久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 26日

4周年記念

道玄斎です、こんばんは。
今日は何だか寝付けないので、こんな時間に記事を綴っております。



■気がつけば4周年

よくよく考えてみたら、早いもので、もうこのブログも4周年を突破していましたねぇ。
七月中に、取り敢えず「4周年を迎えました」とご報告出来て良かったですw

なんか入院とか退院とかでバタバタしていて、すっかり失念していました。
んー、まぁ、当事者である所の私が「4周年だぜ!」って云っても、何だかそれはそれで白々しいんですけれども、このブログを読んで下さっている皆様、そして素敵な作品を生み出し、公開して下さっている作者様に最大の感謝を。

改めて振り返ってみると、長かったような、それでいてあっという間だったような不思議な感覚があります。
って、例年同じ事を書いてないか心配ですけれども。


この一年の中での最大のトピックは、やっぱりNovelers' Materialの開設、かな。
ブログの方は割と停滞気味だったわけですけれども、ノベルゲームの世界に寄与できるような、そうした企画が実現してちょっと嬉しいですね。

まぁ、一応責任者が私って事になってますが、インフラを調え実際の作業をやって下さっているAura911さんだったり、私の我が儘全開のデザインを担当してくれているきりかさんだったり、すぐにアップロード出来る素材を持ち、制作者の視点からもアドバイスを下さったNaGISAさんだったり、使い勝手の良い楽曲をアップロードしてくれ、尚かつ地味かもしれないけれども、本当にこまめにNMの管理をして下さっているとくむさんだったり、が居てこその企画だったと思います。
更に……作者登録して、素材をアップロードして下さっている方々、そしてそれを利用して下さっている制作者の方々あってこそのNMなのです。

                ごめんなさい! 私は何もしていません!!!w


うん……何もしてないわ……ホントw
なんか気味の悪い和風ホラーの曲とかは作ったけどさーw

けれども、NMが開設された事で、曲は結構作った気はしますね。
まーた、私の作るのは使い勝手が悪いか、やたらめったら限定的な用途でしか使えないような、そういう曲が多いんだけれどもね。

そもそも、ノベルゲームとここまで付き合ってこなければ、恐らく私は一生、一曲も作らなかったんじゃ……という可能性も大いにあったわけで、新しい趣味(?)を増やしてくれた、ノベルゲームには本当に感謝しています。

いや、だって、三歳でピアノを強制させられて、嫌々ながらも三年間はやって、基礎のソルフェージュは修めたけれども、音楽なんてからっきしだった訳で。
数年前に「ノベルゲームの曲つくりてぇ!」という闇雲な衝動に駆られて(なんで、そんな気を起こしたのかは、今以て不明)ヨドバシカメラに走らなければ、絶対に曲なんて作ってなかったもんね。

シーケンサーっていうか、DAWの使い方だって分からなかったし、コードとか全然分からなかったし、本当に手探りで始めて……。
なんか感慨深いなぁ……。

DAWも「俺の感性に合ったものを!」と探し、求め続けた結果、FL STUDIOという素晴らしいDAWに出会う事が出来ました。他の人にとっては、どうか分からないけれども、少なくとも私にとってFLは「最速で、作りたいものを作れるDAW」なのです。
お琴っぽい音源を買い足したり、トラウマになっているオルゴールのサンプリング音源まで購入したりして、使い勝手もドンドン向上させています。

気がつけば、モニタースピーカーはあるわ、それなりに使えるヘッドフォンはあるわ、オーディオインターフェイスはあるわ、MIDIキーボードはあるわと環境も整っちゃったわけで、アマチュア音楽制作者としては、十分なんじゃないかしら。

ノベルゲームも昔からプレイしていると、音楽のフォーマットの変化に気づいたりもします。
昔はMIDIが多くて、その後はmp3が主流になって、最近ではoggがチラホラ注目されて来ている、とかね。幸い、FLはoggで書き出す事が出来るので、最近はmp3版とogg版の二種類アップロードするようにもなりました。


勿論、音楽だけじゃなくって、ちょっとした写真一枚からアップロード出来るのがNMの魅力の一つですから、たまに私も「この風景は使える!」って瞬間があると、こっそり写真をとって、アップロードしています。

ちらりほらりと、そんなNMの素材を使って下さっている作品を目にする事があったりすると、何とも云えない感動はありますよね。



「他のノベルゲームレビュワーがやらない事をしよう!」というのが、一つのコンセプトですから、随分、まっとうな(?)ノベルゲームレビュワーとは違う道を歩んできてますねw 客観的に見てみると(完全なる客観は自分では無理だけれども)、相当変な人だと思いますよw
勿論、他との差異は出しつつも、「飽くまで草の根活動」という路線は変えない積もりですけれども。

そういえば、ここ一年くらいかな? 洋物のノベルゲームのレビューなんかも、時たまやるようになりましたね。最近は、時間的な都合だったりであまりプレイ出来ていないんですが、また、折りを見て洋物ノベルゲームもプレイしていきたいですね。


で、退院してきてから、結構ハイペースで更新を続けてきたんですが、そろそろリミットです。
体力がリミット、なのではなくて、時間的な余裕の意味でのリミットです。
ちょっとこれから忙しくなって、また途切れ途切れになりそうな予感がヒシヒシしています。

けれども、私がノベルゲームをプレイしなくなる、なんて事は恐らく、よほどの事が無い限り(ノベルゲームをプレイする習性を直したら、結婚してあげる、なんて云われたら、ちょっと迷う)プレイし続けるでしょうし、自分が楽しめた作品を、レビューという形で紹介し続ける、と思います。

というわけで、五周年目を目指して、マイペースでやっていきたいと思います。
どうぞ、これからも宜しくお願い申し上げます。



道玄斎 敬白
[PR]

by s-kuzumi | 2011-07-26 02:39 | 日々之雑記


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>