久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 15日

フリーサウンドノベルレビュー 番外編 『好きっていってっ!』

b0110969_231546.jpg

道玄斎です、こんばんは。
今日は番外編。短いけれどもちょっと興味惹かれる作品のご紹介。
実はツクール製、なんですが、基本的にノベルゲームのそれと変わらないので取り上げてみようかな、と。
というわけで、今回は「ここどこ」さんの『好きっていってっ!』です。


ちなみに、NaGISA netの NaGISAさんをゲストにお招きしたオフ会を5/29(土)に予定しています。
ノベルゲーム愛好家、レビュワー、制作者色んな方に来て頂いて、楽しくお話出来ればいいな、と思っております。詳細はこちらから
開催の日が近づきましたら、又改めて告知を致します。どうぞ宜しくお願い致します。



今日は少し、百合っぽい要素のある作品です。
私はあんまりハードすぎちゃうとアレなんですが、結構百合は好きですw ふわりと優しい手触りだと尚良し。
本作は、ファンタジックな世界のクールなお姫様と彼女に事える専属メイドの、百合……未満くらいの微熱な感じのストーリーが展開されます。

お姫様(マオ様)も、メイドのクレハもとっても素敵なビジュアルで良かったですね。
そういえば、メイドのクレハは「猪突猛進型」のメイドさん。私の中では「慇懃無礼型」のメイドさんといい勝負をしている……そんな属性の持ち主。

ストーリーそのものは、或る意味で本当に他愛無いもので、「クールなお姫様に『好き』と云わせる為にメイドがアレコレ奮闘する」というもの。
一話一話は非常に短くテンポ良く進んでいきます。そして、一話につき、一回選択肢があり、その結果でエンドが分岐する、という仕組み。タイトルもシンプルですが、良いですよね。促音(「っ」ってヤツね)のテンポが気持ちいいなぁ。

大体、1ルートプレイして15~20分と云ったところでしょうか。
先にも書きましたが、一話一話はかなり短いんです。だけれども、全体で見てみると、その小さなエピソードやそこで語られる内容が、有機的に絡み合ってちゃんと芯のある物語になっている、というわけで、良く練り込まれた作品だと思いました。
こういうタイプの作品は、ともすれば、エピソードの羅列に終わってしまうわけですが、ちゃんとお姫様とメイドとの信頼関係や愛情(や、変な意味じゃなくって、ね)を描くという基本路線がしっかり存在しているので、作品としての纏まり感がありますねぇ。

そういえば、ツクール作品である、と冒頭で述べた気がするのですが、そこの所を少し突っ込んでみましょう。
実は本作、マウスで操作出来ません。基本、文章を送るのにエンターキーを使い、選択肢を十字キーで選びます。又、スキップはシフトキー。
最初、操作に戸惑ったのですが、慣れちゃえば使いにくいって事はありません。コンプリートしようと思うと、ちょっと大変だけど。
ミニゲームも搭載されているのですが、例えばNScripterや吉里吉里/KAGと云ったシステムにしなかった理由は、その「ミニゲームが搭載出来るか否か」という事だったようで、システムについてあれこれ云うのは無粋ですかね。

ちなみにミニゲームは非常に難しい……w
カオスレベルとかクリア出来る人いるのかなぁ?w 


メイドとして常識的な選択肢を選べば、無難にエンドを見ることが出来るのですが、所々でアレな選択肢を選ぶのも又楽しいです。
っていうか、そうしないと一枚絵のコンプリートが出来ないわけですからね。ただ、あまりハメを外しすぎると……。


一話一話は短いながらも、満足感のある楽しい作品でした。
百合っていう程百合でもないので、そういうのに抵抗のある人でも大丈夫、だと思います。お姫様好きもメイド好きも、はたまた主君と従者という関係が好きな人にもお勧めの一本。
ノリはライトですが、かなり良く練られたストーリーやその纏め方に唸る事請け合いです。


それでは、また、
[PR]

by s-kuzumi | 2010-04-15 23:01 | サウンドノベル | Comments(0)


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      なんてことない日々之雑記vol... >>