2010年 03月 26日

なんてことない日々之雑記vol.280

道玄斎です、こんばんは。
最近、微妙に活動が停滞しているのですが、別に具合が悪くて倒れていたとかそういう事ではありませんw まぁ、気乗りしない時期ってのもあるよね、という事ですな。



■春は別れの季節です

この時期は、お別れが多かったりして少し感傷的になってしまいますね。
今日も、ちょっと送別会的なイベントに参加してきて、帰宅したらかなりいい時間でしたね。
そういや、珍しく紹興酒なんて呑みました。

酸っぱくしたウヰスキーみたいな感じ?
けど、アルコール度数は低い(日本酒くらい)ですし、呑みやすく、且つ意外な程美味しかったです。
何しろ下戸なものですから、人前で酔っぱらってみっともない姿をさらすのは憚られまして、お酒を呑んでるフリをして烏龍茶とか飲んでいたりする事が多いのですが、今日はお酒多めで。
こういうのも、たまにはいいよ、ね。

きっと、まだ今週中は、少ししんみりしながら過ごす事になるんだろうなぁ。



■侮れないツクール

いや、ノベルゲームの方は停滞していますが、ツクール製のRPGとかチマチマっとやっていたりします。
ちょっとやり出したら面白くてねぇ……。
「ツクール製のADV」(ノベルメインって感じじゃないんですけれど)って、実はチラホラ目にするわけですが、何となくツクール製だと敬遠してしまっていた所があるんです。

けど、何かRPGをプレイしていたら、「意外とツクールもいいなぁ」なんて思えてしまうから不思議。
RPGっていう体裁だからいいのか、それとも作品そのものがいいのか、とか色々あるわけですが、ちょっと侮ってましたね……ツクールを。

強烈に訴求力のあるムービーが付いていたりって事は無いんですが(けど、スクリプト的に可能?)、ツールとして進化している気がします。
そもそも昔、ツクールってスーパーファミコンでもありましたよね? 友達がそれで何か作っていたのを覚えています。

やっぱり、あまりにムービーだらけの映画的なRPGよりも、少し古式ゆかしいタイプのRPGの方が個人的に好みなんでしょう。滅茶苦茶楽しんでますが、20時間以上やってるのにエンディングが全然見えないものがあったりして、「どれだけ楽しませてくれるんだよ!」とw

たまにノベルゲームから離れてみると、以前気がつかなかった事に気がついたりもします。
それは「操作体系」です。
ツクール製のゲームって、多分、どれもこれも殆ど同じボタンで同じように操作出来ますよね? あっ、ちなみに私はゲーム用のUSBコントローラーを使ってます。
一つ、何かツクール製のRPGをプレイしたら、他のRPGも新しい操作を覚える事なく使える事が屡々。これ、落ち着いて考えたら凄いですよね。
ツクールという一つのシステムの中で作られているから、と云われれば納得出来ますが、それにしても便利だなぁ、と思いますよ。

一方ノベルゲームっていうのも、未知のエンジンに遭遇しても、殆ど操作で迷う事ってないんですよね。
左クリックで文字を送って、右クリックで設定やセーブ/ロードをする、という基本の操作体系が変わらない。しかも主要ツールがいくつかあるのに(NScripterや吉里吉里/KAGなど)、みんな同じ手順でやりたい事が出来るわけで、これまたツクール作品群に勝とも劣らず凄いのではないか、と。

RPGやアクションに比べて、ノベルゲームってのはやることが単純、っていうのは勿論あるにしても、ね。
基本読み進めて、時々出てくる選択肢を選んで、みたいな、まぁ、云っちゃなんですが、単純作業ではあるわけですが、改めて考えると洗練された操作の体系があるよなぁ、と感心しちゃいました。

それを逆手にとって、右クリックしたら「右クリック禁止!」なんてポップアップが出てくるノベルゲームがあったとしたら……非常にイヤな感じですなw
『フリーソフト○○○○』シリーズでそういうネタありそうですけれどもねw


さて、かなりいい時間なので、そろそろ休みます。
それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2010-03-26 03:03 | 日々之雑記 | Comments(0)


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>