久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 25日

フリーサウンドノベル関係の雑記 箸休めvol.54

道玄斎です、こんにちは。
もう夏も終わりですね。段々と空気感が秋っぽくなっていく今日この頃ですが、皆様におかれましては如何お過ごしでしょうか? 私は、今年は何度も旅行をしたり結構夏を満喫していました。

ノベルゲームという事で言えば、夏なので(ノベルゲームで季節感がある作品のかなり多くが、夏を舞台にしています!)面白そうな作品を期待していたりしたのですが、そっちは中々良いものが見つからず……。



■あの登録サイトの新しい規約

大体、この界隈、ノベルゲームを作っている人が完成作品を登録する所は、ベクターとふりーむ! と相場が決まっています。取り敢えず、この二つに登録しておけばオッケーという感じでしょうか。

勿論、自サイトでも作品をダウンロード出来るようにしていたり、もう少し手間暇を掛けて他の登録サイトに作品を登録する人もいるでしょう。女性向けゲームだったりすれば、サーチエンジン登録も忘れてはいけません。

と、まぁ、一口にゲームを作るって云っても、色んなフェーズがあって、作品がユーザーの手元に届くまで、をゲーム制作とするならば、「完成するまで」と「完成してから」という分け方も出来そうですね。

取り敢えず、ゲームが恙なく動き、デバッグも行い、ちょっとした誤字脱字やら、結構致命的なバグを取り除いてやれば、いよいよ公開へ向けての準備となります。
これが、又、ちょっとした苦労があるわけです。

ザッと思いつくまま書いてみますと、自サイト(があれば)での完成告知とプロモーション、各種登録サイトへの登録とそれに伴う、説明文の執筆やスクリーンショットの撮影、お世話になっている人へゲーム完成のお知らせをしたり、先行的にプレイして貰ったり。
OPムービーなんかが凝ってる作品ですと、動画投稿サイトにOPを投稿したり、と手間が増えていきます。

ゲームを完成させる事は勿論大事ですが、それをプレイして貰う事もとっても大事なので、入念にプロモーションするわけです。
フリーであれシェアであれ、作品はプレイして貰ってなんぼですから、色々な媒体を使ってゲームをプレイして貰えるようにするわけですよね(まぁ、中には結構投げやりな人もいますけどw)。

で、最初に書きましたが、完成した作品は、大凡ベクターとふりーむ! に登録すれば一仕事終わり、という感じです。云うまでもなくベクターは最大級のダウンロードサイトですし、ふりーむ! もフリーゲームに特化したダウンロードサイト兼情報サイトなわけで、この二つに登録する事でフリーのノベルゲームでしたら、登録作業の殆どが終わってしまいます。

で、話がちょっと変わりますけれども、ベクターやふりーむ! は特定の作品を取り上げる事、があるんですよね。具体的に云えば、ベクターは「レビュー」、ふりーむ! ならば「ふりーむゲームコンテストでの受賞」がそれに当たるわけです(ふりーむ! にもレビューはありましたけど、今は無くなったの、かな?)。

ベクターのそれは、完成度の高い作品を取り上げてレビューをする、という基本方針があるわけで、フリーゲーム制作者の一つの目標となりうるような、ある種の権威があるように思うのです。
まぁ、ただ……ビジュアルが綺麗じゃないと取り上げられない、というような感触はあるんですけれども……。逆に云えば、ビジュアルが綺麗であれば、そこそこの作品でも取り上げられる事があったりなかったり……w

対してふりーむ! の方は「ふりーむゲームコンテスト」に応募し、受賞する事で作品の知名度がガンと上がったりするわけです。
ふりーむ! に作品を登録した事がある人はご存じでしょうけれども、作品登録時に「ふりーむゲームコンテストに参加する」みたいなチェックボックスがあって、それにチェックを入れる事が、ゲームコンテスト参加への第一歩となるわけです。

ただ、このゲームコンテスト、相当胡散臭くて(受賞している作品に難癖付けようってんじゃありません。念の為)、ノベルゲームに対して「ゲーム性が乏しい」という審査員のコメントが付いていたりするんですよねw
審査員は一体何を審査しているんだ! と思わず叫びたくなる事も屡々ですw


まぁ、つらつらと書いてきましたけれども、ふりーむ! のゲームコンテストって結構な知名度があって、そこで受賞を目指している人も多いんですよね。
で、そのゲームコンテストの規約が最近、改訂されたようなんです。

以前は確か、「ゲームコンテストに参加する作品は、ふりーむ! にだけ作品を登録している事。但し、自サイトでの公開はそれを認める」という形だと記憶しているのですが、今回から「自サイトであっても、作品を公開しているとNG」になっています。
ちょっと、引用してみましょう。先ずは、第七回目のふりーむゲームコンテストの注意事項ですが、
【1】ゲームファイル配布制限
コンテスト結果発表が行われるまでは、 応募ゲームファイル自体を「ふりーむ」「制作者サイト」以外へ掲載できません。 ゲームをWEB上で紹介されることはOKです。 オフライン媒体「雑誌CDなど」への収録や、「同人イベントでの配布」はOKです。

と、なっています。
これを読めば、「制作者サイト」=自サイトでの作品の公開(掲載)はOKだと分かりますよね。
ところが、第八回のそれでは、微妙に文言が変化していて、
【1】ゲームファイル配布制限
コンテスト結果発表が行われるまでは、 応募「ゲームファイル自体」を「ふりーむ!」以外へ掲載できません。 ゲームをWEB上で紹介されることや、ゲーム宣伝サイトへのリンク投稿はOKです。 オフライン媒体「雑誌CDなど」への収録や、「同人イベントでの配布」はOKです。 コンテスト結果発表後には、ご自身のサイトなどご自由に配布可能です。

となっています。
「ふりーむ!」以外は掲載出来ない、と書いてあって、尚かつ、応募ルールに、
2012年9月~結果発表まで、Web上でふりーむ!以外にファイルを公開していないこと(アップローダや自サイトでの公開もNG)

と書いてあるわけです。
つまり、コンテストの期間は、ふりーむ! 以外のサイト(含自サイト)での作品の公開が禁止されてしまっているんですよねぇ。

うーん、これってどうなんだろうなぁ……。
勿論、ふりーむ! は営利団体で、恐らく広告収入で運営しているサイトです。話題になるようなゲームがふりーむ! に登録されれば、ふりーむ! へのアクセス数が上がりますし、結果、広告収入も上がる……というのは、まぁ頭で理解出来る事なんですけれども、何となく釈然としないものも残ります。

ゲーム制作者としては、やっぱり、色々な媒体で作品を公開して、自分の作品をプレイして貰いたいと(一般的に)思うものですし、それに貰えるものならば、賞だって貰いたいと思いますよね?w
少なくとも、自分のサイトでの掲載……くらいは認めてもいいんじゃないかなぁ……なんて私は思うのですが、如何でしょうか?

排他的にふりーむ! を利用しなければ、コンテストへの応募資格がない、というのは、何だかんだでフリーゲームの世界を縮小させちゃうような、そんな気がしますねぇ。
特にノベルゲームなんて、最近、ちょっと元気の無いジャンルですし、複数の媒体から作品にアクセス出来た方が、私個人としても助かりますw 一つのサイトにしか掲載されてない、という事だと折角の作品を見逃しちゃうかもしれないもんね。

ふりーむ! というサイトが、フリーゲームの発信基地として一定以上の役割を担っているからこそ、何か今回のコンテスト応募の規約改定は厭な感じがします。


ガンガン作品を作っていて、尚かつふりーむ! も利用している人の意見とか伺ってみたいですね。
意外と、みんな、「それはそれでいい」と思っているかもしれないしw
まぁ、ちょっと、話のタネに、ふりーむ! の話題を出してみました。



というわけで、今日はこのへんで。
それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2012-08-25 17:17 | サウンドノベル


<< なんてことない日々之雑記vol...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>