2009年 07月 14日

フリーサウンドノベルレビュー 番外編 『ぼくというモノ』

b0110969_19371187.jpg

道玄斎です、こんばんは。
今日はさっくり短めな作品を見つけたのでプレイしてみました。
やっぱり、忙しいと2時間とか、或いは複雑に分岐していく作品とかと少し距離を取ってしまいますねぇ。ただ、本当に探せば10分とかそのくらいの作品を見つける事が出来るのも、フリーのノベルゲームの魅力の一つ。
というわけで、今回は「1010」さんの『ぼくというモノ』です。



尺は大凡10分くらい。読むのが早い人だともっと短いかもしれません。
ちょっとダークでホラーな雰囲気で、プレイ後に心に何かが残るような、そういう感触。

いや、最初は実は、ちょっと心温まる系の話だと思ってたんです。
ストーリーの始発部分で、「そっちの感触」がしていて、尚かつ絵も綺麗でしょ。だから「意外と泣かせてくれるんじゃないか?」なんて思ってました。

ところが段々と、ストーリーが黒っぽくなっていって……w
何だか分からないけれども、「ぼく」という存在は超自然的な何かで、時として人間だったり、或いは木の葉だったり、変質していく存在らしい。
で、ある日人間になった「ぼく」が公園でぼんやりしていたら、さえと名乗る女の子が話しかけてくれて……。

と、こんな感じで物語が進んでいくんですよ。
ほら、ちょっと感動的な感触しません?
で、さえとぼくは、「かくれんぼ」をして、黄昏時の公園で遊ぶ事になるわけです。この「かくれんぼ」なる単語が出てきた時に、ちょっとだけ厭な予感がしたんですw
落ち着いて考えてみればかくれんぼ=隠れん坊って単語、結構怖いですよねぇ……。鬼が居て、鬼以外の存在(=人間?)が居て、鬼がそいつらを見つけていく、という。
けれども、かくれんごで何よりも怖いのは「鬼に見つけてもらえない」事だったりします。鬼が居なくなってしまったかくれんごとかね、何だかもう精神的恐怖を覚えてしまいます。

そういや、かくれんごといえば子供の定番の遊びの一つですけれども、私も子供の頃良くやりました。
純粋なそれとは違うんですが、缶蹴りの派生ヴァージョンの一つ、「円踏み」というのは随分やりましたねぇ……。缶蹴りの缶の代わりに白墨で円を描いたり、或いはマンホールを利用したり。

で、毎日のようにその円踏みで遊んでいると、やっぱり飽きるんですよ。
そうなると、子供の創意工夫というヤツで、「隠れ方」に異常なまでに拘るヤツが出てきたりしたものです。
中でも酷かったのは、「ゴミ捨て場のコンテナ」の中に入り込んで隠れていたというケースですw
私ですか? 私は当時から性格はあんまり変わっていないので、常に「鬼」が見える位置に隠れつつ、鬼の行動を後ろからそっと観察して逃げ回る、というストーカーみたいな戦術が得意でしたよw


っと、軌道修正しましょう。
そんな他愛無いさえとぼくのかくれんぼだった訳ですが、さえってのが又ちょっと厭な子でねぇ……。女はおっかねぇ……と又しても思うのでした。
で、段々、「男の子」主体のヤンデレみたいな風味が出てきて、後半かなり怖くなります。暴力描写、流血描写なんかの注意書きがあるくらいで。。
何となく、さえのバックグラウンドとか、もうちょい見えても良かった気がしますねぇ。初登場時では、ちょっともの悲しげな女の子だった訳で、それが中盤からちょっとそういうキャラ設定が変わってしまったような部分があるわけです。勿論、そうした面での必然性は描かれているんですが、そこらへんの「女の子変質の仕組み」みたいのが、単純に物凄く興味深いというか。

短い作品なので、こんな所でしょう。
やはり、夏に近づくにつれ、少し怖い風味の作品を多くプレイするようになっている気がします。
大分、色々ホラーもやっているんですけれども、短時間でイカすホラー作品ご存じの方がいらしたら、是非お教え下さいませ。


それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2009-07-14 19:37 | サウンドノベル | Comments(0)


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      なんてことない日々之雑記vol... >>