「ほっ」と。キャンペーン
2011年 05月 28日

フリーサウンドノベル関係の雑記 箸休めvol.47

道玄斎です、こんばんは。
今日は箸休め。たまにはこちらも更新しておかないと、ね。



■時に見返すセーブデータ

気に入った作品を、日をまたいで再度プレイする、という事は割と良くあります。
ノベルゲームという作品は一度読了してしまえばお終い、という一回的なものではあるのですが、何度か繰り返してプレイする事で、良さが見えてきたり、初回プレイ時には気づかなかった所に気がついたり……そんな事があるわけです。

そう考えてみると、本なんかと近いかもしれませんね。
同じ本でも、年を取って読んでみると、また読み方が変わったり、凄く響いた作品が、何故か空疎に思えたり。そしてその逆も又然り。

まぁ、それは兎も角、複数回、作品をプレイしていると妙な事に気がつきます。
それは「セーブデータ」に関する問題です。

私だけ……かもしれませんけれども、「どれ、あの作品をもう一回プレイしなおしてみるか……」と思い、ゲームを起動。で、何気なくセーブデータを見ると、まさに「一年前の今日」にプレイしていた事を示す記録が残っていたりします。
そこまでピッタリ一致しなくても、同じ月に毎年プレイしていたり、とかね。

割と、季節感がある作品……だと、そういう傾向があるような気がしますねぇ。
毎年連休になると、アレをプレイしたくなりますしw

とはいえ、季節感が薄い(一年丸々描くような作品だったり、ギャグだったり)作品であっても、やっぱりセーブデータを見てみると、似たような時期にプレイしているんですよね……。
基本的に、ノベルゲームって、「ノベル」であるわけですから、人間の情緒っていうか、そういう所に訴える何かがあるわけです。

そうすると、何かしら「感じやすい」時期に、ある特定の作品をついつい無意識にプレイしてしまう……というのは意外とあり得る……ような気はします。
こういう所、ノベルゲームをプレイしていて、面白い部分ですね。作品本体、とはあまり関係がないけれども、それを享受する側、として楽しめる部分……という感じでしょうか?


何度もプレイしている、「お気に入りの作品」がある方は、是非、過去のセーブデータ、見てみて下さい。意外と、同じような時期にプレイしているんじゃないかと思いますよ。



■結構楽しい生放送

んで、まぁ、何だか最近、やったらめったら例の生放送をやっているわけですが、最近、ご婦人方が来てくれないものか……と思い、それっぽい(?)ゲームを朗読実況、という試みをしていますw

まぁ、所期の目的は果たせている、とはとても云えない状況なのですが、結構面白いですw
私自身、初めてプレイする作品をチョイスしていますから、視聴して下さっている方と「この後、○○になるんじゃないか?」とか「このキャラはもう出てこない……か?」とか色々推理したりして、読んでいきますw
勿論、時に突っ込みを入れながら……。

推理は外れる事もあり、当たる事もあり。微妙に掠る事もありw
ゲームを、自分一人じゃなくて、視聴者の人と楽しんでいく……というのは、やっぱりあの生放送ならでは、のものかな。

で、そろそろ……今プレイしている作品もラスト……に差し掛かってきたかな? という感じ。
あと、2回くらい放送すれば、多分……読了出来るハズ!
ちなみに、取り扱っている作品は、「堕天の旋律」さんの『君の記憶』というBLテイストのもの。

女形(?)の雪村君が、なんつーか気を持たせすぎっつーかw
男ではあるのですが、非常に女性的な造型で、プレイしていて妙にやきもきしたりします。
まぁ、実際居るんですよ。こっちが勇気を振り絞って「君が好きなんだ!」と思いの丈を述べても、どちらとも取れるような受け答えをして、ハッキリしてくれないような人……。

で、こっちも悪い方にハッキリされても困るから、「と、取り敢えず現状保留だ……」とか何とか、自分を誤魔化している内に泥沼に入り込む……。経験ありませんか?w

女はおっかねぇ……女は油断ならねぇ……。



という辺りで、また夕飯でも食べたら、実況放送しましょうかね。
多分、今回でお終い、になるハズ! もし良ければご試聴下さいましたら幸い。



それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2011-05-28 18:26 | サウンドノベル | Comments(0)


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>