリと重たい……。

「やってられんな……」

と、煙草を続けざまに3本吸いました。
肺の中に煙りが沈み込むに従って、少しづつ落ち着いてきました。煙草は良く百害あって一利なし、とか云われるけれども、こういう時に役に立つ事もあるんだ……w


んな訳で、今日はマジでチラシの裏みたいな、マジでどーでもいー日々の記録でした。
本人にとっては「なんてことある」んだけれどもね。
兎にも角にも、文章にしてみるってのは、ちょっと精神的に落ち着く一つの手段ですな。
なんか、どーしよーもねー記録でごめんねっ!


さて、そろそろ支度して家を出るとしましょうか。

それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2009-05-14 10:42 | 日々之雑記 | Comments(4)
Commented by akino at 2009-05-14 21:12 x
こんばんは~

重ッ! なんか、まんまフリーノベルで出てきそうな夢ですね。
でもきっと、遠い記憶にたまたま触れたってだけでしょうから、気にしなくてもいいんじゃないですか。
(これってフォローになってるか?)
Commented at 2009-05-14 22:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by s-kuzumi at 2009-05-15 00:05
>>akinoさん

こんばんは。フォロー感謝です!
でも、これをノベルゲームにしちゃダメだろう、という気はしていますw これをゲームにしちゃうと書いてる本人(=私)は気持ちいいかもしれないけど、全然誰も楽しめないものが出来ちゃいますからw

私が割と苦手なタイプの作品に、「私って可哀想でしょ?」的に作者がやったらめったら顔を出すようなタイプがあって……。そういう意図が透けちゃうと、ちょっとね、と思ったりしてますよ。

何はともあれ、フォローサンクスです!!
Commented by s-kuzumi at 2009-05-15 00:10
>>sorayukiさん

こんばんは、わざわざ書き込みどうもです!

こ、こんなので泣いちゃダメですよ……?
半分華胥の国に居ながら書いたので、こっそり消したいくらいです……w

>ちょっと例の物語と重なった気がして…

云われてみれば、そんな気が……。
きっと、多少なり影響を受けたのかもしれませんねw それにもう昔のことですし、別に何ともないハズです。たまたま直球で、厭な夢を見てしまったという事故ですね。

コメント、有り難う御座いました!!


<< フリーサウンドノベル関係の雑記...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>