2010年 02月 03日

なんてことない日々之雑記vol.272

道玄斎です、こんばんは。
東京でも先日雪が積もりました。もう殆ど溶けてしまっているのですが、雪が降った影響かここ二日ほどいつもより寒い感じ。



■雪が降った

皆様は雪が毎年コンスタントに降る地域にお住まいでしょうか? それとも「雪なんて殆ど降らない」なんて地域にお住まいでしょうか? 私はどちらかと云えば後者の地域に住んでいます。

全く降らないって事はないですけれども、ここ数年で、積もる程雪が降るというのはやっぱり珍しい感じがします。昔は雪が降ると妙に楽しくなったものですけれども、今じゃ「転びそうで怖い……」とかネガティブな感情を持つようになってしまいましたw

またそれが、サラッサラのパウダースノーとかなら違うんでしょうけれども、割とボタッとした密度の高い感じの雪ですしね。

実は先日、昔なじみと渋谷で呑んでいまして(終電ギリギリまで!)、あの時に雪が降っていたら危うく帰宅出来ない所でした。
やっぱり、雪が降りまくる地域と、あまり降らない地域とでは、電車などの交通機関への影響も異なってくるんでしょうかね。こちらの電車は雪に弱いw 割とすぐにダイヤが乱れます。
雪の影響でダイヤが乱れていますって事なら納得出来るんですけれども、下手すると私が良く使う路線は「特に何もない」のに止まったりしますw 「強風」(台風とかじゃなくて、ですよ?)で一時止まった時に「何て脆弱なんだ!」と思わず叫びそうになった事も。
電車に対する恨み辛みを書いていくと、結構色々出てきちゃうのでこの辺にしてw


雪が降った時、楽しみにしている事もあって、それは「子供が遊んだ痕跡」です。
例えば、雪だるまが次の日に出来ていたり、とかね。ああいうのは目にするとちょっと和みますね。降っている時よりも、止んだ後の方が好きって事よね。「月はくまなくをのみ」って心境かな。
近所の家の前にある大きな雪だるま、あと何日くらい形を留めていてくれるのでしょうか。



■メタ女にまだはまっている

いやぁ、滅茶苦茶『メタ女』が面白くて、未だに抜け出せずはまってます。
普通の『メタ女』はおろか『ツァイメタ女』の方も何度も何度もプレイしている、という体たらく。エンディングにいくつかのヴァリエーションがあって、それを探っていくのが楽しい。

けど、本当の『メタ女』の魅力は、そういうやり込み指向のゲーム、という部分ではなく「強烈なメッセージ性」にあるんじゃないかと。雑魚敵でもちゃんと倒すと一人一人メッセージが出てきたり、ヘンテコな学校の、ヘンテコな校内(?)抗争を描いているようでありながら、もしかしたら「生き方」みたいなものまで考えさせられてしまうという、凝った作り。
メッセージ性、と書きましたけれども、別にゲームがなにがしかのメッセージを投げかけてくるわけじゃないんです。材料だけ示されて「あとはご自由に」という、そういうタイプ。
んー、やっぱり傑作なんじゃないかなぁ……。

何度かプレイしていくと、好きなキャラが出来てきます。
最初はあまり好きになれなかった「ことえり」とか、最初っから「これは……!」と思ったまりえとか。


そういえば、普通の『メタ女』の方でも無事にエンディングまで見ることが出来るようになりました。
単純にエミュレーターの問題だったみたい。
『メタ女』も『ツァイメタ女』も、NP21というエミュレーターで起動すれば、ちゃんとエンディングまで見れますし、ボイスも(ちょっと聞き取りづらいけれども)聴けます。

基本、支援サイトに書いてある手順通りに作業してやれば、『メタ女』も『ツァイメタ女』も楽しめますので、是非是非プレイしてみて下さいませ。ハードディスクイメージをマウントしてやるといいですよ。



それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2010-02-03 22:16 | 日々之雑記 | Comments(0)


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>