「ほっ」と。キャンペーン
2009年 07月 05日

フリーサウンドノベルレビュー 番外編 『帰省  ~川原純一の場合~』

b0110969_16454229.jpg

道玄斎です、こんにちは。
今の気分としては、兎に角10~20分くらいで読了出来るものを大量にプレイしたい気持ちで一杯なのですが、今日も運良く、短めの作品を発見する事が出来ました。
まさにこれからの季節にぴったりと云った、爽やかな感じのある作品だったのではないでしょうか。

というわけで、今回は「ぬこのようなもの」さんの『帰省  ~川原純一の場合~』です。

体調を壊して会社を辞め、帰省する事にした主人公が、地元の町で不思議な少女に出会って……という感じのストーリー。短いながらも(いや、本当に数分で読了可能です)、音楽も良い雰囲気のものをチョイスしていましたし、ちょこっと表示される謎の少女の立ち絵も可愛いし、何となく夏らしい爽やかさも出ていたように思えます。

ちなみにシステムは、HSPかな?
あんまりノベルゲームのそれでは見かけないけれども、選択肢が無く、さっくりと終わるタイプの作品だったら、定番のNScripterや吉里吉里/KAGじゃなくても全然大丈夫ですね。

結局の所、あの少女って何者よ? って感じではあるんですけれども、そこに読者の想像力を喚起させる余白があるって意味で、中々意味深であり、且つちょっと良い雰囲気の作品に仕上がっていたのではないかと。

云ってしまえば、明確なストーリーの流れがあって、起承転結的に話が流れていく、というのとはちょっと違う。寧ろ、暑さの中に感じる涼しさや爽やかさ、そういう雰囲気に比重が置かれているのかもしれません。
もうちっと長い作品だったら、「序章」に相当するような感じでしょうか。
その後、実家に帰ってみると、「婚約者が出来ていた」りして、実は昼間逢った子がその婚約者で、みたいなストーリーを即座にイメージしてしまうのは、もう病気かもしれません……w 或いは「忘れていた幼なじみ」だったりとかさ!

これからジメジメした季節も終わり(もう終わっている所も、ありますよ、ね?)、ぎらぎらと太陽が照りつける季節に入るわけですけれども、そんな時、ちょっとプレイしてみて(精神的な)涼をとってみるのも良いと思いますよ。


今回は、本当に短い作品なので、このへんでしょうかね。
それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2009-07-05 16:45 | サウンドノベル | Comments(4)
Commented at 2010-12-10 04:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by s-kuzumi at 2010-12-13 23:30
>>川原さん

こんばんは。
あれ? そんな問題があったとは……。私の環境ではそうした悪性のコードが検出されなかったような気はするのですが……。

うーん。
多分……大丈夫……な問題だと思うんですが、一応本当にウイルスだったら大問題ですからねぇ……。

うーん、公開停止との事、残念です。
もし、また、改めてウイルスチェックをして再公開、そして新作……を見せて下さったら嬉しいですw

それでは、ご報告、わざわざありがとうございました!! また、コメントなど頂ければ幸いです!
Commented at 2011-02-05 17:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by s-kuzumi at 2011-02-09 20:42
>>匿名でメッセージ下さった方

わざわざのご報告有り難うございます!
さっそく、アドレスなど変更させて頂きました。サイト名も変わられたという事なので、それもそのようにw

何やら、コンテンツも充実していて、色々面白いものが出てきそうで、私も期待しています!


<< なんてことない日々之雑記vol...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>