久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 29日

フリーサウンドノベルレビュー 『ONIGAWARA』

b0110969_13344484.jpg

今日の副題 「我が名はブルーフレイムッ!」

ジャンル:中二病ノベル(?)
プレイ時間:小一時間。
その他:選択肢無し、一本道。
システム:NScripter

制作年:2009/10/10
容量(圧縮時):34.3MB



道玄斎です、こんにちは。
連休、皆様は如何お過ごしでしょうか? 私は、例によって例の如く体調が悪いので、随分グダグダと過ごしています。で、まぁ、そんな時には思いっきり笑えるノベルゲームが最適だろう、という事で色々探してみて、発見したのが本作。
というわけで、今回は「EIN-CHERE」さんの『ONIGAWARA』です。
良かった点

・中二病描写が楽しい作品。思わず吹き出してしまう部分も。

・後半、シリアスな方向も見せてくれる。


気になった点

・賛否両論あるラスト

ストーリーは、ふりーむの方から引用しておきましょう。
鬼ヶ原第二中学校に通っている中学二年生、青木炎(ブルーフレイム)。
彼は世の中の全てを下らないと感じ、ブログを設立して学校生活の日々を記録していく。

……そしてある日、ブログを通してMARIAという人物に出会い、新たな志を得る。

新たな世界を作り上げるために、青木は立ち上がった。

中二病の作品と云えば、先ず思い浮かぶのが『電波電波カプリッチョ!』でしょう。
現在進行形で制作されている作品としては『い~びる☆あい』とかもありますね。

中二病、というのはオイシイ設定なのにも関わらず、実は意外とそれを題材にした作品は少ない印象があります。本作は、2009年というかなり早い段階で中二病に目を付けていた作品、という事になりましょうか。

ストーリーを見て貰えれば、直球の中二病作品である事、理解して頂けると思いますw
世の中全てに対して斜に構え、挙げ句、かなり痛いブログを綴る主人公ことブルーフレイム。もう、この時点で笑ってしまう人は笑ってしまいますね。

内容としては、主人公が気に入らない相手の事をブログでけちょんけちょんに書く。
すると、その相手が何故か怪我をしたりする事に。
それに味をしめ、更にMARIAなるブログの愛読者に背中押されて、どんどんブログが過激になっていくのだが……という感じ。所謂、ブログ版デスノートみたいな、そんな趣ですね。


前半の、こうした中二病描写はひたすら楽しく、「中二病の典型例」とも云えるものになっています。
勿論、それだけでは終わらず、中盤~後半に掛けて、かなりシリアスで真面目な展開も見せてくれます。
ブルーフレイムの所業(?)は過激になりすぎて、実際に重態に陥る生徒まで出てきてしまいます。そこで主人公は、一気に中二病から覚めるんですw
そして怪我をさせてしまった(?)生徒への償いを込めて、真面目に生活していく事、彼らが戻ってきたら謝る事を決意して、日々過ごしていくことに。

こうした、ただの中二病だけで終わらないストーリーの運びはいいですね。
『電波電波カプリッチョ!』がそうであったように、中二病に+αがないと、ストーリーとしての奥行きがどうしても出てきませんから。

ただ、一つ、作者さんのページにも書いてあるのですが、ラストは賛否両論分かれそうです。
こうしたギャグ作品に対して、「気になった点」を挙げるのは実は困難なんですよね。ギャグという枠があって、その中でちゃんと笑えれば、それはそれで所期の目的を恐らく果たしているハズですから。

あのラストで、気になる人はいるのかなぁ……という感じではあるのですが、「えええ?」と思う人も中にはいるのかもしれませんね。そういう人は、作者さんのサイトのQ&Aを見る事をお勧めしておきます。
けど、逆に、この展開であれ以外のオチは、私はちょっと思い浮かばないですねぇ。
『電波電波カプリッチョ!』とは、方向性が違いますが、こういう作品も面白いものです。



今回は短めですが、この辺で。
中二病ネタが好きな方は、プレイしてみて下さい。きっと爆笑出来る箇所がありますよ。



それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2012-04-29 13:34 | サウンドノベル | Comments(0)


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>