久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 21日

フリーサウンドノベル関係の雑記 箸休めvol.50

道玄斎です、こんばんは。
今日は、少し、ノベルゲーム絡みの話をしながら、いつもの様にダラダラと。
とか云いつつ、箸休めも、もう50回ですね。



■ちょっと気になるあのゲーム

VIP系の作品は、完成すれば大抵の場合、良作となります。
何しろ、ソッチのうるさ型が作っているので、それもむべなるかな、という感じです。

大凡の傾向ですが、「グラフィック」に拘った作品が多い気がしますね。
なので、実を云えば、「フリーのノベルゲーム」というよりは、「同人ノベルゲーム」の方に近いベクトルを持っています。

勿論、綺麗なイラストが付いていれば嬉しいですし、ふりーむ! といったダウンロードサイトを利用すると、スクリーンショットが見られますから、イラストでの訴求力もあるわけです。
やっぱり、綺麗なグラフィックが付いている作品の方が、ダウンロード数が多いというのも、亦事実なのです。

でも、だからこそ、「文字だけだけど、良い作品を」を、こういうブログで紹介していけたら、と思っています。
本当に、文字だけだったり、或いはあまりイケてないイラストが付いている作品でも、内容が良いもの、は沢山あります。
とはいえ、やはり近年の動向としては、フリーのノベルゲームでさへも、美麗なグラフィックが付いているのが当たり前のようになってきましたね。

ちょっと前までだと、「どこかで聞いたことのあるBGM」「見たことのある素材」なんかがてんこ盛りで、それでも尚、面白い作品、なんてのがあったんですが、最近、そうした作品はドンドン少なくなってきていますねぇ。


ま、話を戻すと。
良く、ノベルゲームを分類する時、私は「商業」「同人」「フリー」という三つの分け方をするわけですけれども、VIP系というのは、このどちらにも属さない、不思議な立ち位置ですよね。

フリーで公開される事が非常に多く(中には、途中でシェア版を売るものもアリ)、且つ、同人……ひょっとしたら商業のレベルのグラフィックが付いていて(実際プロが手がけてるケースもアリ)、シナリオの尺もそれなりにあって、読了すれば満足感がある。

実に不思議な立ち位置じゃないですか。
便宜的に、私はきっとこれからも「商業」「同人」「フリー」の三区分を使い続けると思いますが、こうしたVIP系の作品を見ていると、「商業」「同人」「フリー」「VIP系」の四区分にしたくなる誘惑に駆られますw


さて、本題ですが、実は私が密かに楽しみにしているVIP系の作品があるので、それをご紹介。
その作品の名は、「い~びる☆あいっ!」です。

ヒロイン全員が重度の中二病という、かなりの変わり種。
そういえば、『にぃにぃ☆にぃとだうん』なんてのも、かなりの変わり種でしたよね。直球の恋愛ノベルがリリースされる事もあれば、こうした一味違う設定を持った作品、が時折出てくるのもVIP系の特徴でしょうか?

タイトルの『い~びる☆あいっ!』は例の「邪気眼」から採ったものと思しいわけですが、単純に「Evil Eye」と云った場合、「邪視」「見毒」なんてものを指す事が多いような気もします。

まぁ、それは、見るだけで人を殺せるような、特殊能力(既に中二病だw)で、古来より恐れられてきたものです。
と、昨年の目標の一つであった「なるべく脱線はしない」という目標を今年で破ってしまっているわけですが、まぁ、レビューの中ではないので、許して貰えるでしょうw

で、正直、『い~びる☆あいっ!』の完成は絶望的かな……という気がしていたのですが、どうも、着々と制作が続いているようです。
完成するのは、もうちょっと先かな? という気はしますが、少しづつでも完成が近づいている事、非常に楽しみですね。

正直、この作品は是非プレイして紹介したいと思っているので(中二病だけれども、お嬢様なんだぜ……)、完成したら、いち早くプレイする予定。


「もう、完成は絶望的かな……?」なんてVIP系の作品のHPを見てみると、意外と少しづつでも前に進んでいる作品があるのは心強いです。

ともあれ、『い~びる☆あいっ!』、期待しています!!


というあたりで、今日はこのへんで。



それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2012-01-21 01:38 | 日々之雑記 | Comments(0)


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      なんてことない日々之雑記vol... >>