「ほっ」と。キャンペーン
2009年 11月 27日

フリーサウンドノベルレビュー 番外編 『フリーソフト恋愛忌憚』

b0110969_21583161.jpg

道玄斎です、こんばんは。
ちょっとこれからやらないといけない事があるのですが、さっくり遊べて面白そうな作品を見つけたのでプレイしてみました。睡眠時間が削れていく……。
というわけで、今回は「インコ」さんの『フリーソフト恋愛忌憚』です。


この作者様の『フリーソフト製作過程』は結構プレイした方、多いんじゃないでしょうか?
「ゲームを作ることをゲームにする」というようなタイプの作品です。勿論、『ゲーム作ってます。』みたいな、ゲーム制作を通じて青春を描くとか、そういうタイプじゃなくて、主人公がとことんヘンテコなゲームを作って、それにテストプレイした友人が突っ込みを入れていく、というギャグタイプの作品。

しかも、今回は「恋愛ゲーム」を製作します。
これで笑えないハズがないw

作者様は相当、色々なフリーや商業問わずゲームをプレイなさっている方だと思います。
何て云うか、ノベルゲームに関する引き出しが本当に多い感じ。だからこそ、「究極のベタ」とも云えるようなシチュエーションを笑いに出来ちゃったりするんでしょう。

本作というか、この作者様のシリーズの面白い所は、何と云っても「友人との掛け合い」です。
どうしようもなくアレなゲームを作る主人公、そして、そこそこゲームを知っていて常識人(?)な友人の半分びっくり、半分呆れた突っ込みが冴え渡りますw
このデコボココンビのやり取りが、ゲームそのもの以上に面白かったりするんですよね。

実質、本作では七人のヒロインが出てくるんですが、爆笑したのは二番目のヒロインですねw
飲み物を飲んでいたら確実に吹き出していた事と思われます。
ちなみに、スクリーンショットは三番目のヒロイン。ネタバレにならず可愛い立ち絵だったので持ってきました。ってスクリーンショットだけ見ると、なんだか凄い普通の恋愛ゲームに見えるから不思議w


オマケなどを全部見たとしても10分ちょいで読了可能な短編です。
色んなゲームをプレイしていればいるほど、本作で笑えるんじゃないでしょうか? たまにはこういうギャグ作品もいいですよね。気になった方は是非プレイしてみて下さい。


それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2009-11-27 21:58 | サウンドノベル | Comments(0)


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      なんてことない日々之雑記vol... >>