2012年 01月 01日

謹賀新年~2012年、正月~

道玄斎です、明けましておめでとう御座います。

昨晩、NaGISA netのNaGISAさんとのラジオ番組にお付き合い下さった方、本当に有り難う御座いました。NaGISAさんと一緒に年を越すのは、これで三度目ですw なんだか寂しいコンビだなぁ!

取り敢えず、年賀状を……。
去年よりは手が込んでるよ!!!
b0110969_5143820.jpg




■2011年の反省会

というわけで、2011年を振り返ってみましょう。
確か、2011年のの正月、私は「今年はなるべく脱線しない」と宣言したわけですが、結構……実行出来たんじゃないかな? って気がしますね。

途中一回、ぶっ倒れる、というアクシデントがあったものの、何とか無事にゲームを楽しむ事が出来ています。
ただねぇ……正月早々アレですけれども、なんとなーく、昨年の六月末に私がぶっ倒れた時に感じた、妙な頭痛が最近するんですよね。
あの頭痛が酷くなると、痛みで眠れなくなります。私は3日か4日一睡も出来ませんでしたね。んで、医者に行ってみたら即入院させられるという憂き目を見たわけです。
今回は……そうならなければ……いいなぁ……。


っと、まぁ、それはさておき。
2011年を振り返って、特に後半で印象深かった事は、「ノベルゲームをプレイする」というフェーズから、よりノベルゲームを楽しむために、「ノベルゲームを作る」というフェーズに移行する人がいた、という事です。それも結構身近な人だったりして。

既に一本、作品を世に出した人もいますし、今、まさに制作中、という人もいます。
そんなに高度な事(や、カッコいい演出)を考えなければ、意外と簡単にゲームは作れちゃうんです。
取り敢えず、という意味で、習作的作品をドドンと出してもいいですし、或いは、もっと高みを目指してじっくり作るのも亦良し。
NScripterでしたら、「文字を表示させる」とか「改行する」とか「クリック待ちを入れる」とかは、非常に簡単です。で、ややこしい選択肢分岐とかが無ければ、そのくらいの機能で十分でしょう?

何か、思い切って制作して、作品をリリースした人の談によれば、「完成すると結構嬉しい」だそうで、ちらりほらりと感想なんかもメールで送られてきているそうな。
もしかしたら、ここを見て下さっている方の中に、そのゲームをプレイした人もいるかもしれませんね。


ともあれ、ノベルゲーム制作、に乗り出した人がいる、というのは嬉しいですね。
今まで、色々なノベルゲームをプレイしてきた経験を活かして、作品を作れば、きっと良いものが出来るハズ! 是非、皆様も2012年、ノベルゲーム制作にチャレンジしてみて下さい。そして、完成したらこそっと私に教えて下されば幸いですw



■そして今年の目標

今年の目標は、「立ち返る」です。
既に、お気づきの方がいらっしゃると思いますが、過去にレビューした作品の一覧を作っています。まだ、リンクとかは張ってないので、ちょっとアレなんですが、ブログの最大の短所、ともいうべき「一覧性に優れない」という欠点を補いたい、という事でやっています。

そんな感じで、ガンガン新作をプレイする……というよりは、少し過去に書いたモノを整理したり、そういう事が出来たらいいな、なんて思います。勿論、ゲームプレイはいつもと同じで続けていきますけれどもね。

まぁ……出来たら……ブログはブログとして残しつつも、静的なHTML(とCSS)で、ちゃんとしたウェブサイトを持ちたい、と、ずっと思っているのですが、如何せん、私、もう何年もHTMLなんていじってませんし、CSSとか些かキツイw
なので、「俺がやってやろうか?」なんて奇特な方が現れるのを待っているのですが……名乗りを上げてくれる方、いらっしゃいませんかね……?


そういえば、今年はNM絡みでも企画がありまして、順調に進行しているようです(私はノータッチの企画だ)。
丸一年経って、少しづつ浸透してきた……と信じたいNMなのですが、ご利用頂けてますでしょうか? 私の妙に使い勝手の悪い曲や、他の人の妙に使い勝手の良い曲などが満載ですw
効果音の類や、背景素材、最近では少しツール絡みの素材、なんかも増えてきていますので、まだ利用した事がない、という方は、これを機会に是非ご覧になってみて下さい。

一応、ちょっとした使い方のコツがあるんですが、BGMは「視聴」出来ます。
良く画面を探せば「省略表示」と書いてある所があるハズ。そこをクリックしてやれば「展開表示」を選択出来ます。すると、BGMや効果音などは視聴出来るようになるので、おためし下さい。


あとはなんだろうなぁ……。
ああ、「立ち返る」に関係して、昔プレイした作品をもう一度プレイし直す、という事も積極的にやっていきたいですね。
最近だと、昔懐かしの名作、を取り上げたりしたのですが、それもこの「立ち返る」ということの一環です。

再プレイ、場合によっては三回目、四回目のプレイなんかもあり得るわけですが、改めて読み直す事で見えてくるもの、っていうのも絶対にあるはずですから。



ま、大体こんな所でしょうね。
それでは、皆様、良いお正月をお過ごし下さいませ。
[PR]

by s-kuzumi | 2012-01-01 05:14 | 日々之雑記


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      レビューリスト >>