久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 13日

フリーサウンドノベル関係の雑記 箸休めvol.7

今日の副題 「考える人」

道玄斎です、そろそろこんばんは、な時間ですね。

私はこれを書いたら、また作業に戻らないといけないのですが、こういう息抜きがないと日々の生活が送れないのでした。

テーブルを使いまくったサイトの方は「取り敢えずは見れる」ようにはなっています。
ただ、今まで50本くらい溜め込んだレビューを移す作業が、結構めんどくさくて実はまだ手を付けていません。
こういうのは、ちまちまと作業するのではなくて、時間のある時に一気にがーっとやっちゃう方が良いような気がしています。

そのうちサイトを公開出来るようになっても、このブログ自体は更新を続けていく予定です。
「最新のレビュー」はこっちで書いて、順次サイトの方に移していこうかなと思っています。そんで、最初の頃はちょくちょく更新していた、読書記録とかたまに書いてる「日々之雑記」とかの比重を少し増やそうかしら。


言い訳がましくて恐縮なのですが、今まで書いたものを移すのが送れている理由は、もう二点あったりします。一つには、本ブログで見ることが出来るレビューをリライトしようかと思ったりしているからです。リライトって言っても日本語がオカシイ所とかをちょこちょこ直したりとかそういうレベルですが。
あと、一応今現在「お勧め指数」なるものを付けているのですが、こいつをどうしようかと思案しています。あまり考え無しに「五段階評価」と、成績表みたいな評価の付け方にしてしまったのですが、この評価の付け方だと少しやりづらいな、と感じる事が多くなってきました。
かといって十段階評価にしても、あまり根本的な解決にはならないし、却って煩雑になってしまうのではないかと。

一番いいのは、やはり例の「推薦」「準推薦」「無印」と三つで区分けしてしまう事です。
三つくらいの枠で或程度ゆるやかに分けた方が、色々やりやすいのかなのかなぁ、と考えています。まだ一度も出していないのですが「お勧め指数」が「一」とかだったりすると、お互い気分悪いですしね……。
尤も、一応作品を選んだ上でレビューを書いているので、「一」なんてのは固より出る要素が無かったりするのですが、そうなると五段階評価にしている意味はどこにあるのか?なんて考えたりしているわけです。
三段階評価にして、「大吟醸」「吟醸」「純米」とかにしちゃおうかしら?w

ほら、例えばですけども、「お勧め指数」で「二」とか付けると、怒っちゃう人もいるわけですよ。
幸い、今まで50本くらいレビューを書いてきた中では、多くの作者様から暖かいコメントを賜りまして、そうしたトラブルが無いわけですが(何だかんだで、微妙に辛口なレビューだったりするのでこの点、本当に感謝しております)、今後こうした状態が続くとも限りませんしねぇ。

こっちとしては例えばお勧め指数で「二」を付けたからと言って、その作品が「駄作」だぞ、って宣伝したいわけでは決して無くて。寧ろ何か「心に響くもの」があったり「ひっかかり」を感じたからこそ、取り上げているわけで。
纏めると、五段階評価にしちゃうと、こちらのそういうスタンスが伝わりにくいのかなぁ、という事と点数という枠に縛られて書きたい事が書けなくなっちゃうのは厭だよねぇ、って事なんですが。

こりゃまたどーでもいい事なんですが、昔々の日本にも「レビュー」ってのがあって『無名草子』っていうんですが、結構面白いですぜ。現代語に直すと「やな感じ」なんて書いてあったりして、結構辛口です。こうしたレビューからでしか復元出来ない物語も存在しているわけで、自己肯定するわけじゃないんですが、レビューにもちゃんとした存在価値があるぞ、と。いや、全くの蛇足ですが。

本当はこれに絡めてもうちょっと書きたい事もあったのですが、上手く纏められそうにないので、今日はこの辺で。


いにしへの 名も無き文を 尋ねみて
            身の拙さを おもひ知る哉


道玄斎
[PR]

by s-kuzumi | 2007-09-13 16:57 | サウンドノベル


<< フリーサウンドノベル関係の雑記...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>