久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 20日

なんてことない日々之雑記vol.251

道玄斎です、こんばんは。
今日はちょっぴりお酒を呑みつつ(最近、控えていました)、いつものように、どうでもいい話題を。。



■最近、ちょっと好きなテレビ番組

私は、あまりテレビを見ません。
だけれども、ここんとこ、良く風呂上がりとかに何気なくテレビを付けるとやっている番組があって、結構見ちゃいます。それはNHKのスペイン語講座と、その後にやる日本語講座。

スペイン語講座は、ラビット関根のお嬢さんが出ているんだけれども、彼女何か凄い感じがいい。
結構父親似ではあるんですけれども、雰囲気の良い可愛らしさが出ていますし、黒髪なのも好印象。個人的に久々のヒットです。

昨今の女性芸能人にありがちな病的な程痩せているって事もないし、二の腕なんて結構太いんですよね(って見る所が違う)。多分、私の二の腕よりも太いと思います。私、二の腕とか凄く細くて、そんじょそこらの女性なんかよりも全然細いですからw

ともあれ、何て云うか、健康的で素敵なのよね。
お化粧とかもやってるんだろうけど、凄くナチュラルですし「身近にいそうだけれども、絶対にいない。斜め25度上」くらいの感じが最高です。
自分で言うのもアレですが、私は女性の趣味が悪くって、ちょっと他人から驚かれるようなそういう趣味の持ち主なんですが、ラビット関根の娘さんは、普通に「趣味の良い」範囲に入るんじゃないかと。ここまで「を!」と思ったのは池脇千鶴以来ですw
池脇千鶴にも一時凄い熱を上げていて、彼女の出ている映画も余すところなく見たりしたんですが、男と同棲している的な新聞記事だかを見て失望した、という過去を持っていますw 最近、あまり見ませんねぇ。



■そんでもって日本語講座

ラビット関根のお嬢さんを見た後だと、実は微妙に見劣りしちゃうんですけれど、そのスペイン語講座の後に、外国人向けと思しき日本語講座「エリンが挑戦! にほんごできます。」って番組があって、それも続けて見たりして。

最初っから見ている訳じゃないんだけれど、エリンなる外国人が日本の家庭の居候になっていて、日常生活の中で日本語を覚えていく、みたいな。

何が面白いって、CGアニメと実写が行き来するんですよ、これw
CGアニメのエリンちゃんは、流暢な日本語を喋って、昔田代まさしがCMをやっていたぬーぼーってお菓子のキャラに似たヤツと掛け合いをしていきます。
ちなみに、そのぬーぼー似のキャラは、結構ぼってりとした外見で、「この世に存在しないタイプの生き物」なんだけれど、指は五本あったりしてそのいい加減さと、妙に拘っている部分のアンバランスさが魅力w

実写パートになると、エリンちゃんは途端にたどたどしいカタコトの日本語になります。
ただ、そのたどたどしさが妙に初々しくて、ついつい、見とれてしまう……w
今日は、何てこと無いドーナツ屋さんでのお買い物シーンだったんだけれど、


店員「いらっしゃいませ! 何になさいますか!」

エリンちゃん「えぇっと……」

店員「(無言でエリンちゃんを凝視)」

エリンちゃん「これとぉ…………」

店員「(無言でエリンちゃんを凝視)」

エリンちゃん「……これデス」

店員「(エリンちゃんの発話後、間髪を入れずに)お飲み物は如何なさいますか!?」

エリンちゃん「…………」

店員「(無言でエリンちゃんを凝視)」

エリンちゃん「コーヒーを」


みたいな、やり取りがあった訳です。
何かさぁ、店員がエリンちゃんをイジメているような、そういう絵に見えちゃったんだよねぇw 多分、私のフィルターが掛かってるんですけれども。。

別に、日本生まれの日本育ちの私が、日本語講座を見る必要はないんですが(と、云っても日本語は凄く難しく、自分の中の日本語の基準みたいなモノを持ちたいと思う今日この頃です)、エリンちゃんの頑張る姿がエンターテイメントになっていて、中身の無いバラエティ番組なんかより全然面白い。


このスペイン語と日本語の二つの講座、結構お勧めですよ。
別にスペイン語とか本気で勉強したい訳でもないし(どうせ、勉強するならフランス語をもう少し勉強したい)、取り敢えず日本で生活出来ていますから日本語の勉強の必要はないんですが、ちょっとした娯楽になりつつある今日この頃なのでした。


というわけで、今日はこのへんで。
それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2009-11-20 01:16 | 日々之雑記 | Comments(0)


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      なんてことない日々之雑記vol... >>