久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 10日

ライト系ノベルを仕入れてきました。

道玄斎です、こんばんは。

ここ数日で読むべきライトなノベルを二点、仕入れてきました。
『灼眼のシャナⅩⅤ』と、『狼と香辛料』の新刊です。

『灼眼~』はアニメ化されましたし、有名な作品かと思います。
バトル有り、恋愛有りで、読み出すと止まらなくなる魅力に溢れています。
「正統派」ライトノベルの系譜に位置付けられるべき作品ですね。
このブログで、フリーのサウンドノベルのレビューを書いたりしていますが、そこで良く書いている事が「脇役こそが物語を支える」ということ。
その意味でも、『灼眼~』は傑作の要件を満たしていると思います。クラスメイト達や、フレイムヘイズ、果ては敵側である紅世の徒達までそれぞれ、魅力的な登場人物ががっちり物語を支えています。


で『狼と香辛料』。これは傑作ライト系ノベルだと思いますよ。
肉弾戦・魔法戦とかじゃなく、敢えて言うならば「経済戦争」。
商人である主人公が旧き神ホロと一緒にホロの故郷を目指しつつ、行商をしていく、というのが筋書きですが、旅で巻き込まれる事件は皆経済絡みのもの。信用買いをして騙されたりとか、貨幣の価値とかそういう「経済」っぽい味付けが秀逸で、今までのライト系ノベルには無かった感じです。

調べていると『狼~』はかなりメジャーな作品だったようです。
しかもアニメ化決定とか。
決して、自分の審美眼が優れていると言いたいわけじゃないのですが、ライト系ノベルの読者は凄く作品の内容やクオリティに敏感です。
多くの場合、優れたものは流行るし(勿論例外はありますよ?)、あんまりたいしたことのないものは、それなりの評価だったりと或る意味、シビアな眼差しで作品を見ています。

換言すれば、とても「真摯に作品に向き合ってる」読者が多いと思うのです。
良いモノを是とし、悪いモノを否とする。
ただ単にライトなノベルにスポットを当てるだけでなく、それらを享受する読者の存在にもスポットを当てると面白そうです。

流行ものが、アニメ化し一般に浸透していく事は喜ばしい事なのですが、アニメ化などでメジャーになるにつれ、その作品を古くから支えてきた読者が置き去りにされている感もあります。

そういうライト系の読者に光りを当てるようなシステムがあったら面白いなぁ、と思いつつ、筆を擱く事に致しますよ。
[PR]

by s-kuzumi | 2007-08-10 03:17 | 日々之雑記


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>