「ほっ」と。キャンペーン
2007年 07月 21日

フリーサウンドノベルレビュー 『千夏ちゃんとあそぼう』

b0110969_1772435.jpg

道玄斎です。こんにちは。
今日もフリーのサウンドノベルを紹介していきます。
今回は「素敵すぎる世界」さんの『千夏ちゃんとあそぼう』です。


本作は、そのほのぼのとしたタイトルとは裏腹に、ダークで、ホラー的要素が強い異色の作品です。プレイ時間は10~15分程度でしょうか。サクッとプレイする事が出来ます。
選択肢は無しの一本道ノベル。
ジャンルは一応「ホラー(?)」としましたが、サイコサスペンスみたいな。

正直、生半可なホラー作品より恐いです。恐い恐い恐い!
それも口裂け女的な怖さや、のっぺらぼう的怖さとも違う、人間(女性)そのものの怖さです。

男の身である自分には、分からない事も多いのですが、女同士のいがみ合い、憎しみというのはとにかく凄まじいものがあります。
女子校で陰湿ないじめの連鎖が起きるケースが多い、というのはその良い例です。
自分の目的の為には、どんなものでも利用するし、その道具に対しては一切何の感情も持たない。目的が全て。

本作と似た話を、以前読んだことがあります。
『今昔物語』を福永武彦がリメイクした小説です。結末部分が原作の『今昔物語』とかなり違っていて、怪奇現象の正体は「生身の女」で、嫉妬や妬みから恐い事をしでかす、といったストーリーです。原作も恐かったけれども、リメイクの方がよりずしっときました。
それに近い手触りがこの作品にはあります。

絶対に、男には女のこういう行動原理や、心情の動きは理解出来ないでしょう。
やや女性に対して、悪し様に俺は今語っていますが、実は俺の言っている事はハズレで、本当は女しか分からない独特な行動理念があるんだろうなぁ……。

と、そんな事をプレイ後に思いました。
これで大体作品の内容は分かるかな?

ちなみに、本作は、立ち絵なしの背景写真のみのノベルです。
逆にそれが作品の雰囲気にマッチしていて良いですね。
イラストって実は重要で、「面白そうだな」って思っても、イラストが好みでなかったらプレイを躊躇してしまう事もあるくらいです。けど、雰囲気やテキストそのものの良さを活かした作品であるならば、ヘタにイラストがついていない方が効果的な場合があります。本作はまさにそうした作品です。


気になった箇所としては、千夏ちゃんと理子ちゃんが初めて話す場面で、何故千夏ちゃんがあんなに攻撃的だったのか、その説明が足りないように感じました。
作品中で、千夏ちゃんは過去にいじめられていた経験がある、と描写されていたわけですが、過去のいじめの主犯が理子だった、とか何か理子への憎悪の明確な理由付けがあれば、より怖さが引き立ったのではないでしょうか。

個人的には四くらいの評価を付けたい所なのですが、あまりに自分の好みに偏った評価もアレかな、と思い、三にとどめました。
是非、男性にプレイして貰いたい作品です。
あっ、けど女の子にフラれた直後の人とかは要注意かも。トラウマを刺激されてしまいますw
[PR]

by s-kuzumi | 2007-07-21 15:59 | サウンドノベル | Comments(0)


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>