久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 14日

ノベルゲーム愛好家のDTM勉強会 第十九回

道玄斎です、こんばんは。
今日はちょっとこんな時間まで起きているわけですが、ずっとピアノの練習をしていました。

ここ数日、ずっとピアノの練習(中々上手くならないのが本当にもどかしい)をしていて、そろそろ今日はお終いにしようかな、というタイミングなのですが、ちょっと思った事などもあるので、そうしたものを綴ってみようかと。



■フリーで使えそうな、ピアノ音源

今日はちょっと事情があって88鍵の愛用クラビノーバが使用出来なかった訳で、やっぱり愛用しているMIDIキーボードでお茶を濁していました。

で、弾きたい曲がピアノ曲ですから、シーケンサーなりを立ち上げて「ピアノ音源」をセットしてやる必要があります。結構ここらへん、悩む所ですよねぇ。つまり「どういうピアノ音源が良いのか」って事なんですが、FL STUDIOに入っているFL KEYSは汎用性は高いけれども、個人的に音は今ひとつ……と云ったところ。上手く音が作れる人だったらいいんですが、そこまで私は各パラメータを弄ったりするのが得意ではないw というかEQだって難しいですよね、狙い通りの音を作ろうと思ったら。

で、49鍵のMIDIキーボードで練習する際に、色々とピアノ音源を試してみたりしています。
今日は、そんなピアノ音源に関するお話。

いや、お金やハードディスクに余裕があればIvoryとか買っちゃえばいいんですけれども、流石に4万円以上しますから微妙に躊躇します。iLokなるオーソライズが必要っていうのもちょっぴりハードルが高め。

んで、やっぱりフリーのものを探してみたのですが、意外といいんじゃない? と思えるピアノ音源がありましのでご紹介。個人的に好きなモノをチョイスしてみます。

・YamahaGrand_Adcock

これは所謂サウンドフォント、なんですが、結構イカすんじゃないかな、と思いますよ。


・splendid

これもサウンドフォント。ちょっと音が大きい印象があるのですが、なかなか素敵な音で鳴ってくれます。


・Clavinova Piano

やっぱりサウンドフォント。愛用機クラビノーバの音……だけれども、私の持っている実機の方がもうちょい深い音が出てくるような……。けど、これも素直に使いやすいと思う。


・SRX-2 Grand 3-Layer

またしても(以下略
これも中々……。


・Equinox Grand Pianos

やっぱり(以下略

スタインウェイとヤマハのグランドの音が切り替えられます。
ヤマハのそれにすると若干キンキンした音になるかも。


・Roland 64VoicePiano

これも(以下略

ちょっと音量が大きめなのと、微妙なリバーブが掛かっている感じ。
好きな人には好きな音だと思いますが、少しクセがあるかな。



Vstiで手に入るものだったら、意外と

・Prova

が良い音を出してくれます。ちょっと離鍵(?)の時に音が不自然になりがちな気はしますが、結構使えるんじゃないかと思っています。

ピアノの様な使用頻度が檄的に高いものほど、意外とDAW付属には良いものが付いていなかったりしてw や、勿論何種類もFLには付属していますし、サンプリングデータもタダで落とせるんですけれども、使い勝手が良くて、となると意外と厳しい。

サウンドフォントプレイヤーが無いと厳しいものばかりご紹介してしまったのですが、是非興味があれば一度試してみて下さい。結構いい音、鳴ってくれると思いますよ。


それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2010-02-14 03:02 | 日々之雑記 | Comments(7)
Commented by 君島三夜 at 2010-02-15 17:31 x
こんにちは、君島三夜です。ピアノの練習をしているとのことで、記事読ませていただいてます^^

ミスタッチは私も練習のとき、あっても弾き続けてました。自分で発見できるとはまたすごいものですね。
ピアノをおそらく楽譜で練習してると思うんですが、ハノンという練習用の楽譜がありまして、主に指を動かす練習になります。私は初めの頃、ハノン、バーナム・ピアノテクニック、他主曲1曲サブ曲2曲クラシックを弾いて練習してましたが、ハノンは特に必需品だと思うので、是非やるといいかもしれません^^
ハノンも一曲やるのに、スタッカートで弾いたりタッカ、逆タッカなどで弾いたりと。他にマルカートなど。色んな方法で弾いたり、ゆっくり最初は弾くことでこなせていけます。


またミスをなくすコツですが、
「小節ごとに集中練習する」(いわゆる部分練習)
 ゆっくりまず弾いてだんだんテンポを元に戻すように。それこそ、四つの音符をタッカで弾いたり、ハノンが基礎になって練習になります。

ということで偉そうなことだらだら書いてしまいましたが;他にも気になった記事があったので。

Commented by 君島三夜 at 2010-02-15 17:31 x
(続き)

放課後探検隊は実は私も昔やりました。これのパート2が確かあるはずで、当時HPがあったんですが、途中閉鎖されました。こういうノリは楽しく閉鎖されたときは本当に残念でしたが;フリーゲームをプレイする側としてやっていたあの頃の大事な作品でしたので、また年をとって、作品作る側としてもやっていきたいですね・・・^^(他の作品もそうですが)

それでは長文失礼しました。
Commented by 君島三夜 at 2010-02-15 17:34 x
(続き)
メトロノームについても書きたかったので、すみません;追記します。
メトロノームは今の時代だと△のアナログのよりはデジタルのものをお勧めします。
なぜかというと、三角のメトロノームは使っていて、ずれていきます。(テンポが)ずれると、何が正しく練習できるかも?になってきてしまいますので、ご注意くださいませ。(ちなみに私の家もずれてしまって、今はデジタルなんです)
Commented by s-kuzumi at 2010-02-15 19:14
>>君島三夜さん

こんばんは。
お世話になっております。

ええっと……多分……誤解なさっていると思うのですが、私のピアノスキルは「ハノン」とかそれ以前の問題だったりしますw 

いや、ね、もう、ね、本当にそれ以前の「譜読み」だにまともに出来ないという体たらくなのよw 本当ならばソルフェージュをもう一回最初の最初からやり直したいくらいなんですよw (←そういえば、子供の頃延々音符やら記号やらを書く練習をさせられました……。今なら……けっこう楽しめると思うのですが……)

普通に楽器屋さんとか音楽書籍を扱っている本屋さんに行けば、「ハノン」手に入りますかね? (流石にツェルニーまで手を出す勇気はないのですがw)
ちょっくら現物を見てみたいですね。


つづく
Commented by s-kuzumi at 2010-02-15 19:20
つづき

で、色々とアドバイス有り難う御座います。
小節単位での集中練習、やってますよ! っていうか、まだ全体を通して上手く弾けないので、必然的にそうなっているんですがw

メトロノーム、アナログだとづれてしまうんですね。
確かに、ゼンマイ駆動だったりするので、づれも生じるのかも?
逆にデジタルなものがあるっていうのが、科学技術の進歩というか、何というか、感動的です。

欲を言えば、あの頂点を欠いた三角形で、且つデジタル、なものがあればベストなんですけれども(あの造型が気に入ってるんですw)、流石にそんな都合の良い品、ないですよねぇ……。

ともあれ、デジタルのものだとお値段も安いので、今度購入してみようかと思います。
ほんと、色々有り難う御座いました。それにしても、ピアノって、やっぱり「弾く」と楽しいですねぇ……。
Commented by 君島三夜 at 2010-02-15 19:31 x
レスにレスをしていいか、迷いましたが…こんばんは^^
「ハノン」ですが、ハノンにも色々あるんですよ。私は幼稚園のときにやったのですが「こどものハノン」というのはどうでしょうか?後ろには調を会得するささやかな練習もありますし、おすすめしてみますw楽譜が読めなくても、大体ドれみふぁそらしどしらそふぁみれど、れみふぁそ・・・(略)という練習なんですので、大丈夫かと思います。こどものハノンは音符も普通のハノンより大きくて見やすいですし初心者にとてもおすすめです。ライオンとイルカの表紙が印なんですが、大きい楽器屋さんなどいけばあるかもしれません。(小さいところだとちょっと怪しいですね;)
私も今日ピアノを弾いてましたが、やはり楽しいですよ^^練習はとても大変なのですが・・w
Commented by s-kuzumi at 2010-02-15 22:50
>>君島三夜さん

レスにレス、全然OKです!
『こどものハノン』、滅茶苦茶いいですね! まさにそういうものを求めていた、という。情報感謝です。

アマゾンで購入出来るみたいなので、近所の楽器屋になければ注文しちゃおうと思います。

大変、厚かましいのですが……何か簡単に弾けてそこそこ格好の付く曲の本とかありますかね? 『ハノン』だと曲というよりは、「練習」という感じですけれども、もうちっと曲らしい体裁を取っていて、且つ初心者でも練習すれば弾ける。そんな曲が納められたもの、もしご存じでしたら是非是非教えて下さいませ。


<< なんてことない日々之雑記vol...      なんてことない日々之雑記vol... >>