2009年 11月 10日

なんてことない日々之雑記vol.247

道玄斎です、こんばんは。
今日はちょっと精神状態があまり良くないというか、いや、何か凄く憂鬱になっているとかじゃなくて。寧ろその逆で、胸がきゅんきゅんするというかw 何かそんなお話をさせて貰おうかと。

本当は、最近人から聞かれた「巻物のたたみ方(巻き方?)」について、デジカメ画像を交えて書こうと思ったのですが、それは又後日。
ちなみに「巻物」は「まきもの」です。あの忍者が口に咥えているヤツです。割と専門的な言葉を使うと「巻子本」(かんすぼん)という云い方になります。これは、書物の形態として実はかなり古いもの。英語で言うとscroll。魔法使いが秘伝を伝える為に使ったりしますよね。ファンタジーな世界では、魔法が詰まった巻物を「スクロール」とそのまま呼んだりします。

でもでも、今日は全然そんな巻物に関係の無い、胸きゅんなお話。
しばしお付き合い頂ければ幸いです。



■あの漫画のリメイク

ちょっと前にですね、とある漫画がリメイクされる/されている、という噂を聞きました。
そう……それは『姫ちゃんのリボン』です。
ご存じの方、いらっしゃいますでしょうか? 昔『りぼん』にて連載されていたちょっとファンタジックな所謂少女漫画。

私のブログに死ぬ程名前が出てくる谷川史子氏の作品も、『りぼん』にて連載されていました。
まぁ、つまり平たく云えば、私は男であっても『りぼん』を愛読していた変なヤツだった、という事なんですがw
で、私が毎度毎度プッシュする谷川作品は、一般的には『りぼん』の裏メニューというか、メインディッシュでは無かったんですよね。個人的に「もっと評価されるべきだ!」と怒っていたんですけれどもw
一方、アニメ化までされて「表看板」になっていたのが『姫ちゃんのリボン』という作品。

少女漫画として、だけではなくて普通に読んで楽しめる名作の一つなのですけれども(私も何だかんだで大好きでした)、その『姫ちゃんのリボン』がリメイクされ、タイトルも微妙に変化し『姫ちゃんのリボン カラフル』というものになって、帰ってきたそうな。

しかも、セルフリメイクではなく、つまり水沢めぐみ氏ではなく、他の作家の方がリメイクなさるそうで、結構「原作」と違った設定を持っているようです。
最初の方で、姫ちゃんこと姫子が好きだった支倉先輩は、姫子のお姉ちゃんこと愛子に惚れてたんだけれども、どうもそういうクリティカルな部分にまで変更が加わっているらしい(この支倉先輩と愛子との恋愛があってこその姫ちゃんの失恋という名の成長があったのに……)。しかも姫子が所属していた部活まで「演劇部→柔道部」なんて事になっていうという……。

で、あんまり気になったものだから、ついつい検索を掛けて、画像とかみちゃったんですよね。
なんつーか、こう、現代風になったというかw 
まぁ、ね。折角他の方によるリメイクだから原作に準拠しすぎる事なく、或る意味で大胆に変更を加えるってのは、リメイクのあり方として、アリだと思いますし、そうでないとリメイクの意味があまり無いような気がするのも確かなんです。だけれども、やっぱり、何か決定的な違和感がw

しょーがないから(本当は全然しょうがなくない)、数年前購入した「文庫版」の『姫ちゃんのリボン』を引っ張り出してきました。つまり原作の方です。
文庫版だと全六巻。なんだけれども、何故か五巻だけ見つからなかった……。でも、昨晩ちらっと一巻を読み返してみたら、案の定ハマってしまってねぇ……。

一人で「これ以上、姫子をいじめないでー!」とか悶絶していましたw
いや、別に姫子が虐められる描写とかあるわけじゃないんですが、失恋のストーリーとかちょっと痛いんですよ。私は割と、どっぷり感情移入しちゃう方だから、漫画なんて読んでいると滅茶苦茶表情が変化するというか。今日も、電車の中で顔を時にニヤニヤ、時にしかめつつ二巻と三巻を読んでいたのですが、ハタからみれば、相当アレな人に見えた事でせう。

一言で言えば、滅茶苦茶『姫ちゃんのリボン』という作品は面白いんですよね。
魔法のリボンで誰にでも変身出来る、というファンタジーな要素と、イケメン男子中学生大地との等身大の中学生の恋愛模様が交差していくんですが、厭味みたいなものが全然なくて、上手く言えないけれど物凄く清涼感というか「清潔」な感じがするんです。

大地はイケメンだけれども、何か憎めない、凄いいいヤツだし、姫子と同じ顔を持つ、魔法の国のプリンセスのエリカ様は、私の永遠のアイドルみたいなものですしw
大地はイケメン過ぎて感情移入出来ないけれども、有坂君とかは私に似てますし(主として彼のへっぽこ属性。但し、顔は除く)、感情移入度が半端じゃないわけで。。「厭な女子」代表の日比野さんもいい味出してますし。

で、『カラフル』の方との決定的な違いは、その清潔感なんじゃないかと。
一応、述べておきますが、『カラフル』の方が不潔とか、そういう事じゃないですよ?w 
ただ、何となくね、姫子の持つ健康的な「ボーイッシュな感じ」みたいなものが、リメイクの方の絵ではあまり感じられなかったりして。

ほら、今、小学生向けとか中学生向けの少女漫画でも、結構過激な18禁に近いような描写があるらしいじゃない? 『姫ちゃんのリボン』でも、魔法のファンタジックなものと、一つは大地との恋愛の要素があるわけで、接吻くらいはあったと記憶していますが(決定的な五巻が見つからないのがツライ)、そこには、性的な匂いが一切しないというか、「やっと結ばれたか、良かった良かった!」と思わず見守ってあげたくなるような、そういう健康的な恋愛なんですよね。物凄く変な云い方ですけれども。

いや、流石に今、『りぼん』は読んでないけれども、『カラフル』の方だとどうなるのかなぁ?
そういうシーンがどうあろうと、何となく、「健康的で清潔感」のある原作の方がゆかしく思えてしまいます。

何か纏まりがないけれども、兎に角、もし未読の方がいらしたら、是非是非文庫本は入手しやすいですから、原作の『姫ちゃんのリボン』読んでみて下さい。



■返す刀で

『姫ちゃんのリボン』を読んで(というか途中ですが)、返す刀で、読みたくなった少女漫画があったので、一巻だけ買ってしまいました。やっぱり文庫版。オリジナルのものはもう絶版かも。
その漫画は、凄いキャッチフレーズが付いていて、それは「200万の乙女のバイブル」。名作『星の瞳のシルエット』です。これも『りぼん』で、時期的に云うと『姫ちゃんのリボン』のちょっと前に連載が終了した作品。

それにしてもキャッチフレーズが凄いですよねぇ。
いわゆる「をとめ」なんですけれども、昔は「乙女」以外にも「未通女」と書いて「をとめ」と読ませる漢字の表記法があった、なんて事はどうでもいいくらいのインパクトです。

久しぶりに読んだんですが、作品を引っ張る力というか、独特なじれったさがあって、気持ち悪い話で恐縮ですが、私の胸がきゅんきゅんしてしまうという事態にw
一巻を読んだ時点で、胸の中に重い石が入ったみたいになっちゃって、「恋に恋する状態」みたいな、そんな感覚を味わってしまいました。

『姫ちゃんのリボン』もまだ途中だし(五巻を何としても見つけないと……)、『星の瞳のシルエット』も一巻でおあづけ食らってるわけで、何か心が千々に乱れて静心を無くしている……w

大体からして、同じ柊あおいの『耳をすませば』の映画版で、あれ程感動した私が、その原点たる『星の瞳のシルエット』できゅんきゅんしないハズがないw
まだ一巻で、これだけきゅんきゅんしちゃうわけで、作中では中二から大学生くらいまでの時間の推移があるんだよね。まだ中学卒業してねーのにこの体たらくじゃ、ラストまで読めないぜ……。



と、何か昔の少女漫画賛歌的な、老人のボヤキでした。
けど、ホント名前を挙げた二つの作品は素敵な作品だと思いますし、現代でも、いや現代だからこそ、胸を打つものがあるんじゃないでしょうか? 
是非、読んでみて下さい。これから『姫ちゃんのリボン』五巻を探してきます。。


それでは、また。



※追記

何と、『りぼん』のオフィシャルサイトにて、『姫ちゃんのリボン カラフル』の第一話が読めました。
エリカ様のスカートが短い……。大地がヘッドフォンを付けている……。支倉先輩に第一話の17ページ目で振られている……。しかもエリカ様がちょっとカルいw 大地も……。

うーん。
これはこれでアリっちゃアリだけれど、やっぱりなぁ。
何か凄い「今風」で年寄りにゃぁ、なじめないぜ……。
[PR]

by s-kuzumi | 2009-11-10 00:00 | 日々之雑記 | Comments(2)
Commented by NaGISA at 2009-11-10 18:12 x
「姫ちゃんのリボン」「星の瞳のシルエット」、懐かしいですね。
どちらも、私も大好きだった作品です。どっちも、オリジナルの
りぼんKCで全巻持ってます。「星の瞳」は、高校編が
またきゅんきゅんするんですよ(笑)。

「星の瞳」で私が好きだったキャラは、森下真理子です。
多分あの中では一番人気がないキャラだったと思いますが、
彼女の人間っぽいわがままさが好きでした。香澄はあまりに
完璧すぎて、ちょっとね(笑)。

柊あおいと水沢めぐみは好きなマンガ家なので、ほとんど
全部の作品を所有していますが、「耳をすませば」の原作版は
かなりアレな感じです。柊あおいファンを自認する私も、
あの映画化の話をきいた時は、「なんでよりによってこの
作品なんだ?」と思ったものです(爆)。柊あおいの短編なら
もっと良いのが沢山あるのに……。

私も、久々に「星の瞳」「姫ちゃんのリボン」を全巻読んで
みますかねえ。
Commented by s-kuzumi at 2009-11-10 23:50
>>NaGISAさん

こんばんは。
私もオリジナルのコミックスをどちらもセットで持っていたハズなんですが、どさくさに紛れて処分してしまったようで……。
改めて文庫版で読んでみると、『姫ちゃん』の方はしっかり内容を覚えていたのに『星の瞳』の方は、かなり忘れていて逆に凄い新鮮な気持ちで読めています。

水沢めぐみと柊あおいはやっぱり、私も大好きでして、コミックスも沢山持っていました。『耳をすませば』の原作も勿論、持っていたんですが、やっぱり、ちょっと……ですよねw 「良く映画であれだけバケたなぁ」と。
水沢めぐみはムラがないけれども、柊あおいの作品は、割と当たり外れがあるような。。

あと、『りぼん』の中では、タイトルがどうしても思い出せないのですが、お月様に頼んで人間にして貰うネコの話も好きでした。

『姫ちゃん』にせよ『星の瞳』にせよ、読むと、本当にきゅんきゅん病になっちゃうので、ご注意下さいませw


/* 『姫ちゃん』5巻見つからず……。フラストレーションが溜まる……。 */


<< なんてことない日々之雑記vol...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>