2010年 05月 16日

なんてことない日々之雑記vol.288

道玄斎です、こんばんは。
案の定、まだ少し頭痛が……。というわけで、今日もお気楽な話題でお茶を濁します。



■たまには90年代

大体、私が懐かしがるものって80年代のソレが圧倒的に多いんですが、当然90年代も経験していて(ついこの間の事のようだ……)、今日はそんな90年代、今から大体20年くらい前にあった、そんな懐かしのお話を。


●第1位/「たまごっち」……69.5%
○第2位/「アムラー」……51.0%
●第3位/「プリクラ」……38.8%
○第4位/「チョベリバ、チョベリグ」……32.2%
●第5 位/「ノストラダムス」……26.3%
○第6位/「ナタデココ」……21.5%
●第7位/「女子高生ブーム」……20.3%
○第8位/「バブル崩壊」……15.8%
●第9 位/「ティラミス」……14.3%
○第10位/「エアマックス」……13.7%


「90年代の印象に残っているものは?」というアンケートの結果、だそうですが、多分……若干年齢層が若い方が中心な気がしますね。
「たまごっち」なんて云われてみれば、「ああ、確かにそんなんあったねぇ」って感じですが、云われないと気がつかない。本家本元の「たまごっち」が売り切れでパチもんが良く出回っていましたw

このランキングの中で、素直に納得出来るものは「ナタデココ」ですかね。
今となっては、割と一般的に名前を聞いたりするものだと思うのですが、何かものすごーく流行ってました。「ナタデココとは実はイカの切り身を賽の目にしたものである」なんてうわさ話がまことしやかに流れていたり。食べ物繋がり、で云えば「ティラミス」も確かに90年代で市民権を得たお菓子でした。
私の記憶が確かなら、ナタデココ→ティラミス→パンナコッタというブームの流れを作ろうとしていた人がいて、ティラミスまではそこそこ頑張ったんだけれども、パンナコッタはイマイチだった気がします。

逆に何でこれが入ってないんだ? と思えるようなものもあって、それは「ポケベル」だったり「携帯電話」です。ポケベルは殆ど使った事ありませんが、携帯電話は90年代の後半くらいから一気に普及しましたよね。

ランキングでは10位の「エアマックス」も良く覚えています。
これはスニーカーなんですよ、ナイキとかの。けれども、やたらとプレミアが付いた為に、強奪事件が起きて……とちょっとした騒ぎになりました。
当時、高校生くらいだった私もスニーカーで学校に通っていた時期があって、別にエアマックスとかじゃなかったものの、普通にナイキのテニスシューズとか履いてました。
んで、授業が終わって下駄箱に行こうとしたら、靴がすっぽりなくなっているw こういう事は何度かありましたねぇ……。いや、単純に虐められてたのかもw


90年代、っていう切り口で懐かしいものを探してみる、というのは面白いんでうが、やはり個人的ベストも書いておきましょう。そえれは「獅子座流星群」です。1999年の冬くらいでしたか、ありましたよね。
近くの丘に登って横になってずぅっと観測していました。空を非常に近く感じる事が出来る。肉眼で何度も何度も星の降り注ぐ様を見ながら一心不乱にお祈りをしていた……頃が私にもありました……w
空が少し明るくなりはじめた時点で流星の観測が不可能になったので、帰宅して一眠りしてまた学校に行ったわけですが、あの日の事は良く覚えている。宇宙と真っ向から向き合うって結構勇気の要る体験で、気負って坂の上に登ったら、先客もそれなりに多くて、かといってお互いが会話を交わすような事もなく、何か一種異様な雰囲気の会になっていた、という感じでしょうか。

そもそもその頃、既にアーサー・C・クラークの小節にはまっていた私ですから、宇宙への興味が随分と膨らんでいて「獅子座流星群を見た事で、何か特別な儀式に参加してしまった……」というような高揚感を覚えたりしました。

宇宙にはロマンがあります。
今えさへも、若干の恐怖はありつつも、宇宙への憧れはあって、2000年頃かな? コカコーラーかペプシかが企画した「宇宙旅行が当たるかも? キャンペーン」に大量のハガキ送ったりしていましたw


眠気を催してきたのと、若干小腹が空いたので、軽く何か食べてから眠るとしましょうかね。


それでは、おやすみなさいませ。
[PR]

by s-kuzumi | 2010-05-16 01:58 | 日々之雑記


<< なんてことない日々之雑記vol...      なんてことない日々之雑記vol... >>