久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 21日

なんてことない日々之雑記vol.332

道玄斎です、こんばんは。



■ダウン

なーんか、何もかも疲れてきたなぁ……。
調子悪し。

ここんとこ、このブログ、放置気味ですけれども、別に撤退しようとかそういう事は、今んとこ考えてません。また、調子良くなってきたら、細々と続けて行ければ、と。



■マンガ

ここ一月ほど、私の大好きな谷川史子さんのマンガが立て続けにリリースされていました。
内、二冊は所謂「文庫再録本」なんですけれども、勿論購入しました。

ハッピーエンド系の作品と、失恋系の作品と分けられているんですが、どちらにも良作が入ってます。
近年の谷川史子作品は、イマイチ共感出来ない……とか云ってたんですけれども、それでもやっぱり良い味出してます。

ちなみに、帯がついてまして、ハッピーエンド集では「素敵なハッピーエンド、突き抜ける!」なんて、あまりヒネリのない文句でしたが、失恋集では「恋の哀しさは、時にとても甘い…」なんて書いてあります。
何となく、これには承伏しかねる……。

恋の哀しさに甘さなんて無いよね……。舌に残る苦みだけが、延々と続く……というのが実情なんじゃないかしら……。
逆に、そこに甘さを感じ取ってしまったら……それはなんか「純度」が低いような気もするんです。
延々と後悔して、眠れない日々を重ねて、そしていつしか記憶の彼方に放り込まれて、時折、チクッと痛みを思い出して……ってのが、個人的な経験なんですけれどね。

そこに甘さを見いだすんじゃなくて、その残り続ける苦みとどう対峙していくのか、っていうのが、やっぱり大きな問題で、昔の谷川史子作品にはそれがあったんだけれどもなぁ……。

ちなみに、失恋集の方では「プリズム」っていうのが一番好きでした。
又、凄くいいセリフあったので、引用しちゃいましょう。


                   “今 ちょっとだけ  私を 好きでしょう?”



それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2011-04-21 21:13 | 日々之雑記


<< なんてことない日々之雑記vol...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>