「ほっ」と。キャンペーン
2007年 09月 01日

フリーサウンドノベル関係の雑記 箸休めvol.5

今日の副題 「つれづれなるままに」

道玄斎です、こんばんは。
今週は、なかなかプレイ時間が取れずに、丁度良いボリュームの作品を探すのに苦労しました。

それに、大分レビューも溜まってきて、そろそろ本格的にウェブ上にスペースを取得した上で、過去のレビューを見やすく纏めようかな、なんて事も考えています。
実は、サイト自体はサンプルページだけ作ってあって、一応ネット上にアップされています。後は記事を移植すれば、取り敢えずは今までよりは見やすく出来るのかな、と。

ただ、私達の技術不足故に、綺麗で見やすいページというのがなかなか出来ませんねぇ。
本来ならば、スタイルシートか何か使って綺麗に且つ、閲覧者の環境に依存しないページを作れることが出来れば一番良いのですが、スタイルシートまだ使いこなせません。鋭意勉強中であります。

そうなると、古式ゆかしい「テーブルレイアウト」を使ってしまうのですよ……。
テーブルでレイアウトを作るのは、割と簡単だし、画像やテキストを思い通りの位置に配置しやすいのです。けれども、それは本来のテーブルの使い方ではないし、w3cでは推奨していないらしいので……。
w3mなんかを使ってもばっちし見ることが出来るページ。そんなのが目標です。

ま、そんな事を言っているといつまで経っても、ちゃんとしたページが公開出来なさそうなので、見切り発車で、みっともないこと限りないのですがテーブルレイアウトなページで、取り敢えず公開だけしちゃおうかな、とか考えてもみたり。


さて、今週もそれなりの数の作品をプレイしました。
宣言通り(?)に更新頻度は少し下がってしまったかも。
それはともかく、色んな作品をプレイして思うのはやはり「誤字脱字」の問題です。
以前にもちょこちょこ書いていますが、

・「えんえんと」→○「延々と」 ×「永遠と」

・「いがいと」→○「意外と」 ×「以外と」

と、この二つが、プレイした実感として最も多く誤用されている誤字だと思います。
勿論これだけじゃないのですが。
公開前に、ちょっと気になる部分は辞書で引いてみたり、或いはテストプレイヤーの方にチェックして貰えば、こうした凡ミスを回避する事が出来るのではないでしょうか。自分ではなかなか分かっていても気付かない事って多いものですから。
誤字脱字を修正するだけでも、すっきりと読みやすい作品になるので、是非最後の文章調整は行って欲しい作業です。
いや、私なんかがそんな偉そうなことを言える立場ではないのですが、何かのお役に立てばと思い、畏れ多くもこんな事を書かせて頂いております。

あと、稀に見るのですが、

「ーーーーそれが彼女を見た最後だった」

とか、こういう文章があったりしますよね?
その際に「ーーーー」と打っている人が居ます。上の例もそうしています。
私は編集とかそういうのは素人で、こういう事を言うのはやはり筋違いなのですが、「――――」を使う方がいいのかな?と。
このブログだと綺麗に表示されないけれども、「―」と「―」のスキマが埋まるんすよ。
その際「だっしゅ」と打ち込んで変換すると、「―」が表示され、綺麗な棒線を書く事が出来ます(※私の環境はATOK使用)。
「ー」と「―」似てるけれども、ちょっと見栄えが変わってくるポイントかもしれません。

又、これは知り合いのライターの方から聞いたのですが、三点リーダは基本は二つ連続して使うそうです。
つまり「…」ではなくて、「……」。
ま、これは商業作品でも「…」になっている事の方が多いですから、あまり気にしなくてもいいのかもしれませんね。


そういえば、最近、マシンの調子が少し悪いです。
それも不思議な事に、NScripterを起動している時に、何故か再起動が掛かってしまうケースが頻発しているという……。
二年くらい前かな?パーツを組み直して以来、快適に使えていた筈なのですが、何故かここにきて調子の悪さに悩まされます。本当に不思議なんですが、マシンが落ちる時は、必ずNScripter起動中なので、因果関係があるのかもしれませんねぇ。
ちょっと落ち着いたら、またマシンを作り直そうかしら?


最近、疑問なのが多くのレビューをお書きになっている方、或いは作品を公開して下さっている方は、スクリーンショットってどのようにお取りになり、加工なさっているのでしょうかね?
私は、例の「Print Screen SysRq」ボタンを押して、フルサイズの画面を保存。その後、GIMPで縮小、画質を70%くらいに、という流れです。
Photshopなるブルジョワソフトは所持していないので、GIMPで間に合わせ間に合わせ……。ここのロゴっぽい何かもGIMPで制作しています。

今日は本当にとりとめの無い事ばかり書いております。
ちゃんとページが公開出来るようになったら、例の「同人誌プロジェクト」のページも作らないと!


問ふ人も なき山里に 一人居て 
         秋の空のみ ながめ暮らしつ


道玄斎


追記:1
最近、珍しくも同人のノベルゲームを買ってしまいました。
「うみねこのなく頃に」です。完全に「ひぐらし」に乗り遅れた腹いせですw 尤もまだ包装を剥いてもいないのですが。

追記:2
同人ゲームやら、マンガやら同人誌やら売っている某ショップの某店では、何故か同人コーナーのレジが、若くて綺麗なお姉さんだったりする。妙に気まずいじゃないか!

追記:3
煙草の量を減らしたら、すこぶるからだが楽になりました。
今後、完全禁煙に向けて頑張ります。

追記:4
今日・明日で読む本を入手。内訳、

『山岡鉄舟 剣禅話』 タチバナ教養文庫
『恋姫~彼女はヴァンパイア!』 美少女文庫
『栄西 喫茶養生記』 講談社学術文庫
『隋唐暦法史の研究』 三省堂

秋の夜長はノベルゲームと読書です。
[PR]

by s-kuzumi | 2007-09-01 23:50 | サウンドノベル | Comments(8)
Commented by NaGISA at 2007-09-02 00:10 x
こんばんは。

私は、誤字より誤用が気になりますね。「以外と」「意外と」などは、単なる変換ミスという事も多いでしょうし。私が気になる誤用は、以下の通りです。

・姑息(「ひきょうな」という意味ではない。スポーツ新聞などでもどうどうと誤用される、「誤用王」)
・役不足(シリアスなシーンでこの言葉を誤用されると、かなり白ける)
・憮然(これも頻繁に誤用される)

この3つくらいでしょうか。他にもありますけど。やはり思うのは「辞書をひく一手間を惜しんではいけない」事だと思います。

など、私はスクリーンショットを撮るのには「Clipdesk」
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se217076.html
画像加工は「Bitmap Resizer」
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se105658.html
を使っており、使い勝手は良好です。どちらもフリーウェアです(私のメインマシンはあくまでMacであり、Windows環境に金かけてられませんので(笑))。

参考にしていただければ幸いです。
Commented by ordon at 2007-09-02 13:16 x
初めまして。
NaGISA-netさんのほうで紹介されていたのでやってきました。

さて、マシンが落ちる件、実は私も最近同じ現象で悩んでいました。
で、いろいろと調べてみたところ原因はCPUの熱暴走でした。
つまり、
  1. ことしの夏は暑かった。
  2. NScripterのスクリプトによってはCPUを100%占有する。
ということで、CPUの温度が限界温度以上になってしまい、
パソコンが強制終了してしまったようです。

同じ原因ではないかも知れませんがご参考までに。




Commented by s-kuzumi at 2007-09-02 18:12
>>NaGISAさん

道玄斎です、こんばんは。
確かに、熟語の誤用もかなり気になりますよね。「憮然」や「姑息」は言うに及ばず、若い書き手の方は、割と慣用句を間違えたりとかそういうのも目に付きます。
とはいへ、私も浅学非才の身にて、自分の書き散らかすものにそうした誤用がないかどうか、戦々恐々とする次第であります……。

スクリーンショットのソフト、紹介有り難う御座いました!
早速、使ってみようと思います。
ちなみに、今のMacはBSDの一種ですから、使いでがありそうですね。私も一台研究用にMacが欲しい所です。


>>ordonさん

はじめまして、道玄斎です。
トラブル原因、有り難う御座いました。
CPUの熱暴走は、私も疑っていたのですが、スクリプトによって占有率が100%になることもあったんですね……。
言われてみれば、割と凝った演出がなされている作品の時に、マシンが落ちたような気が……。
CPU使用率をモニタリングしながらプレイして、原因追及をしてみようと思います。

有益な示唆、有り難う御座いました。
Commented by ゆつき at 2007-09-02 20:07 x
先日は日記へのレス、ありがとうございました☆
気になる誤字ってありますよね~
誤字でも勝手に脳内補完してしまったり、国語的には間違ってはいても作者は選んでその字なり言葉を使っているはずなので、その奥にある心意気を読み取れるように心がけています。
あと出てないものだと ○自信 ×自身 を時々見かけます。
意味があるのかな~と深読みしたのに誤字だと気付いた時にはちょっとショックです。
ももづめでは、スクリーンショットの加工は「Print Screen SysRq」ボタンで、フルサイズの画面を保存して、「SmaHey」といううやつで縮小&拡大してます。ネタ画像は「俺ペイント」で描いてます。
それよりも私が気になるのは、皆様スクリーンショットの使用許可は製作者にとってますか?ももづめでは公開前に打診の連絡を入れますが、結構しんどいです。
あと、HP始動、楽しみにしてます!例のプロジェクトももちろん楽しみです!
Commented by NaGISA at 2007-09-02 20:30 x
>>道玄斎さん
私はノベルゲームをやるためだけにWindows機を持っていますが、結構しんどいです(苦笑)。年末くらいに新iMacを買ってMacにWIndowsを入れ、1台で何でも済む生活にする予定です。

>>ゆつきさん
私は、スクリーンショットの使用許可はとっておりません。レビューを公開するに辺り、一通り著作権法を読みましたが、「レビュー文が主で、画像が従の場合、スクリーンショット画像は『引用』と認められ、自分で撮ったものであれば使用は問題ない」ようです。

ただ、一応「スクリーンショットを載せてくれるないう方は、ご連絡くださればすぐ削除します」とは明記していますけどね。その上で、過剰にネタバレにならない、序盤のシーンを中心に載せる事にしています。
Commented by s-kuzumi at 2007-09-02 20:50
道玄斎です。

皆様からご紹介頂いたソフト、早速試しています。
どうやら画像をキャプチャーするには「Clipdesk」が、リサイズするのには「SmaHey」が自分には一番使いやすいようでした。
Gimpでリサイズしたものと、重さを比べてみたのですが、あまりサイズ自体は変わらない(せいぜい3kくらい)ので、この二本のソフトでいこうかな、と思っております。
本当に有り難う御座いました。

>>NaGISAさん
最近のMacは、Windowsも動くらしいですね。
私もそのうちMacを購入しようかと思っていますので、その際には是非ご助言下さいw

>>ゆつきさん
スクリーンショットは、勝手にやっちゃっています。
NaGISAさんも仰っている通り、文章と画像の主従を考えると「引用」の範囲内だろうな、と。
なかなか古い作品だと作者さんに連絡が取れない場合もあると思いますが、本来なら許可を取った上でやるのが一番なんでしょうね。打診の連絡をなさっているのは、人ごとではないのですが、偉いなぁ、と思います。
Commented by s-kuzumi at 2007-09-02 20:52
追記!

ONscripterなるソフトを使えば、MacでもLinuxでもNScripterで作られたゲームがプレイ出来るみたいです。

http://ogapee.at.infoseek.co.jp/onscripter.html

Linux版は、今度試してみてレポートでも書いてみる予定です。
Commented by ゆつき at 2007-09-02 21:14 x
>>NaGISAさん
いつも無断にリンクさせて頂いてるNaGISAさんからレスなんてびっくりかつありがとうございます。
うちも文が主で画像は従タイプのレビューに鞍替えして、「引用」ということにこれからはさせて頂こうかと…。主に使用しているのは冒頭のシーンとか開始画面なので…。

>>道玄斎さん
実行、早っ!ですね。
これでうちの更新ペースもアップすると思います。
同人誌プロジェクト共々よろしくです☆


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>