久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 21日

なんてことない日々之雑記vol.315

道玄斎です、こんばんは。
今日も今日とて何てことない日々の話題でお茶を……w



■疲れた

ちょっと色々用事があって、北の方まで行ってきました。
東京と10℃くらい気温が違うので、びっくりですね……。この時期にして既に、コートにマフラー無しじゃ過ごせないかも……。

で、まぁ散々な目にあって帰ってきたわけですが、それは割愛しておきましょうw 強いて云える部分があるとせば、「江戸時代だったら切り捨て御免が成立するだろう」とか、「恥がましくて、切腹したい!」とかそういうのばっかりw

それはそうと、空気がね、全然綺麗で澄んでいて良かったですねぇ。
向こうから見ると、東京では、塵芥にまみれて生活しているんだなぁ……と、本当にそういう感じですね。あちらは空気がパリッとしていて、爽やかそのもの。
空気のせいかどうか分かりませんけれども、不眠症気味の私がぐっすり眠れたんだから、驚くべき事です。

いや、これ、何度か書いたり話したりした事あるような気がするんですけれども、私、毎晩ね、凄い大量の夢を見るんですよw そのせいで朝起きてもぐったり……というか、そういう日々。
それが、ことんと眠りに落ちて、すくっと起きられた、というわけで、自分自身が吃驚しました。お水が冷たいのも良い感じ。
脳みそが、ちょっとクリアになっているというか、そういう感覚。あちらに住んだら、この感覚が持続出来る……と思えば、向こうへ永住したくなるような気もするんですがw

ざっくりとした印象としては、「私の知ってる日本」とちょっと違う感じがする、って事ですかね。
いや、勿論、そこに否定的なニュアンスは無くて、ですよ?
関西と関東の間にある差異よりも大きなものが、横たわっているような……。過去に一度だけ行ったことはあるんですけれども、何て云うか、観光名所っぽい所ばかり見ていて「街の空気感」みたいなものは、その時肌で感じなかったんですよ。
だから、本当に市井の中に入り込んで……みたいのは初めてで、新鮮な体験でしたね。


まぁ、彼の地の事はさておいて、飛行機は恐かったですねぇ……。
行きは、明け方の飛行機だったので、睡眠を取らずに空港に向かいました。お陰で、離陸の瞬間麻酔が掛かったみたいに眠ってたので、何とか恐怖を克服(?)する事が可能でしたが、行きはよいよい帰りは恐いってわけで、帰りの飛行機は夜でした……。

あの、「ふわっ」と浮かび上がる瞬間……アレが厭なんですよねぇ。
着陸も、何段階かに分けて、「ふわっ」と降りていくじゃない? 本当に恐いですよね……。鉄の塊が空を飛んでいる、という事も意識したくないけれども、そういう時にはどうしても意識してしまいますし。。。

何だかんだで、温泉にも入っちゃいましたし、結構エンジョイしました。
また、何かの機会で是非行ってみたいですね。


というわけで、また近々ノベルゲームのプレイ、再開予定です。

それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2010-10-21 21:06 | 日々之雑記 | Comments(0)


<< なんてことない日々之雑記vol...      なんてことないラジオ予告vol.3 >>