2009年 08月 11日

なんてことない日々之雑記vol.223

道玄斎です、こんばんは。
今日は、ウヰスキーをコーラで割ったものを呑みつつ、珍しくDVDなんぞ見ていたら、相当眠くなってしまいました。実は明日も予定があるので、ボチボチ床に就く予定。って早すぎるだろw



■火事と親父

何だか、最近、地震が頻発しますねぇ。
割と強めな地震は、久々な気がします。本棚から本が何冊も落ちてくるくらいは強かったですよ。

何だか近い内に大きな地震災害が起きそうで怖いですねぇ。
いつも「地震に備えて装備を調えておこう」なんて思ってはいるんですけれども、いつのまにか忘れてしまって……。何か以前、どっかから貰った「Ark Kit」なるものはあって、水とか固形食料なんかが詰まったセットは一応常備されています。Ark Kitなんては何だかんだで不吉な気がする。何しろ「方舟キット」ですからw そんな大災害が起きない事を祈るのみです。

ともあれ、地震やらの災害が起きた際に、食料や水の確保は最重要課題になりますが、もっていると便利なものに刃物があります。ナタなんかがあれば、木を切ったり色々出来ますし、ちょっとしたナイフがあればあれこれ万能に仕事をしてくれます。

刃物と云えば、知り合いがダイビングをやっているのですが、所謂「ダイバーナイフ」が銃刀法の改正により、入手が難しくなったと嘆いておりました。所謂両刃の「剣」の形状のものが所持禁止になったわけですけれども、ニュースでも「牡蠣の加工業」の人が使っている刃物も、その「剣」の形状にひっかかる為、使用出来なくなったなんてやってましたね。
私はダイビングなんてやったことはないんですけれども、やっぱり刃物は重要な道具みたいです。
そりゃ、海に潜ってあれこれやっていてトラブルが起きたら、それこそ死活問題ですからねぇ……。場合によってはロープ的なものを切って脱出しなければならないような場面もあるでしょうし、そういう時に両刃のものだと、ロープの結び目に刃を差し込んで素早く切れたりするんだと思います。

ダイビングで魚を捕ったりするのかどうか、分かりませんが(それは素潜りというジャンルか?)、やはり片刃のものよりも両刃のものの方が、魚を〆たりするのはやりやすそうです。

ともあれ、何か銃刀法の改正とかを見ていると、対症療法的に刃物を単純に「危ないモノ」として捉えているような気がしてなりません。
これも言い尽くされている気がしますが、人を殺傷するのに最も入手し易く且つ、相応の威力のあるものは、実は包丁です。それこそ100均でも柳刃包丁なんて買えますから。
災害が起きたとき、或いは日常で使って便利な刃物ってものの存在をもうちっと認めてやっても良いと私なんかは思ってしまいます。ま、必ずしもそれが両刃のものである必然性はないわけですが、何となく、「両刃の刃物が危険」というよりも「刃物そのものが危険」みたいな、そういう流れにあるんじゃないかな、とある種の危惧を感じたりしますよ。

本当に災害なんかが起きそうな気配がヒシヒシとしていますから、非常用持ち出し袋の中に、使いやすい刃物を一振り、入れておく事をお勧めいたします。きっと何か起きた際には役に立ってくれるハズです。



■嫌いな食べ物

私、好き嫌いってのはあんまり無くて、大凡殆どの食べ物を食べることが出来ます。
「食べ物の好き嫌いが多そう」なんて云われる事も多いんですけれども、さにあらず。
栄養とコストだけを考えた食事、なんてのも、結構普通にオイシク食べられたりしますから。最初、「本当に食えるのかなぁ?」なんて思っていたのは事実ですが、実際食わないといけなくなると、全然普通に食べることが出来て、「俺って意外と逞しいじゃん」とw

そんな私ですが、ニガテな食べ物が一つ、あります。
それは素麺。三輪の手延べ素麺とかありますよねぇ。あの夏の風物詩というか、所謂ソーメンというか。素麺ばかりは何だか凄くニガテ。
ちょっとこのブログを検索してみるとvol.5とかvol.32でも素麺嫌いについて言及していましたね。

いや、私麺類は普通に好きです。
蕎麦は好きだし、饂飩も好き。冷や麦も大丈夫。だけれども何故か素麺だけは嫌いなんですな。
で、新聞の折り込み広告を先日見ていたんですが、スーパーの特売の広告を見ていた時、「夏の食品特集」みたいなコーナーがあって、そこには憎き素麺の姿があったのでした。
で、「ああ、素麺はもう見るのも厭だ……」と思って軽くスルーしたのですが、何か素麺の広告に妙な違和感を感じたんです。

素麺なんて広告でさへ見たくないんですけど、何か強烈な違和感を感じてしまった為、渋々読み返す事に。
別段おかしな所はない。だけれども、違和感だけは募っていく……。
うんうん唸りながら、素麺の広告を見ていたら、不意に、違和感の正体に気がつきました。

それは、素麺の一大ブランドたる「揖保の糸」でした。
それがなんと、「損保の糸」になっていたんですねぇ。どうですか? パッと見分からないでしょ? 正しくは「揖保の糸」(=いぼのいと)。広告では「損保の糸」(=そんぽのいと)。

そう、なんと「ソンポの糸」という、誤記が私の違和感センサーに反応していたわけですw
「この素麺、喰っても大丈夫なのかよ……」と。 
あっ、喰っておかしくなったら、お世話になるのは損保じゃなくて生保の方ですねw 
まぁ、確かに普通に生活をしている限り、「揖保の糸」の「揖」なんて字書いたりする事もないわけですし、車とか持っている人だったら日常的に目にするのは「損保」の方です。そういう事もあって、広告を作っている人が誤植をしてしまったんだと思いますが、嫌いな素麺の事にもかかわらず爆笑してしまいました。


そんなこんなで、今日も今日とてマジでどうでも良い、日々之雑記でした。
結構、プレイすべきゲーム、溜まっていますがそちらはのんびりと。や、今、一昔前の商業ゲームをプレイしていて、そっちに注力してしまっているという。フリーのノベルゲーム/サウンドノベルは大好きですけれども、商業のそれと全く無関係に存在している訳でもないので、時たまそういうものもプレイして、相対化してやらないとね。

というわけで、今日はこのへんで。

P.S.
素麺の美味しい食べ方、ご存じの方は是非教えて下さい。
[PR]

by s-kuzumi | 2009-08-11 22:56 | 日々之雑記


<< なんてことない日々之雑記vol...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>