2007年 08月 28日

フリーサウンドノベルレビュー 『Even girl』

b0110969_23262672.jpg

今日の副題 「女の子って何で出来てる?」

ジャンル:シチュエーションオムニバスショートショート(?)
プレイ時間:全体で15~20分程度
その他:若干、女性向けかも?
システム:吉里吉里/KAG

製作年:2007/06/11
容量(圧縮時):



道玄斎です、こんばんは。
昨日は、結構時間をかけてプレイしていた作品があったのですが、何と申しましょうか、フリー版ではまっとうなエンドを迎えられないというか、シェア版を購入しないと作品全体が分からなくて。折角プレイしたのですが、「フリーのノベルゲーム」に拘っている私としては、その作品はレビューで取り上げるわけにはいかないな、と。
それで、昨晩(というか今朝?)うんと短い作品のミニレビューを載せておいたわけです。

で、今日は、「雨夜」さんの『Even girl』です。
では、いつものように……。


良かった点

・写真素材をふんだんに使ったプレイ画面。食べ物の写真が美味しそう。

・一話一話が短いので、サクサクとプレイ出来る。


気になった点

・好みの別れる立ち絵。

・あのフォントだと微妙に読みにくさが……。

・一個の作品として内容がある、というよりも割とシチュエーション重視の短編集。一話一話にもう少しボリュームがあって、作品全体で「一個の作品」になっていた方が良かったかも。


と、こんな感じです。
ストーリーは、一話一話が非常に短い(2~3分程度)ですので、紹介するまでもないでしょう。それにそうした短編が10本(+おまけ)詰まっていますから、一々紹介するのも無粋ということで。
ちなみに、ふりーむさんの紹介文では「女の子はいつまでも女の子。でも……的な、暖かめの短編ストーリー」と記されています。

んー、少し女性向きの作品なのかな?という印象です。
いや、恥ずかしながら女性向きの作品(乙女ゲーム)って実はプレイした事ないんですよね。
ですので、本作が一発目という事になるのかな。

作品のキモは、シチュエーションなのではないかと。
何だか妙にオシャレなシチュエーションでの何気ない会話。そのシチュエーションを楽しむみたいな、そういう感じです。
個人的に良いな、と思ったのは料理の描写ですね。ミントティーとか、白ワインの卵焼きとか、手作りゴマダレを掛けたサラダとか、バニラービーンズ入りのコーヒーとか。
ほら、やっぱりちょっとオシャレな感じですよね?


オシャレ感と、「女の子」的なものを追求しているのは良く分かるのですが、フォントが気になりました。凄い丸字?というかまぁそういう字体で、読みにくさを感じました。
そうですね、例えばPlamo Linuxが標準搭載している「みかちゃんフォント」くらいにしておけば、作品の雰囲気を損なう事なく、尚かつ見やすさも両立出来たのではないかと。

サイトの方も覗いてみたのですが、作者さんは小説をお書きになっている方のようで、本作は、その小説に背景・音楽・イラストを付けノベルゲーム化したようです。
1000字、3000字、6000字という制限の中で小説をお書きになっていて、本作に収録されているストーリーは、一本1000字のものみたいです。

美味しいシチュエーションを1000字で切り取る、というのは難しいと思うのですが(原稿用紙二枚半だもんね)、サイトに掲載されている小説で見ると、結構頑張ってるなぁ、と素直に感心します。

ただ、それをノベルゲームにした時に、何かしら手を加えた方が良かったのかもしれません。
ノベルタイプのゲームは、「文章を読む」のがメインの作業ですけれども完全に「小説」かといったら、又違うわけで。
もう少し、オムニバス短編集という一個の作品の中で、起伏があっても良かったのかな?と。
淡々と、シチュエーションやオシャレ感を味わう分には、良いのですが、ゲームとして楽しむ場合、もう一工夫欲しい所でした。
先生こと正樹と、宮乃ちゃん、そして香里ちゃんの絡みでもう少しストーリーに起伏が出せたのかも、と思います。


多分、女性向きの作品だと思いますので、女性のプレイヤーからの意見も伺ってみたいですね。
女性向き、といいつつもサクッとプレイできますので、男性の方も是非是非。
[PR]

by s-kuzumi | 2007-08-28 22:16 | サウンドノベル | Comments(2)
Commented by ゆつき at 2007-09-07 00:19 x
おもしろそうだったので、プレイしてみました!
感想は・・・レビューUPしましたのでそちらで 汗
Commented by s-kuzumi at 2007-09-07 23:27
>>ゆつきさん

大変面白く読ませて頂きました。
やはり、他の方のレビューは非常に参考になりますね……。

日記の方に、コメントを付けさせていただきましたので、長文で申し訳ないのですが、お読み下されば幸いです。


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー番... >>