久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 27日

フリーサウンドノベル関係の雑記 箸休めvol.4

今日の副題 「あの頃の気持ち」


道玄斎です、こんばんは。

更新頻度を落とすかも、といいつつ、あまり落ちませんでしたね……。
多分、約「一日一レビュー」を維持しているのではないかと。

更新頻度は高ければ高い方が良いのですが、心配なのが、その分、一個一個のレビューが雑になる事です。一日一レビューが半ばノルマになってしまうと、そのノルマを達成する為に、雑なレビューになってしまわないかどうかとそれだけが気がかりです(今でも雑かもしれないけれども、もっと雑に、という事)。

ま、そろそろ生活との兼ね合いも考えつつ、更新頻度についても考えないといけないかもしれませんね。自分に最適な更新頻度、何とか模索していきたいです。

それでも、実は手当たり次第、目に付いた作品をプレイしてレビューしている、っていうわけでもなくてやっぱり、どこか惹かれる作品を選んできているのです。
それは、タイトルであったり情報サイトに書いてあるストーリーだったり、或いは過去にプレイして、心に残っているとかであったりと様々なのですが、一応、自分の基準で作品を選んだ上でレビューをしています。
尤も最近では、作品を紹介して頂く事もあり、少しプレイの幅が広がったかな、という感じもあるんですけれどもね。


そういえば、前から考えていたのですが、段々「学園モノ」をプレイするのが実は少し辛くなってきています。歳を取るとさすがに感情移入しづらくなってしまいますよね……。
授業をサボったり、学食戦争でパンをゲットしたり、屋上でパンを食べたりなんて描写を意外と冷めた目で見ている自分に気付きます。
ここでいう「学園モノ」の「学園」とは「高等学校」、つまり「高校」の事です。

多くの商業美少女ゲームの舞台が高校であるからなのでしょうけれども、主人公が「高校生」で、舞台が高校という作品は多く存在しています。
勿論、そうした作品を十把一絡げに扱う事は出来ないのですが、たまには「大人」のゲームがやりたいなぁ、なんて思ったり思わなかったり。
或いは、学園モノでもベタベタなものではなくて、ちょっと一ひねりあるものがプレイしたいですね。そういう意味では昨日プレイした『幻想世界』なんて、なかなか良い感じなんですが。

そういえば意外と、「大学生」が主役のゲームはないですよね?いや、私が知らないだけかな?
兎に角、もうちょびっと、年齢層の高めのゲームをプレイしてみたいな、と最近思うわけですよ。


全く話は変わるのですが、ついさっき急に思い出した事があるのです。
私が大学生だった頃、友人がフリーのゲームを作っていましたw 何で忘れていたんだろう?
調べてみると、今でもビリジアンさんの「シミュレーション」4に載ってますね。某ときめきメモリアルの二次創作的な奴ですw

今にして思えば、その友人は自分のサイトを拠点にしつつ、多くのファンとの交流を重ね、シナリオを書き、絵も自分で書き、恋愛シミュレーションツクールの使い方を覚え、とあれこれやっていたんですよねぇ。
んで、その友人は、「ときメモ」である事に非常にこだわっていたわけですが、同時に「高校生である事」に異常にこだわっていた気がします。やっと前半と話が繋がりました。

恋愛をメインとするような作品で、高校生を主人公にすること。それはゲーム制作者の何かを刺激するのでしょうかね。
実体験を踏まえつつ、現実的に考えてみると高校生の恋愛って、割と不毛ですよねぇ?
お互い未熟なもの同士がお付き合いするわけですから、苦い経験でしかないw って事も多々あるような気がします。

けれども、大学なんて入ると、そうした苦い経験を踏まえつつ、少し賢く立ち回るようになる為か、不毛度は低下します。だけれども、高校生の時のようなあの、ドキドキ感っていうのはやっぱり薄れてる、と。

してみると、高校生の恋愛を描いたりする、っていうのは一種の「無垢」だったり「純真」だったり、或いは「衝動的」だったりの象徴として仕掛けなのかなぁ?とか考えたり。
あー、もしかしたら私は、学園モノに抵抗を感じているのではなくて、「予定調和的な学園モノ」に抵抗を覚えているのかもなぁ……。
ドキドキ感を追求したゲームを求めているのではないか、と。

学生サークル活動的なドキドキ感、ワクワク感は以前紹介した『あやじょ』なんかには、出ていますよね。しかし、恋愛モノでそうした作品は意外と少ないような気がします。
ちょっと一部の人にしか分からないネタで説明すると、初期の谷川史子のマンガみたいな、ああいう切ないドキドキ感。それをゲームで追体験したいですね。

そんなゲームをご存知の方がいらっしゃいましたら、是非紹介して下さい。



あらたまの 月はかはれど 我が身には
             無明の闇の なほぞ残れる


 道玄斎


/*
そういえば、フリーゲーム同人誌の話が出ていて、私も「同人活動の全て」みたいな本まで購入する、という異様なやる気を見せているわけですが、何か、フリーゲームに関わる人たちが、それぞれの長所を生かしつつ、一本ゲームを創っちゃうってのもアリかもしれないなぁ…なんて又しても浅はかな事を考えたり……。

良く見るタイプのものは、原作とイラストをそれぞれ担当する二名の方で構成されている、というもの。
もっと簡単に言えば、ライターさんと絵師さんという職掌で構成されたチームという事になるのかな。場合によっては、動画担当の人が居たり、ロゴの制作をする人が居たりと大所帯になることも稀にありますよね。
けれども、良く考えてみたらレビューを書いてる人って、こういうチームに加わっているのを見たことがないよねぇ。例えば、だけれども「文章校閲」とか、「シナリオ監修」とか結構活躍出来る場もありそうな気がする。青写真を原作を書いている方から示して貰って、そのシナリオを監修したりなんて、かなり面白いと思うんだよなぁ。
レビューを書く、という事で間接的に作品に関わる事が出来るわけですが、もうちっと直接的な関わりが出来てもいいかもね。

なんか、ゲーム創りたくなってきたぜ……。

*/

※8/27日 午前二時頃ちょこっと手直し。

※同じく、午前四時頃に手直し。
[PR]

by s-kuzumi | 2007-08-27 00:41 | サウンドノベル


<< フリーサウンドノベルレビュー番...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>