「ほっ」と。キャンペーン
2010年 02月 08日

フリーサウンドノベルレビュー 『たとえ二度と会えなくても』

b0110969_2373448.jpg

今日の副題 「見るでもなく、プレイするのでもない『読む』作品」

ジャンル:ファンタジック悲恋ノベル(?)
プレイ時間:1ルート20~30分くらい。コンプリートは1時間半くらい?
その他:選択肢アリ、10ルート+おまけシナリオ9種類。
システム:吉里吉里/KAG

制作年:2007/6/17
容量(圧縮時):4.53MB




道玄斎です、こんばんは。
今日は少し尺のある作品をプレイ。全体で1~2時間くらいだとプレイしやすいですねぇ。最近、歳を取ったせいか4時間5時間とか書いてあると、結構気後れしてしまって。
というわけで、今回は「路地裏の茶屋」さんの『たとえ二度と会えなくても』です。
良かった点

・原作が小説だからか、じっくりと“読ませる”タイプ。

・恋愛の心理描写がしっかりとしている。


気になった点

・結構エンド数が多く(10個)、テーマ的に若干逸れてしまうエンドがあったような……。

ストーリーはサイトの方から引用しておきましょう。
目覚めると、ディルレイラ国の港街・アーリシアにいた叶。
深緑の瞳を持つフーガに拾われ、その姉の家に居候することになった。
恋人の晴彦とおそろいの銀の指輪を支えに必死に現状に慣れようとするも、帰郷の想いは溢れ続ける。

元の世界に帰りたい。晴彦に会いたい。
けれど、どこか晴彦に似たフーガの優しさに触れるたびに心は揺れ動く。

フーガと晴彦。アーリシアと元の世界。
叶が選ぶのは、なに? 

こんな感じのストーリーになっています。
現代日本の高校生叶(かなえ)が目覚めたら異世界に飛ばされていた、というファンタジックな要素も持つ悲恋作品でした。

ハッピーエンドは大好き、なんですけれども、その一方で悲恋モノも滅茶苦茶好きなので、かなり楽しんでプレイしました。正直「悲恋」という言葉に惹かれてプレイしたわけで……w

異世界に飛ばされ、そこで生活していく中で、叶の心の支えになっていたのは、恋人晴彦と一緒に買ったペアリング。だけれども、その一方でその世界で自分に色々と良くしてくれるフーガという青年にも叶は惹かれていってしまいます。

この二人の男性の間で千々に乱れる乙女心っていうか、そうした心理的な動きが本作のキモの部分かもしれませんね。
タイトルも意味が二重三重に掛かっているような、そういう部分があって、しっかりとした中編(くらいだよね?)作品だったと思います。

元々、どうやら作者様自身がお書きになられた小説をベースにしている為か、選択肢があり、エンドが分岐するのに、会話文多めの「見る」というか「プレイする」というか、そういうのとはちょっと違う「読む」タイプの作品。立ち絵とかが付いていないので、よりそう感じるのかも? しかし、立ち絵は付いていないものの、そこに不足感を感じる事はありません。寧ろプレイ後の今なら立ち絵がなくて正解かも、と思えてしまう。

先にも書きましたけれども、恋愛に関する女性(主人公)の心理描写に多く筆が割かれていて、そこが面白かったです。単純に惚れた腫れたってんじゃなくて、元の世界に居た恋人、そして今自分が居る異世界で自分の事を大切にしてくれる男性がいて、その二人の男性の間で揺れる女性らしい心理(って、何が女性らしいのか、私には実はあまり良く分かっていませんがw)がしっかりと描かれていて、オリジナリティになっているのではないかと。
この作者様の作品は何度かプレイしていますが、やっぱり女性の心理描写を重視していらっしゃるのかな? という感触がありますね。

その一方で、男性側から見るとちょっといたたまれない部分があったりもするのは事実w
ちょっとね、晴彦君(元の世界の恋人)が可哀想なんですよね……。私自身が男なので、どうしても晴彦君に肩入れしたくなっちゃうw

っと、それは、トゥルーエンド到達では、という但し書きが必要かもしれません。
トゥルーエンドがあって、他のエンドが9つある、という構成の作品なのですが、結構ラストの部分で変化があります。選択肢自体は少なめですが、やっぱり結構分岐するんですよね。
エンド3を見た直後にエンド7とか8を見るとちょっといたたまれないものが……。一応悲恋と銘打ってあって、多分トゥルーエンドが作品のテーマみたいなものだと思われるわけですから、それに沿った形でのエンド数でも良かったかな、なんてちらりと思いました。
いや、そんな事を云いつつも「エンド7、8のリアリティは尋常じゃない……」なんて唸ってしまったわけですがw
ま、個人的にはもうちょいスリムにテーマに沿った形でのエンドの数でも良かったんじゃないかな、と、そういう感想です。


心理描写が見所の“読ませる”タイプの作品でした。
男の身からしてみると(晴彦、フーガどちらの立場をとっても)、ちょっぴりトゲのある部分はあります。とはいへ、だからこその作品なわけですから、恋愛修行をするつもりで読んでみてもいいかもしれませんねw
そうそう、多分……どちらかと云えば女性向きかな? という気はします。

エンド8みたいな状況を何度も経験すると、俺みたいになっちゃうんだぜ?w と少し自虐を込めて書いちゃいますが、本作が中々面白く、また結構グッとくる作品であるのも事実。
珈琲でも飲みながら、じっくり読んでもらいたい作品です。


それでは、また。


/* ちなみに、おまけシナリオ絡みで脱線を一本。
世の中にゃぁ、「叢書江戸文庫」なるシリーズがあって、江戸時代の代表的な書物が収まっているんだそうな。ちょっと私も興味があるので、面白そうなモノを何冊か購入しようかな? なんて考えています。 */
[PR]

by s-kuzumi | 2010-02-08 23:50 | サウンドノベル | Comments(0)


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>