久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 07日

フリーサウンドノベル関係の雑記 箸休めvol.10

今日の副題 「個性と魅力」


道玄斎です、こんばんは。

休日な訳ですが、折角時間がとれたので溜まっていたお仕事を消化しています。
一年くらい前に作った一太郎ファイルを読み直したり、あれこれやっていると意外と面白いです。
俺って文章へたくそだよなぁ……、なんて思いながら。。

まだ詳細はお話し出来ないのですが、ノベルゲーム関係のお仕事もあって楽しく作業をしています。最近、恐いな、と思うのはマシンの調子ですかね……。2005年の正月くらいにマザーボードやCPU、HDDなんかを交換して作り替えたのですが、かなりハードにマシンを使うタイプなのでそろそろHDDが弱ってきているような気がしています。
それに今の時代にメモリが512Mってのも少なすぎですかね。


さて、昨日は久々にフリーのサウンドノベルのレビューを書きました。
そこでもちらっと触れたのですが、イラストの魅力なるものについて今回は書いてみようかと思います。

サウンドノベル、或いはノベルタイプゲーム、ビジュアルノベルなど様々な呼び名があると思うのですが、結局の所それらは「読んで」楽しむゲームです。
ただ、所謂小説と決定的に違っているのは、立ち絵だったり一枚絵だったりが付いている、或いはサウンド(BGMや主題歌)が付いている点。

サウンドという近代的な要因を除けば、実はこうした読書のあり方は日本に於いて伝統的なものだと思われます。
今から大体1000年くらい前、物語を読むお姫様は文章をお付きの女房に読ませつつ「絵=イラスト」を眺めて作品を鑑賞したりするケースがあったようです。

勿論、現代では、メイドさんやお側仕えの人に文章を読ませる人、なんてのは限られた人の特権であって、普通私たちは「自分で文書を読みつつ、同時に絵=イラストを鑑賞する」というスタイルでゲームをプレイします。
だけれども、文章とイラストが密接な関わりを持ちながら一つの作品を形成している、という観点からすれば、1000年前も今もそんなに変わらないような気もします。

証拠がないので分かりませんが、1000年くらい前に物語を書いていた人と、イラストを描いていた人は恐らく別人でしょう。イラストを外注するなんて行為があったんだと思われます。
或いは、作品を読む側の方が、「この作品に絵をつけてよ」とかイラストを独自に発注するケースもあったことでしょう(こっちの方が多いかしら?)。

当時のイラストの特徴は所謂「蟇目・鉤鼻」という奴です。
あの、細い目に、「くの字」の鼻。イラストの個性なんてものはあまりなくて、作品の中でどういった場面を切り出してイラストにするか、が主眼だったような気がします。

それから1000年ほどたって、イラストなるものは未曾有の進化を遂げます。
蟇目・鉤鼻なんかで書いたら全くヘンテコな絵になってしまうわけですw
写実的な絵を崩し、デフォルメを施して親しみやすいイラストを今の私たちは享受しています。

ただ、特に2000年過ぎくらいから、あまりに美少女イラストの技法が確立されてしまったが故に、個性が薄くなっているような気がしないでもないのです。
誤解を恐れずに言えば、美麗な絵と魅力ある絵は必ずしも一致しない気がしています。
自分自身が、サウンドノベル作品をプレイしていると、お世辞にも「洗練されている」とは思えないイラストに遭遇する事があります。だけれどもプレイし終わってみると、「この絵じゃなきゃ駄目だろう……」なんて思ったりする事も屡々です。

そういう作品の場合、作者様自らがイラストを描いているケースが多いのです。
作品を創った作者が描いたからこそ、そこには作者の考える人物像が(技術的な面という壁などがあるものの)限りなくイメージに近い形で表現出来ているのかもしれません。
つまり、作品とイラストのマッチングが秀逸、という事になりましょうか。

勿論、「作品は作者自らがイラストを付けなきゃいけない」なんて事を言いたいわけじゃなくて。
作品の個性を、或いはそれを表現出来る絵師さんの個性が出ているイラストがついていると、良いですね、と。
作品には各々独自の個性があると思います。そうした独自の個性を活かし、高めてくれるようなイラスト。そういう個性(=魅力)あるイラストが、何だか最近少なくなってるなぁ、と非常に素朴に感じてしまいます。

最近のゲームにはもう商業作品顔負け、なイラストが付いている事もあったりします。
確かに上手で洗練されていて、そんなイラストが付いていたらそれだけでプレイしたくなるのですが、何かもう一歩、そのイラストから個性が感じられたら、と思うわけです。
非常に暴論なんですが、それだったらもう商業作品を買えばいいじゃないか、とか考えてしまいます。同人だからこそ表現出来る個性的なアプローチがもっともっとフィーチャーされてもいいんじゃないかな、と。


非常に、説教がましく、亦、烏滸がましい事を書いてしまいました。
絵も描けないクセに何様だよ?と自分でも思いますw
一つ、はっきりさせておきたいのは、特定のサークルさんの作品や絵師さんを貶めたいとか、逆に特定の作品を持ち上げたいとかじゃなくて、作品にあったイラストというものがもっと考えられてもいいんじゃないか、という事だったりします。
勿論、私が先に述べたような「商業と見分けの付かない」ようなイラストも、作風にばっちり合う場合もあるでしょうし、特徴的なイラストでも逆に作風に合わないなんて事もありますしね。

相も変わらず、纏まりの無い文章で申し訳ないのですが、イラストを切り口に色々愚案してみました。
最近、有名所のゲーム紹介サイトさんの更新が滞っていたり、或いは、シェアばかりが載っていたりするので、新作のフリーのサウンドノベルが沢山プレイしたいなぁ、なんてぼやきつつ、今日はそろそろ作業に戻ります。
[PR]

by s-kuzumi | 2007-10-07 21:51 | サウンドノベル


<< フリーサウンドノベルレビュー番...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>