久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 28日

フリーサウンドノベルレビュー 『ぼたんゆき』

b0110969_085519.jpg

今日の副題 「いつか一緒に夜空を眺めよう」


※吟醸
ジャンル:恋愛感動系(?)
プレイ時間:一時間半程度
その他:後半部にいくつか選択肢があり、トゥルールートとバッドエンドに分岐する。


道玄斎です、こんばんは。
少し、忙しくなってきてまたしても更新頻度が落ちそうなのですが、今日も今日とて頑張ってレビューを書いてみます。
今日は「Presto」さん(正確にはPrestoさんのサークル内サークル「Anrakuis」さん)の『ぼたんゆき』です。

本当に久々にプレイしましたが、トゥルールートのラストで不覚にも少し、涙が……。
本作は、それ以降の作品に恐らく多大な影響を与えている、或る意味でパラダイムシフトを担っていたような作品だと個人的には思います。
良かった点

・ヒロインが魅力的。

・音楽と作品がマッチしている。

・独特の余韻を残したラストが感動をもたらしてくれる。


気になった点

・物語の「仕掛け」の部分が、かなり早い段階で分かってしまう。

・立ち絵と一枚絵に若干の雰囲気の違いが。

・ラストの雪乃の行為に、もう少し必然性を持たせて欲しかった。

ストーリーは、サイトへのリンクをはっておきます。こちらからどうぞ。

さて、フリーのノベル作品に、この『ぼたんゆき』が与えた影響は、かなり大きいのではないかと私は思っています。特に恋愛作品には。
今まで、私のレビューを御覧になられた方は、「『ぼたんゆき』テイスト」という文言を、何度か目にしているのではないでしょうか。
必ずしも、本作をお手本にした、とかそういう訳では勿論ないとは思うのですが、それでも私個人としては本作に近い設定の作品を「ぼたんゆき的」という見方をしてしまっている事は確かです。

本作のキモの一つである「双子の入れ替え」というものは、勿論昔からあるテーマの一つです。
タイプは違いますが、例えば『今とりかへばや』(※今私達が図書館などで読むことの出来る『とりかへばや』は、散逸した『とりかへばや』のリメイクです。この二つを区別する為に『今とりかへばや』と記述します)なんかも、男女の双子が入れ替わる話ですし、古来からある或る意味で、定型的な話のパターンです。
別にこれは双子でなくても、良く似た姉妹(兄妹)を入れ替える、なんて事は古典文学、特に鎌倉時代以降の物語作品に良く見られるものです。
私が知らないだけで、『ぼたんゆき』以前にこうしたパターンのノベル作品があるのかもしれませんしね。

兎も角、こうした昔からある話のパターンを、現代の恋愛に、そしてサウンドノベルの作品としてリリースする、という現象自体が、私にとっては非常に興味深いのであります。
「良くある話」というのは、実はそれだけ人気が高く、人々に親しまれてきたという事でもありますしね。

本作も2007年の今から見ると、ベタなオチではあるのですが、そこには古来より親しまれてきた話のパターンという土壌があるんですよね。そういう時代の重みなんかを私は感じてしまいますが、如何でしょうか?


さて、つまらない戯言はここまでにして、作品の中身を見ていきましょう。
まず、ヒロインの雪乃ですが、「こんな娘がいたらいいなぁ」と思うタイプの娘ですね。
少し頼りなさげで、清楚。一つの女性の理想型かもしれません。
個人的な意見で恐縮ですが、私はこの手のタイプの女性が大好きです。純情可憐一途。それでいながら芯はしっかりとしたものを持っている。ほんっと、こういう娘さんはいないもんでしょうかねぇ?w
主人公晃の友人達もなかなか魅力的です。晃を見守ってくれる優しさを持った友人なわけで、こういうストーリーには、やはり居て欲しいキャラクターだと感じました。ただ、曜一の方も男の友人としてもうちょっと見せ場があっても良かったかな?

ストーリー自体は、今まで語ってきたように今改めてプレイしてみるとベタな印象です。
仕掛けもすぐに分かってしまいますしね。ラストであっと驚くようなどんでん返しがあるわけでもない。或る意味予定調和的に話が進んでいきます。
こういうベタな作品だからこそ、良いところと気になる所がはっきりと分かるわけで、作品の基礎体力的なものが問われる事になるのではないでしょうか。
ですので、ベタなのが悪いっていう訳じゃないんですよね。問題はやはりその素材の料理の仕方です。

で、私の感想ですが、ラストの余韻と感動はなかなかのものだったと思います。
思わず、涙が出てしまいましたから。
ああいう、手紙を小道具としてつかうようなものに、どうやら私は弱いみたいですw
言葉でしか伝わらないものがあるのと同時に、手紙だからこそ伝わるものもあるんですよね。
ただ、敢えて難点を挙げると、雪乃と晃の交流がもう少し描かれていたら良かったかな、と。雪乃の自殺、という行動がやや唐突な感じがしたんです。
勿論、姉の自殺をなぞる形での雪乃の行動なわけですが、少し雪乃が自殺する必然性が弱い気がしましたね。

いや、必然性自体はあるんです。
ただ、それをもう少し描写として表に出した方が、より納得のいく行動だったと思うわけです。
晃と雪乃の二人の交流。これをもう少し描いていくことで、こうした行動に説得力が出てくるのではないかと。晃自身が、三年前の桜羽さんじゃなくて、今目の前に居る桜羽雪乃を好きになる為のエピソードがあったら良かったな、と思いました。

後半、少し辛口になってしまったのですが、私の中で「居なくなってしまった姉乃至妹の代わりを務める」系の話の元祖となっているのが本作『ぼたんゆき』です。
勿論、私自身の偏向があるわけですが一種の風格というか、オリジナルの凄みというか、そういうものを感じてしまいますね。

兎にも角にも、まだ未プレイの方がいらしたら是非プレイして貰いたい作品です。
押し付けるつもりは毛頭ないのですが、必読文献のようなそういう感じですねぇ。
トゥルールートのラストの余韻。あなたの涙腺は耐えられますか?w


※9/28 午前零時半頃、少し手直し。大事な言葉を忘れていました。
[PR]

by s-kuzumi | 2007-09-28 00:13 | サウンドノベル


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      なんてことない日々之雑記vol.8 >>