2010年 02月 13日

なんてことない日々之雑記vol.274

道玄斎です、こんばんは。
今日もちょこっとノベルゲームをプレイしたのですが、読了していなかったりの事情があり、日々之雑記を。



■愛用機紹介

今日もピアノの練習をしました。
MIDIキーボードではなく、一応88鍵ついている電子ピアノ、その名もクラビノーバ。
クラビノーバって、クラヴィコードから名前が取られているのかな? 
っと、一口にクラビノーバっていっても色々な機種(電子ピアノなので、こういう云い方になります)があるようで、私が使っているいわば愛用機は「CLP 50」というものです。

調べてみると、20年以上前の機種なのですが、今でもちゃんと動いてくれます。
で、このCLP 50なんですが、鍵盤が重たいんですよ。それも半端じゃなく。いや、MIDIキーボードと比べて、ではなくて、本当に重たい。

ピアノ、電子ピアノで重たい鍵盤ランキングみたいなものを作ったら上位10位に入賞しそうなくらいですw
そういえば、昔、家で練習してからピアノ教室で備え付けのピアノを弾くと、凄く軽く感じた記憶が……。ピアノ発表会でも、やっぱり普段とタッチが違うので戸惑った事、ありますねぇ。

DTM的な事を初めてから、電気屋さんなどで楽器コーナーに行く事が増えました。
オーディオインターフェイスを買ったり、MIDIキーボードを買ったり、或いはスピーカーを物色したりする訳ですが、そこに鍵盤楽器(つまり、電子ピアノ)があると、ついつい触ってしまいます。それで、色んなメーカーの色んなモデルを触ってきた積もりですが(世の中には凄い数のピアノメーカーがあって、実はその中のほんの一部、でしかないのだけれども)、自分の持っているそれより鍵盤が重たいピアノに出会った事がありません。

元々ピアノはアコースティックな楽器なので、電子ピアノは代用品というか、ちょっぴり邪道な雰囲気はありますけれども、自分の慣れ親しんだ愛着、みたいなものもやっぱりあって、この重さ、意外と気に入っています。
そういや、MIDIキーボードを買った時も色々触ってみて、「鍵盤がペラペラしている……」とかそういう鍵盤の重さというか、感触を重視した結果ローランドのものになった、という経緯もあります。
や、単純に安かった、というのも重要な要素だったのですがw

49鍵のものだと、やっぱり演奏、には適しませんねぇ。
それがたとえ代用品であっても88鍵ウソでも揃っているものの方が、閉塞感を感じることがなくて(というか49鍵の場合弾けない、なんて事が起こる)快適。
まぁ、サイズ的にはコンパクトで傍らに置きやすいんですけれどもね、49鍵。

で、リズムのキープもままならぬ中で、練習は続きます。
何度も何度も弾くと、アドバイス頂いた所も感覚的に分かってくるようです。大分……「音楽」に近づいたかな、という気はしますねぇ。正直、ピアノを弾くのがこんなに楽しいとはおもわざりき。
理想のイメージがあって、実際の自分の拙い演奏、というか音の羅列がある中で、練習していけばやっぱり、理想と現実のズレは埋まっていきます。

うんとスローペースなので、まだ最初の8小節分くらいしか出来ないのですが(いや、それでも随分怪しい演奏だぞw)、この最初の8小節が姿を変えて何度もこの曲には出てくるので、ここを抑えておくと曲全体のかなりの部分がスムーズに弾けるようになるはずです。

練習をする中で、こうした方が良いな、と思った事は、

・ミスタッチで中断しない

という事。
ヘタクソもいいとこですから、ミスタッチは頻発します。けれどもそこで一々弾き直したりして、リズムを止めてしまうよりは、シレっと、素知らぬ顔をして次の小節なり音なりに移った方が良いみたいです。
音の流れを止めない、という事の方が、一曲丸々で見た場合大事なんじゃないかと思ったのでした。多分、人によって合う/合わないというのもあるけれども、私にとって「ミスタッチをあまり気にしない」というのは合っているような気がします。
ともあれ、全体をざっくりでもいいから形を作って、その上で微に入り細に入りとやっていく方が性格的に向いているかも。

何か、本当に今更ですが、ピアノを弾くのは楽しいですね。
自分の指が音を出している実感というか、そういう部分が凄く好き。何より今、それが楽しんで出来ている、という事が自画自賛でアレですけれども、良い事なんじゃないかな、と愚案する次第。


やっぱり、実際に弾く、というのは大事な事かもしれません。
DTMとか、そういう作業をしていても、先ず間違いなく「手数」は増えそうですし、音の動き方など参考になる部分が色々出てきます。和音の構成はどうなっているのか、なんて所に注目すれば、普通に曲作りにも活きてくると思いますしね。

DTMであっても、狙っているニュアンスを出したい時にはキーボードを自分で弾いてMIDI録音しちゃった方がいいわけです。特に「柔らかく和音を弾きたい」なんて時に、普通にベタッと打ち込みをすると柔らかさも何もない妙に硬質な音になっちゃって、しかもヴェロシティとか色々弄ってもしっくりくる音にするのは大変。
だけれども、その部分だけでもMIDI録音して使えば打ち込みだけれども、ナチュラルな音を出すことが可能。こりゃ、やっぱり役に立ちますね、ピアノの練習。


今の課題は、リズムをちゃんとキープする事、です。
メトロノームが無くなっていたので、近々買ってこようかしら。よくよく考えてみれば、あの頂点が欠けた三角形をしたメトロノーム、結構造形美があるんじゃないか、と思えてしまいます。
キッコカッコとドンカマみたいなクリック音が出てくる、というのもそれはそれでいいけれども、一方でアナログな機械にも逆らいがたい魅力があるのも事実。
私が昔使っていたメトロノームはゼンマイで巻いてやって使うものでした。多分……何かのタイミングで処分してしまったみたいで残念です。


明日も時間を見つけて、ちょっと2時間くらいは色々練習してみようと思っています。
それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2010-02-13 01:08 | 日々之雑記


<< ノベルゲーム愛好家のDTM勉強...      なんてことない日々之雑記vol... >>