2007年 07月 09日

「らき☆すた」14話 閲覧記録。

俺です。

「らき☆すた」の第14話を見ての感想とか徒然を……。

何ていうか、「らき☆すた」は一瞬たりとも目が離せないアニメでありますよ。
ちょっとした一瞬に思わぬギミックが詰まっていたり、兎に角「見て」楽しいアニメです。

前回13話では、バスにのるこなた達の靴下、というか足を暫くの間延々に映し続ける、という何ともフェティッシュな演出が。ああいうのは、本当に見ていて嬉しいし、楽しいよなぁ。


で、今回は、茅原さんが声を出している、長門有希岩崎さんが出てきましたね。

話や展開自体は非常にオーソドックスで、原作に極めて忠実。危なげなく見る事が出来るわけですが、こたな達の私服が場面場面で全部違うのには、恐れ入りました。
つかさのオーバーオール(?)は割と使い回し感があるのですが、かがみのちょっと背伸びしたような洋服。こなたの機能重視の服なんかは、見ていて微笑ましいですな。

特に今回、こなたは、白靴下(或いは白ストッキング?白タイツ?)を着用しているシーンがちらっとあるのですが、俺は靴下好きなので、ああいうのは本当に嬉しい。
こなたのポッキーをパキッっと口にくわえて折るシーンなども、妙にフェティシズムを刺激させられます。

そうそう、勢い余って、公式ページで情報を見ていたらOP曲「もってけ!セーラーふく」のリミックスCDが出る、との事。
通常のOP曲?ああ、勿論購入したとも!カップリング曲も名曲だったし、お腹一杯だ。
リミックスはどうしようかなぁ?余力があったら購入を検討してみよう。

いやぁ、来週も楽しみですな!
フェティッシュ万歳。
[PR]

by s-kuzumi | 2007-07-09 23:55 | 日々之雑記 | Comments(0)


<< 『武家の女性』 山川菊栄著 岩波文庫      『思考の整理学』 外山滋比古著... >>