「ほっ」と。キャンペーン
2007年 07月 20日

フリーサウンドノベルレビュー 『あやじょ!! ~綾椎女子高不思議研究会~』

b0110969_1657637.jpg

今日の副題「女子高生オカルトサークル」

お勧め指数(五段階評価):二



どうもこんばんは。
いい加減、名無しの権兵衛だとマズイので、取り敢えず「道玄斎」と名乗らせて下さい。

改めまして、こんばんは。道玄斎です。
本日二本目のサウンドノベルの紹介です。

今回は空工房さんの『あやじょ!! ~綾椎女子高不思議研究会~』をプレイしました。
なんていうか『メタ女』を彷彿とさせるようなタイトル、そしてホラー系(?)という事で、興味をもった訳です。

で、またしても「いつもの場面でいつもの音楽」のオンパレードな訳ですが、妙にそれが確信犯的な使い方をしているような……。徹底的なエンターテイメントを追求する為の小道具みたいな?
妙にチープなタイトル画面で「あやじょ!」の文字と、あのおなじみの妙にハイテンションな音楽が出てきた時は、思わず興奮してしまいました。

内容を一言で言えば、「女子高生オカルトクラブ」という感じです。
こういうの好きなんですよねぇ……。

女子高生オカルトクラブが、呪い代行サイトを運営している呪術師と連絡を取って、彼の住む村に聞き取り調査に行く。
その村は、近代以前、有名な呪術師達の村だった……。


まぁ、こんな感じのストーリーです。
女子高生のオカルトクラブで、呪い代行サイトですよ?こういうの好きなんですよねぇ……。


先ず、面白いアイデアが多い作品でしたので、それを紹介。


・テキスト部分で、独特の単語やことわざなどがクリッカブルになっており、クリックすると画面が切り替わり、解説が読める。

・単なる「読むだけ」ではなく、「調査モード」を設けている為に、メリハリがついている。

・立ち絵が口パクしてくれる。


意外とテキスト部分をクリックするような形のノベルゲームは、今まで無かったのではないでしょうか?たとえばテキスト部分で「綾女」という単語の初出時に、そこだけ文字色が変わっており、クリックする事で「綾女」の解説が読める仕組みです。
このノベルの世界独特の単語に関する、解説は面白いのですが、後半、ことわざの解説やどうでもいい語の解説比重が増えてしまって、ちょっと残念でした。

調査モードも、面白い試みの一つですね。
カーソルを移動する事で、調査可能な物体にカーソルが当たると、カーソルが虫眼鏡の形となりそこでクリックをする事で、調査が行われます。
恐らく、この調査の出来によってバッドエンドに行ったりするみたいです。

立ち絵の口パクも珍しいですよね。
これは、好き嫌いが別れるかな?俺は正直、無くてもいいかな?と。ボイス付きとかだと、威力を発揮出来るかもしれません。


全体的にみて、色んな面白い試みをしている、という印象です。
前半の、読者をグイグイと引き込んでいくような「ワクワク感」がいいですねぇ。
こういう、オカルト探索系のサウンドノベルは、気付いた時には事件に巻き込まれているものが多いわけですが、女子高生がオカルトサークルを結成し、呪い代行サイトを調査していく、みたいにまさにサークル活動のノリのワクワク感が存在していると、グッと物語に引き込まれます。

ただ、前半のツカミに対して、後半がかなり尻すぼみになっていて、そこが気になりました。
ネタバレになってしまうので、詳細は伏せますが、後半部分の事件の顛末が、消化不良のまま終わってしまって、いつの間にかハッピーエンドになってしまった印象があります。
あっ、勿論バッドエンドだと、バッドなエンドの筈です……。

もっと前半部分の持っていたワクワク感を突き詰めて、尚かつ「女子高生オカルトサークル」ってオイシイ属性を活かせれば、もっと良い作品になれるかと思います。
色々な試みなどを考えても、「惜しい」作品です。

「女子高生オカルトサークル」にピンと来た方は、プレイしてみるとよいでしょう。
[PR]

by s-kuzumi | 2007-07-20 22:21 | サウンドノベル | Comments(0)


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>