2012年 03月 16日

なんてことない日々之雑記vol.365

道玄斎です、こんばんは。
ここ数日、どうにもこうにも、頭が重たくて、日中苦労します。
何故頭が重たいのか、というと……。



■これが不眠症

簡単に云えば、「良く眠れていないから」ということになりますが、不眠というヤツも奥が深くて。
どうやら、一口に不眠、と云っても、その様態は様々なようです。
例えば、疲れて疲れて「よし、やっと眠れる」と布団に入っても何故か眠れない。或いは、運良く眠りに就くことが出来たはいいけれども、夜中に目が覚めてしまう。それも二回、三回と。

この様に、不眠にもいくつかの型があるらしいです。
ちなみに、私はそのものズバリの「眠れない」と、「眠りが浅い」です。確かに体は疲れてるんです。夕方頃になると欠伸が出るのは、健康な感じがします。

が、布団に入っても何故か眠れないのです。
寝返りを幾度となくうって、それでも眠れずパッと時計を見てみれば、午前四時。
「なんてこった……」と半分うなだれていると、ようやく眠気がやってきて……。

という感じですね。
こういう状態が長く続いたので、医者にかかった所、所謂睡眠薬が処方されました。
で、眠れるようになったのか、というと、実はさにあらず。
そりゃ、最初の頃は「こりゃ、死ぬほど便利な薬だ……」と思ってしまうくらい効いたんです。けれども、この手の薬は何故か段々効かなくなるという定めがあったりします。
ですので、薬を変えて、また変えて……とやって、今に至ります。

でも、今以て寝付きの悪さは天下一品です。
夕方頃から欠伸が出てきて、薬を飲んだら薄ぼんやりと眠気も起きる。だけれども、中々眠りに就けないのでした。

更に厄介なのは、夢、の存在です。
夢には、凡そ二つの意味があって、「将来、素敵なお嫁さんになるの!」みたいな、将来への願望と、眠っている時に見える(?)映像です。
ここでは勿論、後者の方です。

で、私は毎晩毎晩、バカみたいに夢を見ます。
それも大体長編。夢というと、何となく断片的な映像や場面が出てくる……という人が多いかと思いますが(私も嘗てはそうでした)、私の場合、或る程度明確なストーリーを伴った夢、を見るんです。
そして都合の悪い事に、そうした夢の大半は、所謂悪夢だったりします。
これは結構辛いですよ。夢を見る(私の場合フルカラーだ)という事は、取りも直さず脳みそが休んでいない、ということですから、私の脳みそは殆ど一日中稼働しています。元々デキが悪いのに稼働しても意味がない気がしますが、動いている以上仕方がないのです。

そう云えば、「連載モノ」の夢を見たりもしますよ。
夢を見ていると、「あっ、これはこの前の続きだ!」と認識出来る瞬間があるんです。かと云って、夢の中のストーリーに自分の意志が介入していく事は不可能なので、延々と流れ続ける映像/ストーリーを見る事になるわけです。



まぁ、大体毎晩毎晩、こんなんで悩んでるのが不眠症の人、という訳です。
そこには「日中ちゃんと体を動かせばよく眠れる」とか「もっとゆったりとした気持ちになれば眠れる」とか、「カフェインを採らないようにすれば眠れる」という様な論理は成り立ちません。

日中、激しく運動していても眠れないものは眠れませんし、ゆったりとした気持ちになれないからこそ、悩んでいる、とも云えるわけですし、カフェインを採らないなんて古典的な対策は、とっくに実践しています。

だからこそ、薬、という謂わば最終手段に出ているわけで、それでも中々眠りづらいときているものですから、結構苦しいのです。
それに、薬は、次の日まで「残る」んです。つまり日中にぼーっとしてしまったり、頭が重たくてどうにもダルかったり。なので、薬の調整とか、眠る時間の調整とか色々総合的にやらないとマズイみたいです。



と、まぁ、つらつらと例によって書きましたが、大体不眠症について分かって頂けたのではないでしょうか?w
そんな訳で、ここんところ、ノベルゲームのプレイが完全に停滞しています。
なんかこうね、サックリプレイ出来て、内容がギュッと詰まってる。そんな作品があったらなぁ、と思います。誰か紹介してくれないかしら。


今日こそ、ちゃんと眠れたら……という一縷の望みを託して筆を擱くことにします。



それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2012-03-16 18:56 | 日々之雑記


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      なんてことない日々之雑記vol... >>