2010年 07月 15日

フリーサウンドノベルレビュー 『フォルトゥナに口づけを -un bacio per Fortuna-』

b0110969_17274693.jpg

今日の副題 「ついに登場! Ren'Pyゲーム」

ジャンル:シリアス風味のファンタジックノベル(?)
プレイ時間:コンプリートまで凡そ1時間ほど。
その他:選択肢はないが、「質問」システムが組み込まれている(後述)。
システム:Ren'Py

制作年:2010/7/14
容量(圧縮時):32.1MB




道玄斎です、こんばんは。
今日は、出来たてほやほやの作品のご紹介。ついに……Ren'Pyを使用した「日本人向け」ノベルゲームがリリースされました。私も興味を持っているシステムなので、楽しくプレイ出来ました。
というわけで、今回は「堕天の旋律」さんの『フォルトゥナに口づけを -un bacio per Fortuna-』です。
良かった点

・Ren'Py使用の先駆者として、讃えられて然るべきだと思うw

・ファンタジックな世界観でありながら、少し翳りのあるストーリーが好み。

・プロローグ的、な位置づけではあるが、単独のシナリオとしての纏まりも持っている。


気になった点

・「質問」システムは、云われないと気がつかないかも。

・プレイする上で致命的なものではないが、若干、バグが残っている。

ストーリーは、サイトの方から引用しておきましょう。
悪魔の血、それが人間にとって麻薬と似た作用を持つことを誰が想像できようか。
想像などできなくて当然、それが悪魔の存在さえ否定するこの社会なら当たり前。
だけど、誰かが考え、誰かが犠牲になったとしたら?

中立界の軍の少尉はその人間達を追う任務の中二人の子供を助ける。
クラリスとクラウディオ、きれいな兄弟はすでに後戻りできないほどに狂わされていた――。

**多少の残酷・性などの描写があります。苦手な方はお気をつけください。

という感じです。

少しストーリーに補足しておくと、「悪魔の血」なる一種のクスリによって、狂わされたクラリスとクラウディオの兄妹を助けたのは、中立界なる世界の存在する軍の少尉エーリスという人物。
クスリの作用によって、二人の余命が僅かであるのを知り、エーリスは二人を引き取り、生活を共にするのだが……。

と、まぁこんな感じでストーリーが進んでいきます。
大きく分けて、本作は三部構成。「1.人の命 la vita umana」「2.亡霊 fantasma」「3.終結と先 epilogo」と分ける事可能。
これは、一章読み終える事で次の章に進むことが可能になる、そういうタイプですね。

どうでもいい脱線ですが、今挙げたようにサブタイトルとか、ちょっとした所でラテン語系の言語が使われています。が、これイタリア語でしょうかね? 私はそっち系だとフランス語くらいしか分からなくて……。勿論、フランス語が堪能! なんて話じゃなくて、大学の時第二外国語で習っただけですがw

英語+ラテン語系の言語を一つ知っておくと、なんとなーく便利な気はします。
私の推理が合ってるかどうか分かりませんが、「1.人の命 la vita umana」なんかも、そういう応用で意味が分かります。laってのは、女性名詞である事を示す冠詞だと思しいので、特に考えなくてもOK。問題は「vita」と「umana」です。vitaは命とか生命とか生活とか、そういう感じ。ほら「vital」とかって云うでしょ。
「umana」も分かりにくいですけれども、これって恐らく英語で云う所の「human」なんじゃないかなぁ? 字面もちょっと似てますよね。
これ、英語で書くと「The life of human」とかその辺りじゃないかな、と思います。

こうやって見ていくと(それが合っているかどうかは兎も角として)、タイトルにある「フォルトゥナ」も何となく推測可能ですよね? これも英語で馴染みの深い単語を導くと「fortune」が出てくるハズです。あの『フォーチュンクエスト』のフォーチュンですw ってこの喩えで分かる人はいるのか?w
ともあれ、幸運とかそういうフォーチュンですね。けど、これはただ幸運ってんじゃなくて、寧ろ「幸運の女神」を指しているのではないかと。
「Fortune knocks once at least at every man's door」なんて決まり文句も英語にはありますよね。この場合のFortuneも「幸運」ではなく「幸運の女神」と訳した方が良いですよね。

こういう所から作品の雰囲気なりを推測していくのが、ノベルゲーマーであり、その楽しみの一つなのですw
あー、今日は脱線しまくりですねぇ……。ここんところ、中々レビューを更新出来なかったのでフラストレーションが溜まっていたのかもしれませんw


さて、肝心の中身の方に入っていきましょうか。
Ren'Pyという、日本ではあまり馴染みの無いシステムを使用しているのですが、プレイしていて違和感を感じる事は殆どないと思います。いつも通りの操作でプレイ出来ます。
逆に……デフォルトのRen'Pyのシステムを良くここまでカスタマイズしたなぁ……という驚きの方が大きいですねぇ。個人的にはデフォルトのものでも全然いいんですけれども、より「お馴染み」な感じにスッキリとカスタマイズしてくれています。

で、ちょっと憂いを含んだ軍人エーリスが、謎の組織によって、言葉は悪いですがおもちゃにされていたクラリスとクラウディオの兄妹を引き取り、その最後を看取っていくんですが、後書きを見れば「プロローグ的」な作品、だと書いてあります。
確かに、何の気も無しにプレイするとそういう部分があります。そもそも「謎の組織」自体が明らかにされてませんし、「軍」の存在や、「人界」やら「中立界」という世界観の部分もサラリと記述されており、シナリオそのものにはそこまで深く関わってきません。
けれども、「そういう世界があるよ」という前提の元で話が進んでいくので、そこに決定的な消化不良感が生じたりする事が無いのはいいですね。意味深な言葉なり単語なりが意味深なまま放置されたりすると、やっぱり気になっちゃいますからねぇw


本作の大きな特徴は「質問」システムです。
普通に会話なりを見ていく際に、画面上の「?」マークが、一瞬半透明のものからクッキリと黒色で浮かび上がってくる瞬間があります。
その時に「?」マークを押すと、「質問」を投げかける事が可能になり、ストーリーが更に拓けていく。そんな作りになっていました。

確かに、最初から表示されている三章だけを読むと、プロローグ感は強いのですが、各章の隙間を埋めていくストーリーを見る事で、これはこれで「一個の作品としても纏まっている」と気がつけるようになっています。
ちなみに、私が「質問」システムに気がついたのは、一渡り三章までプレイしてタイトル画面のExtraから「あとがき」を読んだ時ですw

ここは、ちょっと気になった点とも重なるので書いておきましょう。
果たして、初見でプレイしてこの「質問」システムに気がつく事が出来るのか? と云われたら、恐らく7割くらいの人は気づかないんじゃないかなw そして、私と同じく「あとがき」でそれを知り、「何だろう?」と疑問に思いつつも放置していた「?」マークに注目するようになる、とw。
中々に難しい事だと思うんですが、もうちょっと「?」マークの存在感とかがあると、ナチュラルに「質問」システムが実装されている事に気がつけたのではないかと思います。例えば、質問すべきタイミングが来たら、一瞬ウエイトが掛かって、「?」マークが2、3回点滅する、とかね。

そうは云っても、取り敢えず、デフォルトで示されている三章をプレイした後に、「質問」で現れてくるストーリーをプレイした方が良い気はするんですよねぇ……。ここらへんは好みの問題ですけれども。個人的には、そういうプレイの仕方をお勧めしておく、ってことで。


で、もう一個の気になった点は、まだ若干、誤字なんかがあったり、バグが出てきたりしている箇所がある、という所。
勿論、最後までプレイ出来るんですが、一瞬「え?」となってしまうバグがありました。「質問」をしたりしていたら、シナリオが巻き戻ってしまった箇所があったりして。
NScripterや吉里吉里/KAGのように、分厚い(そして日本語の)参考書が出ていない、Ren'Pyというシステムですから、このくらいのバグは見て見ぬフリをするのも良いかもしれませんw


イラストも含め、全てご自身でお作りになられている意欲的な作品でした。
Ren'Py製の作品が出てきた、って事も嬉しいですけれども、少し翳りのあるストーリーや世界観が私の好みでした。そういう設定だからこそ、ちょっと感動的なシーンもより一層冴えるんですよねぇ。

これは、多分……続編が次々とリリースされていく、という形態なのかな?
是非、全てのシナリオが出来上がったら一つの作品として発表して欲しいですね。次回作も凄い楽しみです!


というわけで、久々に脱線多めになっちゃいましたが、今日はこんなところで。
それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2010-07-15 18:48 | サウンドノベル


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>