久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 30日

なんてことない日々之雑記vol.21

道玄斎です、こんばんは。

ずっと、この日々之雑記ばかり更新していたような気がしたので、ここ一週間ほど、ちょっと頑張って(多少無理をしつつ)ゲームをプレイして、連続でレビューを挙げてみました。

無理して、なんていいつつも、ゲームはやはり楽しいのです。
逆に言えば、楽しくなくちゃゲームをする意味がないわけです。ノベルタイプのゲームをプレイする事は自分の趣味でもあるわけですからね。趣味=遊びなわけで、遊びこそ真剣にやらなければならない、と私は考えます。

とはいへ、忙しいのも又事実。
暇を見つけつつ、頑張って更新を続けていくつもりです。

たまには、昔の調子で読書体験などを書いてみましょうか。

昨夜、寝しなに『太平廣記』なる中国の読み物風百科事典(?)を読んでいました。全500巻。
中華書局という、中国の出版社からリリースされたものを利用して読んでいます。現代中国語ではなく、古典中国語=漢文ですので、まぁ、それなりに読めたりします。字面だけを追っていっても読めるのは、漢字の良い所です。

で、「夢」という項目の所をちらちら読んでいたのですが、以下のような話があったのです。

ある日、役人が山でスッポンを十匹ほど発見。「旨そうだから、食っちまおう」ってんで、この十匹をゲットして帰宅する。
その日、役人が眠りに付くと、威儀を正した人々十人が夢の中に現れて「勘弁してください……」と泣きつく。目が覚めてもどうにも合点がいかない役人は、さっそく二匹スッポンを調理して食べてしまいました。
さらにその夜、またもや眠りに就くと夢の中で、今度は八人謎の人々が現れ「もう、許して頂戴」と。目が覚めてやっと合点の行く役人(早く気付けよって話ですがw)。残った八匹のスッポンを逃がしてあげました。そうしたらまた夢に八人衆が出てきて「ありがとう」とお礼を述べた。

まぁ、こんな話です。良くあるパターンですよね。
こんな話を読んだからかどうかは分からないのですが、今日の私の夢見は最悪でしたw
もう、思い出したくない事を夢の中でリピートして……。


それはともかく、今、例の「日本最古の百合描写が出てくる小説」を読んでいます。
まだ作品名は伏せておきますよ?大体、今から700年ちょい前くらいに出来たと思しき作品です。一応、原文で読んでいるのですが、かなり難しくて難儀です。
けど、抜群に面白い。勿論百合描写を無視しても、という意味ですよ。本当に面白くてたまらないので、専門の学術書も何冊か取り寄せてしまいました。出費が嵩みます……。
明日あたりには読み終える事が出来るかな?


まことや、今日は異常にアクセス数がのびています。
ここ数日、頑張って更新を続けた功徳でしょうかw アクセス数自体はあまり興味はないのですが、大きな変動があればやはり気になってしまいます。

それでは、今日はこの辺で。




秋の野に 人まつむしの 我身なら
         なきても待たむ きみがたよりを


道玄斎
[PR]

by s-kuzumi | 2007-10-30 23:33 | 日々之雑記 | Comments(0)


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー番... >>