2007年 07月 12日

iPodなニュース。

又、俺が書くぜ。こういう機会に沢山記事を書いて、差を付けておかないとね。

で、

「iPodイヤホンに落雷の危険性」

だなんて、タイトルの見出しの記事が、Yahoo!のトップに載ってました。
全文は、

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070712-00000550-reu-ent

でどうぞ。

まぁ、落雷でイヤホンに添って焦げた跡が付いてたって話なんだけども、非常に示唆的なニュースだなと思って取り上げました。
いや、別にアップルに恨みがあるとか、逆に必要以上にアップルを信奉するとかそういうのじゃないよ。
俺、Macは使ってないしね。

示唆的だって、言ったのは別にこのニュース、必ずしも「iPodだから起きた」事件じゃないんだよね。どんなイヤホンでも起きうる事件だと。
それにそもそも、金属とかだから落雷の被害に遭いやすいってのも、必ずしも正確じゃないみたい。昔、どっかで見たんだけども、落雷発生装置みたいので、高さの同じ木の棒だかと、鉄の棒だかを並べて、落雷を人工的に発生させると、落雷は特にどっちかに偏って落ちるってわけじゃなかったんだよな。
寧ろ、高さとかそういう要素が落雷の要件なのかも。

で、話を戻すと、どんなイヤホンだって起こりうる事件なんだ、と。
なんだけども、見出しは「iPod」になってる。

これってのはさ、携帯音楽プレイヤーがイコールiPodになってるって事の証左なんだよな。
シェアを考えてもいいし、知名度を考えてもいい。
兎に角、パッと思いつく携帯音楽プレイヤーってのは、もう世界中でiPodなんだよ。
昔はさ、ソニーのWalkManだったんだけどもね。
そういう意味で、示唆的だって事です。

性能とかで考えると、iPodより使い勝手の良さそうなものもありそうなんだけどもね。
かく言う俺も、携帯音楽プレイヤーを買うときは、普通にiPodにしちまったしな。
昔は、先ず、ソニー製って事を考えて、WalkManを買ったり、DiscManを買ったりってやってたな。

そうだな、高校二年生くらいまではまだまだ、WalkMan全盛期だったなぁ。
あのころはさ、鏡面仕上げのウォークマン(もうメンドイから片仮名表記で)があって、鏡として使えるってのを買ったり(確か72時間連続再生可だった)したもんだ。
その後、カセットテープに曲を落とし込むって作業が面倒になって、ディスクマンに変更。割と近年まで、CDをそのままぶち込むタイプの携帯プレイヤーを使ってたもんよ。

iPodに代表される近年の携帯音楽プレイヤーは、ソフトをコンピュータにぶち込んで、そこで楽曲を管理する。
カセットに比べりゃ全然楽だけど、やっぱり曲を落とし込むのはメンドイ。俺みたいに大量の常駐ソフトを使ってるとデータ変換が遅いしね。
あっ、ちなみに変換フォーマットはmp3で128kにしてます。

俺はねぇ、iPodの楽曲管理システムにいくつか不満があるんだな。
っていうのは、iTunesって管理ソフトは便利で、今もそいつを使ってBGMを掛けてるんだが、Windows2000だと正常に充電が出来なかったり(これはソフトの問題ってよりハードの問題かな?)、アップデートするたびに使い勝手が悪くなってる気がする。
なんつーかマイナーなOSに対するフォローとかがあってもいいような気がするんだよ。
それに、iTunesにも簡易ヴァージョンとフルヴァージョンとか、用途に合わせて選べたりするといいんだが……。インストール時に選べるのってクイックタイムをぶち込むか、ぶち込まないかって所だけだよねぇ?

もうちょっとこういう点が改善されたら申し分ないのに……。
[PR]

by s-kuzumi | 2007-07-12 19:36 | 日々之雑記


<< 『魔女の宅急便』 雑感      アメリカンホームドラマ。 >>