久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 29日

フリーサウンドノベルレビュー 『路地裏の不思議な少女』

b0110969_20241339.jpg

今日の副題 「不思議ですごい物語世界」

ジャンル:ボーイミーツガール(らしい)
プレイ時間:二時間未満(私がプレイして1時間40分)
その他:選択肢なし、一本道
システム:YU-RIS

制作年:2016/2/23
容量(圧縮時):216MB



道玄斎です、こんばんは。
今日は、ちょっと不思議な感触の作品をプレイいたしましたので、ご紹介。
電脳詐欺」さんの『路地裏の不思議な少女』です。ダウンロードはこちらからどうぞ。
良かった点

・柔らかい水彩風のイラストが素敵

・不思議な魅力に満ちた作品世界

・どのキャラクターにも物語内での「存在感」がある


気になった点

・割と多めの誤字

・強烈な盛り上がりには欠ける(※後述)

ストーリーはふりーむの方から引用しておきましょう。
走るのは少年。

流れ落ちるのは汗。

過ぎていくのは時間。

聞こえるのはセミの声。

節目の日はとある夏の日。

路地裏で見つけたのは
       

  不思議な少女。

こんな感じ。


こうしたストーリーの発端部分を読むと、「あっ、行き倒れ少女を拾って同居するタイプだ!」と思ってしまうのですが、実はあまり目にすることのないタイプの作品だったのです。

確かに、「謎の少女を拾う→同居する」という流れ自体はあるのですが、主人公は「一人暮らし」ではありません。

シェアハウスの管理人をしているただの高校生なのです。
そして、シェアハウスの住人は主人公以外は女性ばかり。

この段階から既に、「ちょと違う」のが分かるのですが、さらにその「シェアハウス自体」が「能力者」たちの一つの拠点になっていることも判明します。

そう、本作は異能力ものの趣があり、秘密の組織や秘密の都市といったキーワードも登場するのです。
その意味ではどこかSF的な世界であり、また独特の水彩風のイラストによって、現代日本が舞台であるにも関わらず、ファンタジーの雰囲気すら漂っています。

プレイしていると、それが「現代日本」であることをどこか忘れてしまうような、何とも言えない不思議な作品世界。そしてそれはシェアハウス内部の背景イラストや、タイトルにもある「路地裏」の背景イラストでも確認できます。

普通の家の構造……とはちょっと違っていて、また路地裏も、それが道であることはわかるのですが、どこか現実感に乏しいような、一見すると奇妙な感じ。
それはもちろん、本作に於いて「マイナスポイント」というのではなく、「こういうのって今までなかったよね」と感じさせてくれるような、表現だったのではないかと思います。

一応ふりーむの作品一行説明を見てみると「とある夏のボーイ・ミーツ・ガール」」と書かれているのですが、ちょっとそれは単純すぎるかもしれません。しっくりくるジャンルがなかなか見つかりませんし、こういう作品の場合「ジャンル」を無理に当てはめないほうが自然ですよね。


さて、内容に関しては、登場人物がそれなりに多いのですが、どのキャラクターにもしっかりとした存在感があってよかったな、と思いました。

割と登場人物が多いノベルゲーム/サウンドノベルでは、一部のキャラクターにのみ「存在感」というか「存在理由」が偏ってしまい、その他のキャラはただの「にぎやかし要員」になったりもするのですが、本作の場合、そうしたこともなく、しっかりとどのキャラも個性が立っていて、そこはすごくいいポイントだと思います。

個人的には、ちょっとクセはありますが、個人的には「まゆ」、そして「佐藤」が好きかな。


さて、気になった点ですが、ちょっと誤字が多めかも。
たとえば、「夜中」に主人公ハジメが外出しているシーンから、物語は始まりますが、その際、「午後一時」なんて書かれてるんですよね。

これは夜中ですから、「午前一時」の誤りでしょう。あっ、これは誤字ではなく誤謬か。
ともあれ、ちらほらと、誤字が出てきていて、あれ? というようなことがありました。


もう一点は、私はあえて気になった点に挙げてしまったのですが、「割とあっさり目のストーリー進行」だということです。

作品後半で大事件が起こり、グググッとお話しが盛り上がって、ラストに向けて収束していく。
というよりは、もう少し淡々とした感じ。

もちろん、ちゃんと物語には起承転結とでもいうべき、きっかけや事件は起きるんです。
そして、それらが絶妙に配置されていることによって、プレイしていてダレない、というのも事実です。
秘密の組織が明らかになって以降、話は急速に面白くなっていきますし、比較的最初のほうで張られた伏線が、最後にちゃんと回収されるなど、丁寧な作りでもあって、本当に面白いんです。

しかし、なんかそうした事件は比較的あっさりと描かれ(バトルシーンもあるのですが、そこにはすごい力が入っていたように思います!)、なんとなくの感触ですが「淡々」という印象があるんですよね。

でも……。
気になった点に挙げておいてなんですけど、本作の雰囲気そのものが「ファンタジックで、SF的な要素もあって、ちょっと不思議」なものですから、むしろこの「淡々」さはそこにマッチしている、と考える人もきっといるはずです。

実際私も、そういう風に思えなくもないのです。
ですので、意外と「気になった点」を挙げるのって難しいんですよね……。


おおよそ、こんなところでしょうか?
物語の最初の流れだけ取り出してみると、「お決まり」のパターンではあるものの、ふたをあけると、今までみたことのないような、なんとも不思議で魅力ある世界が広がっている。そんな作品でした。

これはちょっとプレイしてみる価値がありますよ!



というわけで、今日はこのへんで。
それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2016-02-29 21:46 | サウンドノベル


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>