2010年 05月 05日

フリーサウンドノベルレビュー 『この世で最も残酷なキス』

b0110969_0171286.jpg

今日の副題 「乙女ちっくストックホルム症候群」

ジャンル:乙女誘拐哀愁ノベル
プレイ時間:1時間程度。
その他:選択肢一箇所アリ。バッド、トゥルーが分岐する。尚、修正パッチが出ているので適用しておく事。
システム:NScripter

制作年:2010/2/14
容量(圧縮時):54.8MB



道玄斎です、こんばんは。
気になっていた作品をのんびりじっくりプレイ致しました。大凡一時間くらいの尺ですが、読むのが早い人だったら40分くらいかな? 短編……という感じでもなく、一つのしっかりとした作品になっていたのでは?
というわけで、今回は「禁飼育」さんの『この世で最も残酷なキス』です。
良かった点

・色々と従来のノベルゲームには無かった斬新な設定が(後述)。

・作者様の“持ち味”もバッチリ活きてます。


気になった点

・今回は、やや盛り下がり/盛り上がりが乏しいか?

ストーリーは、ベクターの紹介文が極めて簡潔に本作について書かれているので、それを引用しておきましょう。
帰宅途中、中年男に誘拐されるが、その男に恋をしてしまう女子高生の物語。誘拐犯のみフルボイス付きノベルゲーム。

こんな感じ。

禁飼育さんの作品は、結構沢山プレイしましたが、波長が合う、というか、私は物凄く好きですねぇ。
多分……私の個人的な趣味によるバイアスを差し引いても、かなりの高水準のレベルの作品を創っている事、疑いの余地はありません。

ネタバレはいかん、という事なので、それだけは回避しつつ、またいつものように語っていきましょう。
引用した紹介文を見て頂ければ分かるように、ヒロインは女子高生なんですが、ヒーローというか相手役は中年です。

かつて、中年がこんなにカッコよく描かれる作品があっただろうか?
いや、そもそも中年が恋愛の相手役として存在した事があっただろうか?

答えは恐らく、否、です。
そう、強盗&誘拐犯の中年のオッサンによって、人質にされてしまった主人公が、彼と共に逃亡生活を送る中で彼に惚れ込んでいく……というそういう作品なんです。うんとざっくりと纏めると。

何故、禁飼育さんの作品に私が惹かれるのか? というと、多分……主人公の造型が好みなんじゃないかな? と思います。割と控えめで大人しいタイプ……だけれども、ちょっと達観している所があったり、飄々としている部分もある。
まぁ、ゲームでの「女の子の好み」と、現実でのソレは必ずしもシンクロしないんですけれどね。

本作の主人公もまた、そんなタイプの女の子。
ちょっとふっくら系、と明示されているのがいいですねぇ……w ビジュアルも可愛いです。ちょっぴり地味な雰囲気が溜まりませんなw
で、私が何故、禁飼育さんの作品に惹かれるのか? という答えの第二弾は、「盛り上げ/盛り下げ」のメリハリが利いているから、なのではないかと。

起承転結、或いは序破急とか、盛り上がりの位置を示してくれる言葉もあるのですが、ノベルゲームで「盛り上がり」って物凄く大事だと思うんですよね。
や、勿論、淡々とした作風の作品に素晴らしいものがある、という事もあるのですが、話を単純化しちゃいましょう。

で、盛り上がりと同様に大事なのは「盛り下がり」。
私以外で使っている人を見たことがない、造語なんですが、単純に「盛り上がり」の対義語ですw
そうねぇ……良く目にするタイプの学園恋愛ノベルゲームで云えば、「ラストへ向けての盛り上がりの前に、主人公が『もう俺駄目だわ……』と、一瞬匙を投げる部分」ですw
最終的に、彼は友人達の叱咤激励だったり、大切な彼女との思い出を糧にして、ネガティブ思考を止め、熱い行動に出たりするわけですが。

この盛り下がりの部分が、実は主人公の印象というか、パーソナリティを決定する重要な部分なのではないか、と思うんですよ。
何を、どう、何で悩むのか? その時、どういう行動に出るのか? そしてその悩みの背景には何があるのか? という、主人公のバックグラウンドや性格に関わる部分が、インパクトを持って表に出てくるのが盛り下がりなんです。

禁飼育さんの作品は、大凡、ちょっと普通の作品ではお目にかかれないような、壮絶な境遇に主人公が落とされ、苦しみもがく……んですが、それでもやっぱり、その後にソレを覆すような気持ちの良い「盛り上がり」があって、場合によってはそれを何度か繰り返しながら、ラストへ向かっていきます。
このメリハリ感、それが秀逸なんですよねぇ……。どーんと落としてぐぐっと持ち上げる。ともすれば過剰になってしまう演出が、実に作風に合っています。
うんと簡単に云ってしまえば、「読んでいて飽きない」んですよね。

一方、盛り上がり、盛り下がり以外のパート……。「日常パート」とか「共通ルート」とか云われる類のものですが、それも重要……って全部重要だね……w
いっつも使っている言葉で「心地の良い空気感」というものがあって、特に盛り上がり/盛り下がりが無くとも、「このままの状態がずっと続けばいいのに……」と思えるような、そういう日常の描写が冴えると、相互的に盛りり下がりや盛り上がりにも説得力やパワーが出てくる事が多いと思います。


さて、ここらで軌道を修正して。
本作の場合、どちらかと云えば、最後に書いた「何てこと無い日々の描写」がメインだったのかな? という感じ。や、勿論、盛り下がりはあるんですが、真っ先にそれは予想出来ちゃったので(禁飼育中毒者の称号ゲットですねw)、心理ダメージとしてはいつもの作品よりも、若干低め。
盛り上がりも、割とあっさりテイストだったかな? と。

日常の描写って云っても、強盗&誘拐犯に人質にされて、彼と行動を共にする、というかなり異常な状態での「日常」なんですけれども、ちゃんとダレないように主人公のパーソナリティに合わせたギャグ描写が出てきたりして、凄く巧みに日常が描写されていきます。
逆に云えば、この日常シーンそれ自体が、盛り上がり/盛り下がりを持っていたので、もちっとユニットとして切り離せるような盛り上がり/盛り下がりがなくても、全然作品として成立していた、という感じ。

多分……本作を端的に表すキーワードを挙げるとしたら、それは「ストックホルム症候群」だと思います。検索していただければすぐに分かると思うのですが、うんと大雑把に云うと「犯人と一緒に生活していると、情が移る」ってヤツです。

ある人Aとある人Bが居たとして、短期間で劇的に仲良くなる方法が一つあります。
それは、「一緒に食事を採る事」です。
何かモノを食べるっていうのは、非常に自分の「無防備」な姿をさらす事になりますし、食べる事は生存本能と直結したものですから、「生の自分」を見せるわけで、食事というプロセスを共有すると仲が良くなるんだそうな。

犯人と人質、という関係だとしたら、犯人は人質が逃げないように、或いは人質が死なないように(死なれちゃったら人質の意味がないですからね)四六時中、一緒にいるハズです。場合によっては人質の為に何かしてやるような、そういう事態も出てくる。
そうすると、食事は勿論、色んな日常のフェーズを共有する事になるわけですから、「ストックホルム症候群」なるものが起きるのもむべなる哉。


本作を端的に表すもの、としてストックホルム症候群を挙げたのですが、それは実はちょっぴり違うのかもしれません。いや、今更……なんですが。
というのは、本作のヒーローこと、中年のオッサンは、すげぇカッコいいんですw
先にも書いた、日常シーンの随所随所に、彼のカッコよさ、或いは優しさが見え隠れしているので、単純なストックホルム症候群とは違うかな? と今、これを書きながら思いました。

本当に、こんなに中年がカッコ良く描かれたことは、今まで無かったんじゃないか? っていうくらいカッコ良かったですよ。
女の子って総じて、年上の男が好きなんですが、ここにきて「中年」にスポットが当たるとは思いませんでしたw
女の子の年上好きって事では、私自身……「俺も歳長けてきたら、モテ期が来るやもしれぬ……」なんて思っていたわけですが、自分が決して若い、とは云えない年齢になった今でも、一度もモテ期は来ませんねw 


兎に角、中年がヒーローで、且つ通常ならば「ヒロインのみフルボイス」とある所が「誘拐犯のみフルボイス」ですから、凄い仕様ですw 
また、そこが作者様の持ち味と相俟って、いい味出してました。どちらかと云えば女性向きなのかな? という気はしますが、手頃な尺でどなたでも楽しめる作品だと思いますよ(ちょっと吟醸にすべきかどうか悩んでます……)。


それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2010-05-05 00:17 | サウンドノベル | Comments(0)


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      なんてことない日々之雑記vol... >>