久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 23日

なんてことない日々之雑記vol.20

道玄斎です、こんばんは。

ついに、マシンをLANで繋ぐことが出来ました。
というのは、マニュアルを買ってきてしまったのです。2000円も出して……。

いや、もっと安いネットワーク絡みの本があったんです。それも沢山。
けれども、みんなみんなXPとVistaを繋ぐって奴だけ載っていて、2000についての記載が無い。まぁ2000とXPは殆ど変わらない訳ですが、それでも微妙に細部が異なるわけで、そういうちょっとした所で、出来る/出来ないという差が生まれてくるのです。

そういえば、iTunesが「アップデートしてくれ」って言うから、ファイルを落としてきて実行しようとしたら「XP以上のOSにして出直してきな」って言われてしまってしょんぼりしたのも記憶に新しい。

で、結局、何が原因でLANが出来なかったか、っていうと……。
単純に「ローカルのアドレスを打ち間違えていた」という。

そりゃ繋がらないわ……。まぁ、本を見ながらやったお陰でちゃんと繋がって良かったです。
10Gにも及ぶ「サウンドノベル」なるフォルダもちゃんとコピー出来ました。
そんなに回数は多くないのですが、OSを変える度にネットワーク関係の本を買っているような気がします。今回買った本では、MacOSとの接続についても記載されているので、まぁ今後役に立つ事もありましょうよ。

しかし、アドレスの打ち間違いだったとはびっくりです。
192.168.1.*ってなあれです。
こいつを192.169.1.*にしていたのです。単純なキーの打ち間違いって奴でしょうかね。

昨日、床に就いてから「もう最終手段としてSoftEtherとかでトンネリングしちゃおうかしら?」と一人で悶々と考えていたのが馬鹿みたいです。


そういえば、本を買う際にDTM関連の本も見てみようと思って、書店をうろうろ。
音楽関係の雑誌コーナーでは、元XのTaiji(知ってる?)が表紙の雑誌があってついぱらぱらとめくってしまいました。
その後、雑誌じゃなくて普通の音楽書の類のコーナーに行ってみると何故か「現代農業」なる雑誌が置いてあって、妙に気持ちが萎える。一渡りその棚を見渡すと、ギター関係ばっかり。
そりゃ、若い子はバンドやってギター弾きたいもんね。
けど、私が作りたいのは、ギターとかの生演奏を取り込んだりってんじゃなくて、デスクトップで完結出来るモノなのでした。完全にコンピュータミュージックにする予定です。

ただ、ピアノを数年間やっただけ(それはやっていないとも言う)の素人を、的確に導いてくれる書物は中々無い。
要件は、

・別に機材を購入しないで済むなら、是非そうしたい。

・けれども、キーボード(ちっちゃい1万円くらいのでいい)くらいは欲しい。

・出来たらデスクトップの中で完結出来るシステムにしたい。

・作曲ってどーやるの?必要なソフトは?(プロユースじゃなくてもいい) 必要な知識は?

こういう事を懇切丁寧に解説してくれる本はないんですよねぇ。
ネットで探しても、外れ情報ばかりで、いらいらしてきます。
詳しい方、是非ご教授くださいませ。

それはそうと、コンピュータミュージックにするわけですが、音の表現みたいな事を考えると、絶対にコンピュータで出す音は、生音には敵いません。
クラヴィノーバなるヤマハの電子ピアノを所持している私が言うんだから、間違いないでしょう。電子ピアノはキータッチも悪いしね。
おそらく、譜面を記入して、コンピュータに演奏させれば「完璧なタイミングで完璧に」弾いてくれることは間違いないのです。けれども、だからといってそれが「表現力のある音」かっていうとそれは又別問題。チェロとかやっていた友人が言うには、オケでもなんでもみんな同じタイミングで同じ音で弾き出すけれども、やっぱり数ヘルツのずれがある。だからこそ生の演奏は素晴らしい。と。
まぁ、単純に「音そのもの」も生の楽器で弾くのとじゃ全然違いますしね。

だけれども、私は敢えてコンピュータミュージックです。
それは、生音でしか表現出来ないものがあるのと同時に、コンピュータでなければ表現出来ない音というのも確かにあるわけで、現実には無い音を出せたり出来るのが最大の魅力ですな。
そういう所を突き詰めたいなぁ、と最近考えています。
それに、そもそも私自身が、日本の古典文学とかが非常に好きなので、コンピュータまでアナログにしちゃうと自分の中でバランスが取れないんですよ。
古典的なものとデジタルなものへの指向が私の二本柱で、そういうバランスを保ってやっていきたい、という気持ちがあります。

大言甚だしくて、恥ずかしい限りですが、まぁそんな感じでやろうかなぁ、と。
これはまだ全然未定で、やっぱり妄想甚だしいんですが、何か創作物を作る時にゃぁ、インタープリタに読み込ませるタイプのものはやめて、ちゃんとコンパイル済のバイナリファイルを提供したいな、とか考えたり……。
んー、考えれば考えるほど、難しく、又厳しい道でありますな。


まぁ、難しい事はまた今度考える事にして、今宵はちゃんとマシンが繋がった記念に、お酒でも呑みましょうかね。「梅乃宿」という酒造の「吟」なる酒なのですが酒の旨味が生きていておいしいです。日本酒ですから二日酔いにならない程度に……。
[PR]

by s-kuzumi | 2007-10-23 17:31 | 日々之雑記


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>