2010年 10月 30日

フリーサウンドノベルレビュー 番外編 『のべるのじかん』

b0110969_2037954.jpg

道玄斎です、こんばんは。
今日はなんだか又しても久しぶりな気がしますが、ゲームをプレイしたので、その記録……所謂レビューですね。何となく、まだ調子が悪いので、超大作とかは後回しにして、短いながらも味わい深い作品、をチョイスしてきました。
というわけで、今回は「LAT」さんの『のべるのじかん』です。


ここ最近、天候とかと相俟って、ちょっとダウンしていたのですけれども、ちょっと、くすりと笑えるような、そんな作品で、ちょっとプレイしていて気分が軽くなりました。

ちなみに、この作者さんの作品は、全部プレイしているのですけれども、まさかこういう作品を作るとは意外でしたねぇ。割といつも「泣かせる」というか、感動的な作品が多かっただけに、良い意味で意表を突かれた感じ。
ジャンル分け……というか、そういうのを無理にしようとすれば、きっと「ギャグ」というか「コント」というか、そういう方に入るのかな? 若干、例の「フリーソフト」シリーズに近い感触があったりなかったりw

こういう作品だとスクリーンショットをどこから撮ってくればいいのか、凄く悩むんですが、今回は思わず爆笑してしまった場面を取ってきましたw
ノベルゲームを題材にしたコント集という趣ですけれども、個人的に一番ギャグとして面白かったのは「オープニング」なんじゃないかな? と思ったりしますw

何て云うか、「ノベルゲームを題材にしたギャグを、まさしくノベルゲームで行う」という二重の構造が私、凄く好きでして、こういうのって、何となく不思議な感触を覚えたりしません?
いつもみたいに、シリアス、感動というのとは一味違って、これはこれで、息抜きにピッタリの楽しい作品になってましたね。

基本の路線は、「のべるズ」なる男2女2の四人組が、ノベルゲームを使って、コントをやっていく……というそういう感じです。
お! と思ったポイントとしては、意外な程この4人、クセがないんですよね。ギャグでガシガシ押していく、というタイプでありながらも、キャラクターはそこまでアクが強くないというか、割とさっぱり風味で、だからこそギャグだけが妙に上滑りする事なく、楽しめたのかな? なんて思いますね。


そういえば、久々の脱線なんですけれども、本作、「ふりーむ」で落としてきました。
で、ふりーむでダウンロードページに飛ぶと、ご丁寧に「84724K(ISDNで約243分)」なんて、作品のサイズとダウンロード時間が表示されるわけですが、ISDNで何分ってのは、2010年の今、一体どれほど役に立つんだろう? とか思ったりしますw

昔は、80MBも容量があったりすると、ダウンロードを諦めざるを得ないような、そういう部分もありましたけれども、今は本当に便利になりましたね。
だけれども、ISDNなんてのもかなり画期的だったんですよね、昔は。導入した時にはあまりの速さにブッたまげたもんですが、その速さを以てしても、4時間くらい掛かる容量が、今はあっという間にダウンロード完了してしまうわけで時の流れの無常を感じますw

東京は今晩(というか今?)、台風で厭な天候ですけれども、こういう楽しい作品をプレイすると、幾分気分も楽になるのではないでしょうか?
ちょっと鬱々として、塞いでいる方にお勧めの作品です。明日も何か楽しく素敵な作品をプレイ出来たらいいな、と思いつつ。



それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2010-10-30 20:37 | サウンドノベル | Comments(2)
Commented by ケイトー at 2010-11-01 13:44 x
はじめまして。 ケイトーといいます。
いつもブログ楽しみに拝見しています。

今回は、「のべるのじかん」を取り上げていただいて、ありがとうございました。m(_ _)m
趣味に走った作品でしたが(笑)、少しでも楽しんでいただけたら幸いです。

また、過去にもウチの作品を取り上げていただき、感謝の言葉もないです。(^^
お礼が大変遅れてしまい、申し訳ないですm(_ _)m
それでは、簡単ですみませんが、失礼致します。
今後もブログ楽しみにしています(^^)
Commented by s-kuzumi at 2010-11-02 20:12
>>ケイトーさん

こんばんは、はじめまして。
こちらこそ、いつも作品をプレイさせて頂いております。正直、まさかこんな作品が出てくるとは思っても居らず、良い意味で予想を裏切られましたw

こちらこそ、ブログをお読み下さっているとの事、大変励みになります。
また、素敵な作品楽しみにしていますね。この度はわざわざの書き込み本当に有り難う御座いました。

それでは、失礼致します。


<< なんてことない日々之雑記vol...      なんてことない日々之雑記vol... >>