久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 29日

フリーサウンドノベル関係の雑記 箸休めvol.52

道玄斎です、こんばんは。
今日は、お久しぶりの「箸休め」。テーマは、ノベルゲームで謎な事(モノ)。コメントなんかで、私の謎が氷解すればいいなぁ、なんて思いながら、書き進めていこうと思います。



■ノベルゲームの謎2題


ノベルゲームをプレイしていると、ふと気づく事があります。「これ……やたら色んな作品に出てくる単語だけれども、実態が良く分からない……」といったもの、或いは、「何のために存在しているんだろう……?」といった機能的な面の謎(逆に、何で実装されないんだ? って謎もありますがw)。

こんな具合に色々あるわけですが、今回は二つ、取り上げてみましょう。



○ファンシーショップ

これ、以前にも書いた事がありましたが、本当に謎なんですよね。
ファンシーな佇まいのショップなのか、それとも扱っている商品がファンシーなのか……。というか、ファンシーってなんだろう? みたいなw

大体、定番の展開としては、主人公とヒロインの一人(メインヒロインが多い)がデートする事になるんです。
そして、休日の街に繰り出すわけですが、基本いくつかお店を見て回って、その後、ファーストフード店、もしくは茶店に入る、と相場が決まってます。

その、お店を見て回る時……かなりの高確率で「ファンシーショップ」が登場するわけです。
察するに、ちょっと女の子女の子したお店で、男性であるところの主人公が入るには少し勇気がいるような、そんなお店のようです。

んで、まぁ、なんか髪飾りみたいのを買ったりしてね、茶店に行ったりするわけですけど、街中でファンシーショップなるものを見たことがある人、いますか?w
私は、今以て、その実態を掴む事が出来ません……。「ああ、あのお店はファンシーショップだよね」って、ものが見つからないんですw

辛うじて、掠りそうなのは、「キディランド」というお店。最近私がドはまりしている、リラックマ関係のグッズが充実しているお店です。
けど、そんなに強烈に全国展開している、って感じでもないし、どの街にもあるってわけでもなさそう……。

このファンシーショップは、ノベルゲームの謎、店舗・施設編でダントツの一位ですね。



○クイックセーブ/クイックロード

私も、ノベルゲームとの付き合いは結構長いと思うのですが、たまに実装されている作品がありますよね。
ですけど、未だに、その用途が良く分かりません。

察するに、選択肢と密接に関係する機能なんじゃないかな、とは思うのですが……。
けれども、世の中には「一個前の選択肢に戻る」なんて機能を備えたモノもあるわけで、何が何だか分からなくなります。

百聞は一見に如かず、で実際にこの機能を使ってみればいいんでしょうけれども、何だか怖くてねぇw
以前チャレンジした事はあったんですが、何だか良く分からないので、放置して今に至ります。

普通にセーブして、ロードするのとは違う、何かの利点がある事はうっすら分かるのですが、やっぱり使い方が分からない機能です。
けど、どちらかと云えばフリーのノベルゲームには少なくて、商業のソレに多いって印象があるので、知らなくても何てこと無い。けれども、気になって仕方ない。そんな機能がクイックセーブとクイックロードなのでした。



○員外:クオテーション

これは、単純に気になる事が多いので、員外として一本入れておきます。
良く、特殊な単語なんかをクオテーションで括ること、ありますよね。

例えば、“今川焼き”とか、こんな風にして、クオテーションを付けてやるわけです。
けど、凄く気になるのが、“今川焼き”とクオテーションを付けてやるべき所が、”今川焼き”となっているケースが多いんですよね。違い、分かりますか?

何度か、「三点リーダは二つで一個」とか、「“!” “?”の後は全角スペースを空ける」とかそういう、文章の原則(飽くまで原則です。必ず守らないといけない、という事ではないです)、みたいのを紹介してきたわけですが、これもその一環ですね。
なんかすげぇ偉そうですけど、ちょっとした啓蒙活動みたいな……。

何か最近も、ちょこちょこ面白そうな作品を見つけてきてはプレイしているのですが、このクオテーションの問題が気になるので、ちょっと書いてみました。



という辺りでしょうかね。
ogg VS mp3みたいな、色んな意見が貰えるような記事じゃないですけれども、どこか楽しんで貰える所があれば幸いです。


それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2012-06-29 20:40 | サウンドノベル


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>